こどもの日の兜飾り五月人形はいつからいつまで出す飾りをしまう時期いつ頃がよいのか、何歳まで飾るのかご紹介します。
飾りを出す時期(何月何日)、しまう時期と、飾る年齢、やめる年齢について詳しく解説します。
端午の節句~こどもの日~の祝い方は?

こどもの日の兜飾りいつからいつまで出す?しまう時期はいつ頃?

毎年5月5日はこどもの日

こどもの日は男の子の節句なので、男の子がいる家庭では兜やこいのぼりなど、端午の節句の飾りを飾ると思います。

しかし、気が付けば兜を出し忘れていた!しまい忘れていた!
ということがよくありますよね。

こどもの日の兜は早めに出しても良いのか、それともこどもの日の前日や当日なのか?わからないから、出し忘れるという自体が起きるのだと思います。

では、兜や五月人形、こいのぼりなどこどもの日の飾りは正確にはいつ出すのかというと…

こどもの日の飾りいつから?出す時期

こどもの日は季節の行事なので、季節の変わり目が目安になります。

つまり、こどもの日の飾りは
春分の日(毎年3月20~21日)からを過ぎてから、いつ出してもOK!

最近では4月中旬から出す家庭が多いようです。

本来、端午の節句は、5月5日か、前日に親戚など親しい人が集まって、子供の成長をお祝いします。

そのため、遅くとも5月4日までには出しましょう!

こどもの日の飾りいつまで?しまう時期

3月の桃の節句、お雛様はしまい忘れると嫁に行き遅れる
という言い伝えがあります。

しかし、5月の端午の節句の飾りは言い伝えがありません。

そのため、5月5日のお祝いが済んだら、いつでもしまっても大丈夫です。

遅くとも、5月中旬までにはしまいましょう。

しかし、雨の日など、お天気が良くない日にしまうと、飾りにカビなどが付いてしまう原因になってしまうので、
お天気が良い日にしまいましょう。

こどもの日の飾り 何歳まで飾る?

端午の節句~お菓子
こどもの日は子供の健やかな成長をお祝い、祈るお祭りです。

端午の節句のお祝いの始まりは生まれてからの初節句から始まります。

しかし、大きく成長してもお祝いするべきなのか?何歳まで兜やこいのぼり、五月人形を出して飾るのでしょうか?

何歳まで端午の節句のお祝いをするべきなのかというと、諸説ありますが、

●7歳まで
●15~17歳まで
●何歳という決まりはない
●子供が興味を示さなくなったら
●18~20歳

昔の風習では、7歳位までは生存率が低く、7歳まで無事に生きたことをお祝いする七五三があります。

そのため、同じタイミングで端午の節句も終わっても良いのでは、という説があります。

また、昔は15~17歳は元服(成人式)の年齢で、大人と認められる年齢なので子供の成長をお祝いする行事である端午の節句も終わる、という説。

現代では、何歳に終わっても良いようですが、
一般的に多いのは、子供が興味を示さなくなった、恥ずかしくなった時
が多いようです。

また、現代の成人は20歳(18歳)からなので、成人になったら端午の節句のお祝いをやめる家庭もあるようです。

女の子の桃の節句のお雛様は、お嫁に行くまで飾る家庭が多いのですが、男の子の端午の節句は
現代では何歳に終わっても良い
という事です。

こどもの日の兜飾り五月人形いつからいつまで出す?しまう時期はいつ頃? まとめ

武者幟(むしゃのぼり

●兜、五月人形、こいのぼりを飾りを出す時期
いつでも良い
4月中旬が多い

●兜、五月人形、こいのぼりを飾りをしまう時期
5月5日以降の天気が良い日

●端午の節句をする年齢、やめる年齢
0歳(初節句)~何歳まででも可
(遅くとも18~20歳まで)



子供が小さい頃は、家族、親せきとちまきやお祝いのごはんを食べれるので、子供は毎年こどもの日を楽しみにしていると思います。

大きくなったら、友達との遊び、部活、勉強で忙しくなって、こどもの日のお祝いをする機会はなくなってしまうでしょう。

形式にこだわらず、楽しい端午の節句を迎え、素敵な思い出になるといいですね!


男の子の端午の節句~兜や飾り、ちまき・食事などお祝いの仕方

こどもの日イラスト【無料フリーサイト集】かわいいおしゃれな白黒画像も