この自動計算ツールは、
赤ちゃんの生まれた日(生年月日)から1年の間にある様々な行事・儀式・イベントを時系列のカレンダー形式で自動計算し出力します。それぞれの行事の解説付きです!

★赤ちゃんの生まれた日はいつですか?(生年月日)
必須


赤ちゃん行事カレンダー自動計算ツールでイベントの日にちがわかる!

赤ちゃんの誕生日(生年月日)を入力すると、以下の行事・儀式・イベントの日にちがわかります
・お七夜・命名式
・出生届の提出期限
・赤ちゃんの1か月検診・お宮参り
・お食い初め
・女の子の初節句(ひな祭り・桃の節句)
・男の子の初節句(こどもの日・端午の節句)
・初誕生日

印刷して見えるところに貼っておけば、大事な行事・儀式・イベントを見逃さなくてすみます。1年間の行事・イベントのある日に色が塗ってあるカレンダーも出力されますので、ご活用下さい!
★お誕生日~生後1日目
・お宮参りや七五三などの伝統的な行事では誕生日が1日目です。
(昔は0という考えがなく、1から数えていたため)

・出生届の提出開始→生後14日目頃まで
期限までに名前を決めて、市区町村の役所に届けましょう。親でなくても代理人でもOKです。お七夜・命名式の後でも構いません。
理由なく遅れると3万円以下の罰金が請求されるので注意!


★お七夜・命名式~生後7日後頃
生後1週間後に、無事7日間迎えられたことをお祝いするのが「お七夜」です。

同時に、赤ちゃんに名前を授ける「命名式」をします。

ちょうど、お母さんが病院から退院するころなので、体調に合わせて盛大にしすぎずお祝いしましょう。


★出生届の提出期限~生後14日目頃まで
赤ちゃんが生まれたら、1~14日の間に市区町村の役所に「出生届」を出さなくてはいけません。
(14日を超えると、正当な理由がない限り、簡易裁判所から3万円以下の罰金が請求されます)

提出者は代理人でも可能です。

名前が決まったら、忘れないうちに提出しましょう。

★1ヶ月検診・お宮参り~生後1ヶ月後頃
産院を退院する時に、1ヶ月健診の予約をしましょう。

1ヶ月健診は、赤ちゃんとお母さんの体調が良好か、母乳の出が良いかなどを確認します。

お宮参りは、地元の神様にこれからの健康や無事に成長できることを祈願することです。

1か月健診を済ませてからお宮参りに行きましょう。

★お食い初め~生後100日後頃
「お食い初め」とは、生後100日ごろに行いますが、前後しても大丈夫です。

これからの健康と、一生食べ物に困らないようにとの願いを込める行事です。


★女の子の初節句(ひな祭り・桃の節句)~3月3日
お雛様を飾り、女の子の成長をお祝いするお祭りです。
女の子の桃の節句雛祭り~飾りや料理食事お菓子などお祝いの仕方

★男の子の初節句(こどもの日・端午の節句)~5月5日
兜や五月人形、鯉のぼりなどを飾り、ちまきや柏餅を食べたり、しょうぶ湯を行ったりして男の子の成長をお祝いするお祭りです。
男の子の端午の節句~兜や飾り、ちまき・食事などお祝いの仕方

★初誕生日~生後1年後
初めての誕生日は「初誕生日」としてお祝いをします。

地域により、「一升餅」「選び取り」などのお祝いの仕方があります。
赤ちゃんが生まれてからの1歳頃までの行事まとめ!お宮参りやお食い初めなど!