両親の身長から赤ちゃん・子供の身長が将来どの位の高さになるかを自動計算・予想・予測するツールです。
身長を予測する計算式の解説と、子供の身長の決まり方や身長を伸ばす方法があります。
父親(お父さん)と母親(お母さん)の身長を入力してください。
子供の成長イラスト
★父親と母親の【身長】を入力してください
男の子と女の子両方の予想身長を自動計算し出力します。
父親のイラスト
父親の身長必須
cm
母親のイラスト
母親の身長必須
cm

赤ちゃん・子供の身長が予想・予測できる計算式

監修|りふれ整体院 整体師 清水

・身長を予想・予測できる計算式(あくまで目安となります)
男の子= (父親の身長+母親の身長+13)÷2+2
女の子= (父親の身長+母親の身長-13)÷2+2
この数値は2019年現在の身長の予測計算式となります。

身長が最大になった(止まった)男の子・女の子と、両親の身長との関係から導き出された目安となる式です。
今後、子供の食生活・運動・睡眠といった生活習慣がガラリとかわることで変わってくる可能性があります。

赤ちゃん・子供の身長の決まり方


身長は【遺伝】と【生活習慣】により決まります。

人間は設計図である【遺伝】の要素をもとに、体が成長していきますが、
生まれてから成長期における食生活・運動・睡眠といった【生活習慣】により
5%程度高くなったり低くなったりします。
まれに祖父母以前の遺伝)等の要因により10%程度変わる場合もあります。

子供の身長を伸ばすのに必要なことは?


身長を伸ばす(骨端線を伸ばす)要因としては
・成長ホルモン(充分な睡眠) ・栄養素(カルシウム・マグネシウム・ビタミンD・タンパク質など) ・適度な運動
が必要です。
・質の良い、充分な睡眠
・1日3回、バランスの良い食事
・骨に適度な刺激を与える運動
・正しい姿勢
などを気を付けることで、身長を最大限(+10%程度)伸ばすことができる可能性が高まります。

子供の身長はいつまで・何歳まで伸びる?何歳が一番伸びる?


男の子は18歳位まで、女の子は16歳位までで身長の伸びの元である骨端線が止まることが多いですが、
個人差があり、20歳を過ぎても伸びる方もいます。
骨自体は伸び続けることはありませんが、姿勢を正したり、O脚を直すことで伸びることもあります。

思春期の頃が一番伸びるのですが、思春期自体も個人差があります。
思春期は、12歳頃~18歳頃までとされています。
ただ、最新の研究結果では8歳頃~24歳頃までという研究結果もあります。
そのため、身長を伸ばしたいのであれば、8歳頃から気を付けるとよいでしょう。
監修:整体院・整体師の清水似顔絵監修|りふれ整体院 整体師 清水 人体の仕組みや健康系の多くの知識と経験を積み、10年以上前に開業。施術の傍ら行っている子育ての経験も生かし、執筆・監修を行う。