視力が低下している子供はかなり増えて深刻な問題になっています。子供の視力低下の原因は何なのか?家庭でもできる視力低下を防ぐ訓練・トレーニング法をご紹介します。
子供の視力低下の原因は?視力低下を防ぐ訓練・トレーニング法

視力が1.0未満の子供は、小学生で約30%、中学生で約50%と言われています。
この時期は、成長期で身長が伸びる時期です。この時に同じく、眼球も発育して大きくなります。一度大きくなった目は元の大きさには戻りません。
発育時期に視力が低下すると、視力低下のまま眼球も大きくなり、悪くなった視力は戻らないという訳です。

視力低下の原因を早めに知って、もし視力低下の兆しが見られましたら、ご紹介している訓練・トレーニングにて早めに対策を打ちましょう!

子供の視力低下の主な原因は何?

ゲーム機、スマホ、タブレットなどの見過ぎ

近くの物を見続けるのは、目に大きな負担がかかります。

遠くを見る時は目の筋肉がリラックスしている状態です。

一方、近い物を見る時は、目の筋肉を縮ませて、緊張した状態になります。

このような状態が長く続くことで、視力が徐々に低下していきます。

暗い所で勉強する、本を読む

暗い場所で勉強などをすると、光を取り込もうと、瞳孔が開きます。

この状態が長く続くと、目に負担をかけます。

また、暗いと、見えづらくなり、近くで見ようとします。

結果、目に負担をかけて視力低下を招くことになります。

姿勢が悪い

ゲームやテレビに夢中になると、同じ姿勢で画面を見ています。

画面に集中して、特にスマホや携帯ゲーム機などは、下を向いてうつむいた姿勢になります。

このような姿勢で物を見続ける事は、目の緊張につながり、視力が悪くなっていきます。

かむ力が低下しているため

目の筋肉の近くに、噛む時に使う筋肉があります。

硬い物を噛むなど、噛む力があると、目の近くの筋肉も発達します。

逆に、柔らかい物ばかり食べていると、当然噛む力は低下し、目の近くの筋肉は発達せず、視力低下につながります。

家庭でできる視力低下を防ぐ訓練法・トレーニング法

家庭でできる視力低下を防ぐ訓練法・トレーニング法

まずは基本を守りましょう!

・目を休める時は遠くの物を見ます。室内の場合は、3メートルほど離れた絵や文字などをしばらく見て、リラックスしましょう。

・ゲームやテレビは見過ぎに注意です。30~40分見たら5分ほど目を休めましょう。

・勉強や読書は明るい所で。1時間行ったら、10分ほど休憩を取り、目を休めましょう。

指先を追うトレーニング

眼球を支える外眼筋を鍛えることで、視力の回復が期待できます。

・まず、指の先を両目でしっかりと見ます。
そして、目の前に指先を立て、指を近づけたり離したり、縦や横に8の字を描いたりします。
これをゆっくりと両目でしっかりと追います。

1日数回行いましょう。

眼球を動かすトレーニング

これも、眼球を支える外眼筋を鍛えることができます。

・まず、目を10秒ほどつぶります。
目を開き10秒ほど上を見つめます。この要領で、上下左右を見つめることを繰り返します。
こちらも、1日数回行いましょう。

視力回復のアプリを使う

Play StoreやApp Store
目の焦点を変えることにより、平面の画像が3D(立体的)に見えるアプリや、
上下左右などに動く点を追いかけることで、焦点を合わせたり、目の筋肉を緩めたり

1日約5分続けることで、視力の回復が見込めるようです。

マジカル3Dや3Dアイという、視力回復の本がありますが、そのスマホ版になります。

視力回復の教材を使う

自宅で行うことができる、視力回復トレーニングの方法や教材があります。

1万円台から10万円台まで様々です。

スポーツ選手が取り入れている方法や、右脳を使って視力を回復させる方法など、様々な教材があります。

見るチカラ”のトレーニングメガネ Visionup(ビジョナップ)




Visionup(ビジョナップ)は、レンズの点滅で見難い状態をつくることで脳を活性化し、眼筋を強化します。

結果的に、集中力や動体視力などの“見るチカラ”を向上し、パファーマンスをアップするトレーニング機器です。

1日10分程眼鏡をかけて基礎トレーニングをするだけで視力アップを図ります。

小学生から使用できます。

世界初の動体視力トレーニングメガネ「Visionup」

視力回復をはかる目に良いサプリメント

ご紹介した視力回復トレーニングと合わせて【目の栄養になるサプリメント】を服用することで、視力回復トレーニングの効果をアップさせます。

ファンケル えんきん




日本製で安心のサプリメント、ファンケル「えんきん」

●ルテイン
●アスタキサンチン
●シアニジン-3-グルゴシド
●DHA
が含まれています。

これらの栄養は目のピント調整力を高めてくれます。

【ファンケル】手元のピント調整力をサポート!機能性表示食品「えんきん」

アサイーベリー(アサイベリー)




目にやさしい栄養が豊富に入っているアサイーベリーのサプリメント。

アサイーはスーパーフードとして美容にもよいと報道されてから有名になりました。

・アントシアニンはブルーベリーの約5倍
・食物繊維はごぼうの約3倍
・カルシウムは牛乳の約2倍
・ビタミンCはレモンの約3倍
・リンはバナナの約4倍
・鉄分はレバーの約5倍
・ポリフェノールは赤ワインの約30倍

が含有されています。

細かい字が読みづらい、視界のピントが合わない時にこのサプリメントがオススメです。

目の機能を維持するのに必要な栄養を補ってくれます。

アントシアニンがブルーベリーの5倍! 心美寿有夢のアサイーベリー