我が子が仲間外れにされていないか、仲間外れにしていないか1度は心配したことありませんか?
昔と違って子供のことは子供同士で解決するやり方は主流ではありません。程よく大人が介入するパターンが増えてきています。
仲間外れにされやすい子の特徴や、仲間外れにする子供の心理や気持ちをもとに、
子供の仲間外れにどうかかわっていけば良いかの対処法・対処方法をお伝えします。

いじめられやすい子供の性格とは

仲間外れにされやすい子供の特徴とは?

仲間外れという行為は子供の世界でも大人の世界でも存在しています。
幼いころはかわいらしい仲間外れでも、年を重ねるとエスカレートし、いじめに発展することも…。
実際、仲間外れにされやすい子供の主な特徴についてみていきたいと思います。

いわゆる自己中で、相手を思いやる気持ちが薄い

自分のことが優先で、まわりの友達の変化に気づいていないパターンです。
日本では幼いころから協調性を育てる教育を行ってきているので、
自己中心的な子供は目立ち仲間外れにされやすい傾向があります。

自分の意見を伝えることが苦手

現代の協調性重視の教育の弊害のように思われます。

周りの友達と合わせることが大切と思うあまり、あいまいな返事を繰り返していると相手も判断に困ってしまいます。
知人のお子様もこのタイプで、曖昧な返事をし続けた結果、興味がないと判断されて仲間外れになったそうです。

自分の意見をきちんと伝えられない場合、仲間外れにされやすい傾向があります。

仲間外れにする子供の心理・気持ちは?

幼稚園・保育園でいじめられやすい子供の特徴・性格とは?幼稚園の対応や対策・対処法は?

自己の存在を認められたい

自分が認められたいという思いが強いあまり、仲間外れに繋がるパターンです。

子供の頃、好きな子にちょっかいばかり出す子供に遭遇したことありませんでしたか?
それと似た行為です。

ストレスの捌け口になっている

とあるご家庭では、親からの期待を一身に受けたことがストレスになり、仲間外れにするという行動を起こしたという話もあります。
ストレスの矛先は弱者へ向けられますので、注意が必要です。

仲間外れにされないための対処法は?

親としては自分の子供が仲間外れにされない方がベストですよね。
親としてできる対処法について考えてみます。

親にいつでも相談できる関係を作っておく

子供にとって、いつでも相談相手になってくれる存在があれば、仲間外れを未然に防げます。

最悪、仲間外れにされた時、身近な家族に相談できるとベストですよね。

注意したいのは
「なんでも相談してね」と言っておきながら、相談したら説教してしまうことです。
これでは子供は殻に閉じこもってしまい、相談してくれなくなってしまいます。

常に良好で、なんでも話せる親子関係を保っていると、ちょっとした子供の変化にも気付きやすく、早期発見につながります。

常に自分の意見を言える練習を!

家庭内で常に自分の意見が言えるよう訓練することは大切です。

親は子供がYES/NOで答えられる質問ではなく、
自分の思いを回答できるような質問をする必要があります。

×今日はカレーでいい?
×今日プールへ行こうと思うけどいいかな?

〇何を食べたい?
〇今日はどこへ行きたい?

最初は内弁慶でも大丈夫です。

家庭内で発言ができるようになれば、徐々に外でも実践できるようになればいいですね。

親は誰でも、子供が仲間外れで悲しい思いなんてして欲しくないと願っています。
予防しておくことも大切ですし、もしそのような状況に遭ってしまったら
早期に対応できるようにしておきたいですね。


関連記事:
小学生小学校4年5年6年いじめられる子供の性格特徴は?親の対応や解決策は?
中学生・中学校での悪質な子供のいじめ。どう対策・対処法すれば?
子供のいじめが心配。いじめられないようにする対策は?
子供がいじめられた・いじめられる前に親が出来る事・対処法
子供がいじめ・仲間はずれ…どうしたら?アドバイスや対策・対処法
幼稚園保育園でいじめられる子供の性格は?親はどこまで対応?幼稚園の対応方法は?
小学生小学校低学年いじめられる子供の性格特徴は?親の対応や先生の対応策は?
子供のいじめの原因は何?原因別の対策法まとめ