幼児向けのクリスマス会やパーティーゲーム遊び10選をご紹介します!クリスマスは幼稚園保育園の子供と遊びましょう!
子供の自己肯定感を高めるには?高める方法

クリスマス会パーティーゲーム遊び幼児向け10選!幼稚園保育園の子供と!

プレゼント交換ゲーム

クリスマスプレゼント
クリスマスと言えばプレゼント。

みんなでプレゼントを持ち寄って交換すると楽しいですよね。

その時に、ちょっとしたゲームをしましょう。

輪になって、歌をうたいながらプレゼントを回していきます。

歌い終わった時に持っているプレゼントをもらうことができます。

単純だけど、分かりやすくて誰でも楽しめます。
予算1000円位!子供のクリスマス会プレゼント交換おすすめの10選

予算500円位!子供のクリスマス会プレゼント交換におすすめ10選

プレゼント探しゲーム


宝探しの感覚で行います。

みんなでプレゼントを持ち寄り、部屋に隠して探しましょう。

大人が隠して準備すると、子供たちのドキドキが増しそうですね。

プレゼントが大きい場合は、プレゼントに番号を振り、紙に書いて隠すと良いでしょう。

年齢に応じて、隠し場所を難しくしていきましょう。
 

私は誰ですか?ゲーム

私は誰ですか?ゲーム
1人が前に立って行うクイズゲームです。

問題の例「サンタクロース」を答えとすると、

「私は寒い国に住んでいます」

「私はひげがはえています」

「私は赤い服を着ています」
などと、ちょっとずつヒントを出して、答えを見つけていきます。

子どもたちには手を挙げて答えてもらうと良いでしょう。

色んな種類の問題を作ると、盛り上がりそうですね。

じゃんけん列車

じゃんけん列車
大人数の場合、特に盛り上がること間違いなしです。

ルールは簡単。

じゃんけんをして負けたら、勝った人の肩に手を置き、後ろにつきましょう。

それを続けることで長い列(列車)ができていきます。

最後は長い列ができ、見た目も楽しめますね。

一番前の人にはご褒美をあげると、2回目以降が盛り上がりそうです。

じゃんけん新聞紙ゲーム

じゃんけん新聞紙ゲーム

参加者1人ずつに新聞紙を1枚ずつ配り、その上に乗ります。

じゃんけんの親を決めて、その人とじゃんけんをしていきます。

負けたら新聞紙を半分に折り、その上に乗ります。

勝ったらそのままです。

負け続けると面積が狭くなり、立つこともやっとになります。

新聞紙の上から落ちてしまったら負けです。

バランスを保ちながら立っている様子が、みんなの笑いを誘うことでしょう。

紙コップピラミッド作り


紙コップをたくさん準備しましょう。

基本は、飲み物を注ぐ口を下にして、

下から5個、4個、3個、2個、1個と順に積み上げていきます。

タイムトライアルにすると盛り上がりそうです。

みんなで協力して、どこまで積み上げることができるかチャレンジするのも良いですね。

プラスチックカップのカラーを使うと、ツリーにもなりますよ!

ペア探しゲーム


クリスマスの絵柄シール(サンタクロース、トナカイ、ツリー、ケーキなど)を2枚ずつ準備しましょう。

そのシールを、誰がどれを貼ったかわからないように、1枚ずつおでこなどに貼り、言葉を使わずに、ジェスチュアなどで伝えて、自分と同じシールを予想しながらペア(相手)を探します。

早くみつかったら、賞品がもらえたりすると盛り上がります。音楽をかけるのもよいですよ~!

いずれも判定は大人がしましょう。

小さい子供の場合は親と一緒に行うと楽しめますよ。

サンタクロース福笑い

サンタクロース福笑い
福笑いはお正月だけではなく、ハロウィンやクリスマスでも楽しめます。

準備する物は画用紙とクレヨン、はさみでOKです。

まずは、サンタクロースの顔の輪郭を描いてもらいます。丸で大丈夫です。

まゆげ・目・鼻・おひげといった、顔のパーツや、赤いサンタ帽子は別に描いて、切り抜きましょう。

目隠しをして、ほかの人にパーツを渡してもらい、順番に置いていきます。

全部置き終わったら、目隠しをとって、お披露目です!

もちろん親子で制作しても良いです。

できた福笑いを交換しながら行うと、長い時間楽しめそうですね。

フラフープ送りゲーム


小さい子供は身体を動かすことが大好きです。

子供たちは、縦か横一列に並び、手をつなぎます。

手をつないだ状態で、先頭の人から順番にフラフープをくぐっていきます。

スムーズに行かない方が返って子供たちも喜ぶことでしょう。

人数が多い場合は、数チームに分かれて速さを競うのも楽しそうですね。
 

ダンス

ダンス
3歳未満の子供になると、ゲームはルールを理解するのが難しかったりします。

そこで、単純にみんなでダンスをしましょう。

クリスマスとは関係ないダンスでも、親子で踊ると子供も自然と笑顔になります。

流行りのダンスを親が踊っても構いません。

親の真似をして踊る子供たちはとってもかわいいでしょうね!