妊娠中は体が変化し余計に疲れやすくなります。

そこで「温泉に行きたいな」と思った時、
妊娠中、妊婦さんは温泉に入って大丈夫なのでしょうか?

妊娠初期、中期、後期や臨月は大丈夫なのでしょうか?
高齢父親・母親高齢出産で自閉症や発達障害児が生まれる確率が高い?

妊娠中に妊婦さんは温泉に入って大丈夫?

妊婦さんは温泉にはいいのか?ということですが、
ずばり、入って大丈夫です。

環境省は2014年まで妊婦は入れないとされていましたが、
最近では、温泉の効能による影響はないとが認められました。

でも妊娠の時期によっては注意をしなければいけません。

時期別に注意点を見ていきましょう。

妊娠初期は温泉に入って大丈夫?

妊娠初期は温泉に入って大丈夫?△~×
妊娠初期は念のために入泉を控えた方が良いでしょう。

妊娠初期はまだ妊娠自体が安定していません。

温泉に入ることはできますが、長距離の移動や、長時間の入浴は体に負担をかけます。

体調が悪化したり気分が悪くなったりしやすいので、十分な注意が必要です。

特に血圧が急変動しやすいので、高血圧、低血圧の方は注意しましょう。

妊娠中期に温泉に入って大丈夫?

妊娠中期に温泉に入って大丈夫?△~○
体調が安定していれば、入泉は可能です。

妊娠中期といえば、安定期といわれる時期です。

妊娠そのものも安定してきており、妊婦さん自身の体調にも安定した状態が訪れている時期です。

妊娠中期には長距離移動なども無理のない程度はできるようになります。

体調が変わりやすいことには違いないため、それでも長時間の入浴はお勧めできません。

妊娠後期・臨月のころに温泉は大丈夫?

妊娠後期・臨月のころに温泉は大丈夫?
転倒やのぼせに注意すれば、温泉に入っても大丈夫です。

妊娠後期、臨月のころは、お腹が張り出して足元が見えなくなります。

通常の温泉入浴であれば特に心配はありませんが、入浴施設では滑りやすいところ、段差がある所などがあります。

温泉の環境や、妊婦さんの状態も、転倒しやすい状態ですので、気をつけましょう。

【注意点】
●足元に注意を払う
●破水や出産のリスクがあるので、一人で入浴しないこと
●遠距離の温泉には出かけないようにする

妊娠中に妊婦さんは温泉に入って大丈夫?

妊娠中に温泉に入るときの注意点は?

妊娠中でも温泉を楽しんで入るために、いつもと違うからこそ注意することはあります。

では何に注意をするとよいでしょう。

のぼせないように注意しましょう。

温泉の効能の一つに体の保温効果がありますが、妊婦さんは通常より血圧に影響を受けやすく、のぼせやすい状態です。

なので、体が気持ち良い状態で温まった、という感覚で出た方が良いでしょう。
それ以上になるとのぼせてしまう可能性があります。

また水分補給を心がけましょう。
 

転倒に注意しましょう。

お風呂という場所自体が滑りやすいうえに、妊婦さんはお腹が張ってくると床が見えなくなります。

段差に気づかないこともあるので危険です。

また体調が悪かったり、血圧の変動で意識がなくなったりという可能性があるので要注意です。

時期によっては破水をする危険もあります。

また転倒することで流産や出産が早くなる可能性もあるので特に注意が必要です。

肌トラブルに注意しましょう。

温泉成分が肌に刺激を与えることがあります。

妊娠中は肌が敏感になっていることが多いので、かゆみや赤い炎症などがあれば、すぐに中止しましょう。

温泉水を水道水のシャワーで流し、保湿をするとよいでしょう。

それでも症状が亡くならないなら、医師に相談しましょう。
妊娠中に温泉に入るときの注意点は?

妊娠中妊婦は温泉に入って大丈夫?妊娠初期中期後期や臨月は?まとめ

妊娠初期△~×
まだ妊娠自体が不安定のため、入らない方が無難です。
妊娠中期△~○
安定期に入っていれば○。つわりや安静するように医師に言われている場合はやめましょう。
妊娠後期、臨月
足元に気を付けて、のぼせないようにしましょう。

温泉成分が妊娠に影響があるか不安がある場合、問い合わせてみるか、「禁忌」に妊娠が書かれているか確認しましょう。

妊娠していても温泉を楽しむことは心の疲れもとってくれます。

体調に気を付けて、「良い」温泉の入り方をして体を癒して安産に備えてくださいね。