日本人で初感染者が!5人目・6人目・7人目の新型コロナウィルス感染者(愛知県・奈良県・北海道)の空港やホテル、病院、観光地はどこなのか、現時点で判明の詳細や対処法などをご紹介します。6例目の方は日本での二次感染者になります。

日本人感染!新型コロナウイルス愛知県・奈良県・北海道の病院の場所はどこ?5人目・6人目・7人目

監修|りふれ整体院 整体師 清水
愛知県の5人目、奈良県の6人目、北海道の7人目について続けてご紹介します。

【愛知県】新型コロナウイルス日本5人目の感染者の病院やホテルなどの詳細と足取り

【愛知県】新型コロナウイルス日本5人目厚生労働省の発表まとめ

5人目・5例目は【再び愛知県】でした。新型コロナウィルス感染者の詳細ですが、厚生労働省の発表によりますと、

概要
(1)年代: 40代
(2)性別: 男性
(3)居住地: 中華人民共和国(湖北省武漢市)
(4)症状、経過:
1月20日に来日(症状なし)。
1月22日の午前から体調不良。
1月23日から37.2度の発熱。
1月24日平熱、倦怠感はあったが経過観察。
1月26日37.5度の発熱があったため、愛知県内の医療機関受診し肺炎の診断あり。入院せず、滞在先で待機。
1月28日36.6度。他に明らかな症状無し。現在入院中。
(5)行動歴: 本人からの報告によれば、武漢市の海鮮市場(華南海鮮城)には立ち寄っていない。
        中国において、肺炎患者との明確な接触は確認出来ていない。なお、移動時にはマスクを着用していたとのこと。

再び愛知県ですが、行動履歴より、4人目・4例目の方とは違うようです。
新型コロナウイルス愛知県のどこの病院やホテル?場所は蒲郡?岡崎市?

中国の発表によると、新型コロナウィルスの潜伏期間は1~14日(平均10日前後)と考えられ、潜伏期間中も感染すること、また感染力が強まっているとのこと。

【愛知県】新型コロナウイルス日本5人目の利用した空港と病院とホテルはどこ?

・感染者が20日(月)に入国した空港は、中部国際空港(セントレア)または名古屋空港?の可能性が高いと思われますが、大阪・東京などから愛知県へ移動した可能性もあります。
・感染者が空港から入国した20日(月)から28日(火)の入院まで、愛知県のどのホテルにいたのか不明
・どこを観光したかなどの都道府県等の詳細は非公表。
・1月26日(日)に受診し、27日(月)または28日(火)に入院した病院名は非公表です。

ただ、今まで日本で感染者が見つかった神奈川県横浜市・東京都・愛知県でも病院名もホテルも一切公表されておりません。空港や、病院やホテルへの風評被害や、パニックになることを防ぐためと考えられております。最近の発表では

現場での取材は、患者の方のプライバシー保護といった観点からも、お控えください。

とも書かれています。

最新情報が判明次第、追記・修正いたします。1/28、21時現在、テレビニュース・厚生労働省・衛生局HPなどしっかり調査しましたが、空港名・病院名・ホテル名の公表はされていないようでした。

【1/28、22時追記】

感染症指定医療機関は、県内に指定医療機関として常滑市民病院、第1種感染症指定医療機関として名古屋第2赤十字病院があるほか、豊橋市民病院など、医療圏ごとに10病院が指定されていることを報告。
引用:http://www.higashiaichi.co.jp/news/detail/5837

これらの情報を受け、ネット上では、常滑市民病院または名古屋第2赤十字病院のどちらかではないかというが出回っていますが、正式に公表された情報ではありません

今回ご紹介したホテル・病院に、該当日時にいた方で、高熱や風邪のような症状が現れた場合は、新型コロナウィルスの可能性もありますので、ご注意ください。もしかすると、自分や家族、知人も新型コロナウィルスに感染しているかも?とご心配の方も多いと思います。

ちなみに、飛行機の席が近かった場合など、濃厚接触の可能性がある場合、何かしらの連絡が来るようです。

【奈良県・日本人初感染】新型コロナウイルス日本6人目の感染者の病院やホテルなどの詳細と足取り

【奈良県・日本人初感染】新型コロナウイルス日本6人目厚生労働省の発表まとめ

6人目・6例目は【奈良県】で、日本人としては初感染となる方が確認されました。新型コロナウィルス感染者の詳細ですが、厚生労働省の発表によりますと、

本日(1月28日)16時頃に、国立感染症研究所より、今般の新型コロナウイルスに関連した感染症の症例の報告がありました。【武漢市の滞在歴はなし

概要
(1)年代: 60代
(2)性別: 男性
(3)居住地: 奈良県
(4)症状、経過:
1月14日 悪寒、咳、関節痛あり。
1月17日に奈良県内の医療機関を受診し、各種検査異常なく経過観察。保健所に連絡。
1月22日関節痛あり、咳症状増悪。
1月25日に再度受診し、医療機関から保健所に相談し、胸部レントゲン検査により両側下肺野に所見を認めたため、調整の上、奈良県内の医療機関に入院。
1月26日に検体を送付。
(5)行動歴:
1月8-11日に武漢からのツアー客を、運転手としてバスに乗せた。
1月12-16日に別の武漢からのツアー客を、運転手としてバスに乗せた。

