子供がADHD(注意欠陥・注意欠如多動性障害)かもしれない時、相談窓口や何科の病院を受診したらよいかや薬・療育法などの治療方法をご紹介します。

子供がADHD(注意欠如多動性障害)かも?特徴は何?診断チェックする方法は

監修|りふれ整体院 整体師 清水

子供がADHDかどうか心配な時の相談窓口

実は、子供のADHDの診断や治療をしてくれる病院の数は少なく、1人にかける時間も長いため、受診予約できるのが1ヵ月後だったりすることも多いのが現状です。

そこで、まずは【学校】や【相談窓口】を利用してみることをおすすめします。
これらの相談窓口は、たいてい無料で、待ち時間もそれほど長くないことが多いです。

まずは幼稚園・保育園・学校(担任の先生など)に相談することがおすすめな理由

まずは可能であれば
・幼稚園・保育園・学校の相談窓口(担任の先生や教頭先生・校長先生・担任の先生・保健の先生、スクールカウンセラー)
に相談するのがおすすめです。

担任の先生に相談すると、子供の学校での様子を聞くことができます
またADHDではないかと心配していることを伝えておくと、注意してみてくれるため、何か気になる行動があれば連絡してくれます。

担任の先生に話しづらいのであれば、保健の先生、スクールカウンセラー、教頭先生・校長先生などや、次にご紹介する相談窓口に相談してみるのもよいでしょう。

学校以外の相談窓口

学校以外の相談窓口では、子供の症状を聞いて、専門の病院による診断や治療が必要かどうかを判断してくれたり、知能検査や発達検査が無料で出来る場合もあります。
その他、子供の障害についての様々な相談も可能ですので、親や家族だけで抱えこまず気軽に利用しましょう。

地域の相談窓口は、地域によって名前が違いますが、例えば、

・保健相談所 ・児童相談所 ・保健センター 
・児童相談センター ・子育て支援センター
・児童発達支援事業所 ・発達障害者支援センター

などがあります。
これらに、スペースを付けた後に、都道府県名や市区町村をつけて調べることで、お近くの相談窓口を調べることができます。

例えば、
「 保健センター 東京都北区 」「 児童相談所 大阪府 」
のように調べます。

こちらにリンク一覧をご用意しましたので、必要に応じてスペースと都道府県名や市区町村をつけて絞り込んでください。

★Google「保健相談所」検索結果
★Google「児童相談所」検索結果
★Google「児童相談センター」検索結果
★Google「子育て支援センター」検索結果
★Google「保健センター」検索結果
★Google「児童発達支援事業所」検索結果
★Google「発達障害者支援センター」検索結果

ADHD(注意欠陥・注意欠如多動性障害)の診断や治療は何科の病院?

ADHD病院
ADHD(注意欠陥・注意欠如多動性障害)専門の診療科ですが、

大学病院や総合病院などでは、
★精神科
★心療内科
★神経科
が専門の診療科で、
専門医であれば、病院名が
★【メンタルクリニック】
★【発達クリニック】

などになります。

ここで注意が必要なのが、病院により小学生以上対象や、中学生以上対象、大人のみ対象など、専門分野があることです。

私も電話して相談したことがありますが、幼稚園児は専門ではないといわれたことがあります。

その際は「どこか近くにおすすめの病院はないですか?」と、聞いてみるのもよいでしょう。よい先生であれば、教えてくれますよ!

★Google「精神科」検索結果
★Google「心療内科」検索結果
★Google「神経科」検索結果


★Google「メンタルクリニック」検索結果
★Google「発達クリニック」検索結果

★近くに専門の医療機関がない場合は?
お近くにない場合は、上にてご紹介している「保健センターや発達障害者支援センター、幼稚園・保育園・学校の相談窓口」などに相談してみましょう。

ADHDの子供に対する治療方法は?療育法や治療薬

ADHDと診断されたの子供に対する治療方法ですが、まずは療育法を試し、必要に応じて治療薬を使用することが一般的です。
ただし、治療薬を使用するのは一般的に6歳以上の子供となります。

心理・社会的アプローチの療育法

療育法は、社会的な自立をめざしてスキルを習得したり、環境を整えるアプローチのことで、大きく3つあります。

・環境調整
教育現場や家庭における環境を整えることを指しており、苦手を克服する様々は工夫を学びます。

・ソーシャルスキルトレーニング(SST)
子供が社会で適切な行動が出来るよう、遊びなどを取り入れながら行うトレーニングになります。

・ペアレントトレーニング(親のトレーニング)
子供との関わり方や子育ての工夫の仕方などを学ぶ、親のためのトレーニングになります。

ADHDの子供へのアプローチはもちろんですが、親も子供への関わり方を学び、実践することで子供のADHDの症状が緩和することがわかっています。

医療的アプローチの薬物療法

ADHDの治療薬は、一般的に6歳以上にて適応となります。
ふつうはあまり使用しませんが、小学生以上でしたら少量より投与する場合もあります。

治療薬により、服用している間はADHDの特性が緩和される効果が見込めるケースもあります。
薬の効き方は個人によって違いがあり、副作用も同様です。医師と相談しながら使用しましょう。

ADHD 治療薬

ストラテラ(アトモキセチン塩酸塩):
脳の神経伝達物質である「ノルアドレナリン」が、伝達される前に、吸収されてしまうのを防ぐ、「ノルアドレナリン再取り込み阻害薬」です。
不注意、多動性、衝動性を軽減。副作用は吐き気や食欲不振、眠気など。

コンサータ(メチルフェニデート塩酸塩):
脳内の神経伝達物質であるドーパミンやノルアドレナリンを調節する薬です。
不注意・多動性・衝動性を軽減。副作用は食欲不振や睡眠障害。原則1日1回服用

インチュニブ(グアンファシン塩酸塩):
神経細胞のアドレナリン受容体を刺激して、脳内物質の伝達をスムーズにする薬です。
不注意、多動性、衝動性を軽減。副作用は眠気、血圧低下、頭痛

必ず、専門医による診断の上、必要に応じて処方してもらいましょう。

関連記事:★落ち着きがない子供~ADHD(多動性障害)を疑う程度はどれ位?年齢別
忘れ物が多い子供の原因と対策は?ADHD・発達障害の可能性?
自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群ADHDダウン症の違い

監修:整体院・整体師の清水似顔絵監修|りふれ整体院 整体師 清水
人体の仕組みや健康系の多くの知識と経験を積み、10年以上前に開業。施術の傍ら行っている子育ての経験も生かし、執筆・監修を行う。