→【1/29追記】1回目は大阪から東京へ武漢市からのツアー客31人を乗せたとのことです。2回目は東京から大阪へ武漢市からのツアー客29人を乗せたとのことです。

14日に発症していることから、8-11日、12-14日の間に感染してしまったと思われます。
26日に検体を送り、28日16時頃に検査結果が出て、感染が確認されたとのこと。

中国武漢市からのツアー客はマスクをしていたと思われますが、マスクをしていたと発表された運転手のように濃厚接触してしまうとどうも新型コロナウイルスを防ぎきるのは難しいようです。

ちなみに、中国の発表によると、新型コロナウィルスの潜伏期間は1~14日(平均10日前後)と考えられ、潜伏期間中も感染すること、また感染力が強まっているとのこと。

【奈良県】新型コロナウイルス日本6人目の利用した空港と病院とホテルはどこ?

・感染者は、日本在住の方のため、飛行機内での感染・濃厚接触の可能性はありません。
・複数のツアー客を迎えたり、送迎した空港名などは【一切非公表】
→【1/29追記】1回目は大阪から東京へ武漢市からのツアー客を乗せたとのことです。2回目は東京から大阪へ武漢市からのツアー客を乗せたとのことです。

・感染者の奈良県の自宅の場所などは一切非公表
・バスツアーでどこを観光したかなどの都道府県等の詳細は非公表。
・1月17日(金)と1月25日(水)に受診し、1月25日(水)から入院した病院名は非公表です。
→【1/28】SNSによると、奈良県桜井市の「のぞみ診療所」という情報がありますが定かではありません。

また、入院中の病院は、「奈良県立医科大学付属病院」との情報もありますが、あくまで「らしい」とのことであり確かではありません。ほかに受け入れ態勢の整っている病院としては「奈良県総合医療センター、奈良医療センター、市立奈良病院」があがっていますがこちらも定かではありません。


ただ、今まで日本で感染者が見つかった神奈川県横浜市・東京都・愛知県でも病院名もホテルも一切公表されておりません。空港や、病院やホテルへの風評被害や、パニックになることを防ぐためと考えられております。最近の発表では

現場での取材は、患者の方のプライバシー保護といった観点からも、お控えください。

とも書かれています。

最新情報が判明次第、追記・修正いたします。1/28、21時現在、テレビニュース・厚生労働省・衛生局HPなどしっかり調査しましたが、空港名・病院名・ホテル名の公表はされていないようでした。

今回ご紹介したホテル・病院に、該当日時にいた方で、高熱や風邪のような症状が現れた場合は、新型コロナウィルスの可能性もありますので、ご注意ください。もしかすると、自分や家族、知人も新型コロナウィルスに感染しているかも?とご心配の方も多いと思います。

ちなみに、飛行機の席が近かった場合など、濃厚接触の可能性がある場合、何かしらの連絡が来るようです。

【北海道】新型コロナウイルス日本7人目の感染者の病院やホテルなどの詳細と足取り

【北海道】新型コロナウイルス日本7人目厚生労働省の発表まとめ

7人目・7例目は【北海道】でした。新型コロナウィルス感染者の詳細ですが、厚生労働省の発表によりますと、

概要
(1)年代: 40代
(2)性別: 女性
(3)居住地: 中華人民共和国(湖北省武漢市)
(4)症状、経過:
1月21日に来日し、22日より北海道を観光。
1月26日 体調不良のため外出せず。夜間に咳、発熱あり。
1月27日 道内の医療機関を受診、入院。
     胸部レントゲン検査にて肺炎像。
1月28日 熱は残っているが、容態は安定している。
(5)行動歴:
1月21日、2名で来日し東京都内の知人宅に宿泊。
1月22日、3名で東京から北海道に移動して観光。
1月26日は体調不良のため外出せず。
なお、日本に来てからはマスク着用。
武漢市の華南海鮮城(海鮮市場)の訪問は無い。

疑いがあり、新型コロナウイルスではなかった北海道の方とは違う方のようです。
新型コロナウィルス日本4人目?病院の場所北海道のどこ?

中国の発表によると、新型コロナウィルスの潜伏期間は1~14日(平均10日前後)と考えられ、潜伏期間中も感染すること、また感染力が強まっているとのこと。

【北海道】新型コロナウイルス日本7人目の利用した空港と病院とホテルはどこ?

・感染者が21日(火)に入国した空港は、21日に東京都内の知人宅に宿泊していることから羽田空港または成田空港のどこかの可能性が高いと思われますが、他の空港から乗り継ぎや移動の可能性もあります。
・感染者が21日(火)に宿泊した東京都内の知人宅の場所は非公開
・感染者が22日(水)から宿泊した北海道内のホテルなどの場所は非公開
・感染者が22日(水)から観光した観光地などの都道府県等の場所は非公開
・1月27日(月)に受診し、そのまま入院した病院名は非公表です。

ただ、今まで日本で感染者が見つかった神奈川県横浜市・東京都・愛知県・奈良県でも病院名も空港名もホテルも自宅も観光地も一切公表されておりません。風評被害や、パニックになることを防ぐためと考えられております。最近の発表では

現場での取材は、患者の方のプライバシー保護といった観点からも、お控えください。

とも書かれています。

受け入れ態勢が整っているしっかりした病院(特定感染症指定医療機関・第一種感染症指定医療機関)は限られているため、あくまで噂ですが「市立札幌病院」ではないかといわれています。

最新情報が判明次第、追記・修正いたします。テレビニュース・厚生労働省・衛生局HPなどしっかり調査しましたが、空港名・病院名・ホテル名の公表はされていないようでした。

今回ご紹介したホテル・病院・空港などに、該当日時にいた方で、高熱や風邪のような症状が現れた場合は、新型コロナウィルスの可能性もありますので、ご注意ください。もしかすると、自分や家族、知人も新型コロナウィルスに感染しているかも?とご心配の方も多いと思います。

ちなみに、飛行機の席が近かった場合など、濃厚接触の可能性がある場合、何かしらの連絡が来るようです。

新型コロナウィルスの主な症状

新型コロナウィルスの主な症状は、普通の風邪症状が主で、発熱、呼吸困難・肺炎を引き起こすことが多いよう。初期症状として肺炎になるとは限らないようです。現状、まだしっかりと症状が分かっていないのが現状です。そのため、発熱、肺炎であっても、新型コロナウィルスではない方もいます。現在、潜伏期間は14日ほどあるかもしれないとのことです。

感染力は、初めは弱めでしたが、感染力が強まりつつある可能性があると述べている専門家もいるとのこと。

発熱や、せき(肺炎)などの呼吸器系症状が出た方はどうすればよい?

先ほどご紹介した、接触の可能性が高い方、可能性のある方で、発熱や、せき(肺炎)などの呼吸器系症状が出た方は、外出を極力控え、マスクを着用し、家庭内感染を防ぐためにも別室で療養し、接触の可能性があったことを保健所や病院に伝えて指示を聞いてください。自己判断で病院へ受診すると他の方へ感染を広げてしまう恐れがあります。

新型コロナウィルス感染が疑われる方のご家族や介抱者の対処法・予防法は?

新型コロナウィルス感染が疑われる方はマスクをして安静にし、感染者のご家族や介抱をする方はマスク、手洗い、アルコール消毒などを徹底してください。

感染が疑われる方が鼻水などをふいたティッシュや、着用していたマスクは、直接手に触れないようにビニール袋など入れ、口をしっかりしばって処分してください。直接触れてしまうと、感染確率が高まる可能性があります。感染者の方は、マスク着用をお願いします。

ご家族・介抱者の予防法としては、マスクの着用と、石けんを使ってしっかりと手洗いするか、アルコール消毒を行うことです。

2020年1月24日から中国のお正月にあたる、春節休暇が始まり、中国の方が多く日本にやってきています。人ごみの多い場所へ行く際や、中国から来た方と接触する場合は、マスク着用など気を付けてください。

新型コロナウィルスで亡くなった方はどんな方?気を付けるべき人は?

現在、新型コロナウィルスで亡くなった方は、高齢者が多く、糖尿病・腎臓病といった持病を持っている方が多いと発表されています。

特に注意が必要なのは、

★赤ちゃん(生後1年以内は母親の免疫があるとはいえ、感染したことがない新型コロナウィルスに対しては免疫がありません)
★高齢者の方
★免疫力が弱い方
★持病を持っている方

です。

不必要な外出を控え、手洗い、マスク(のどを潤し、感染を予防する効果もあります)、できる限り十分な栄養と睡眠を心がけてくださいね。

新型コロナウィルス男性の病院の場所、神奈川県横浜市のどこ
新型コロナウィルス日本2人目の病院の場所東京都内のどこ?
新型コロナウィルス東京の3人目感染者詳細や病院の場所どこ?
新型コロナウィルス日本4人目?病院の場所北海道のどこ?→陰性(違った)と発覚。


2019年冬~2020年春までインフルエンザも心配ですね。
2020年インフルエンザ流行はA型B型?何県で流行?2019年情報も


監修:整体院・整体師の清水似顔絵監修|りふれ整体院 整体師 清水
人体の仕組みや健康系の多くの知識と経験を積み、10年以上前に開業。施術の傍ら行っている子育ての経験も生かし、執筆・監修を行っています。