妊婦が妊娠中にインフルエンザにかかると赤ちゃんに障害が出るのかご紹介します。

妊婦が妊娠中にインフルエンザにかかると赤ちゃんに障害が出る?

自閉症の原因とは?母親?

直接の影響はありません!

インフルエンザは様々な症状を引き起こしますが、インフルエンザウイルスが
胎児に影響を及ぼすことは、まずありません。

ただ、非常にまれに、ウイルスが胎盤を通って胎児に影響することがあるそうですが、インフルエンザウイルスが赤ちゃんの障害を引き起こすことは、ほぼ無いと言ってもよいでしょう。

インフルエンザの症状に注意!

しかし、インフルエンザの症状の中には、注意しなければいけないものがあります。

・高熱…高熱が続くと羊水の温度が上がり、胎児の体温が上がってしまいます。
このことが胎児の先天性奇形のリスクを高めることもあるようです。


・咳…激しい咳の場合、腹部に力が入り、子宮が張ってきます。このことが、切迫流産や切迫早産のリスクを高めるようです。

重症化、合併症には特に注意を!

妊婦は免疫力が低下しているために、インフルエンザが重症化したり、合併症を起こしたりすることがあります。

・肺炎
・気管支炎
・インフルエンザ脳症

肺炎や気管支炎にかかり、喘息のような咳になると、酸素をうまく取り込めず、胎盤に送られる酸素が減る可能性があるので、気をつけたいところです。

インフルエンザにかかると、妊娠時期によって赤ちゃんに障害が出る?

インフルエンザにかかると、妊娠時期によって赤ちゃんに障害が出る?

各時期の違いはありません!

上記に述べたように、妊婦がインフルエンザにかかっても、胎児への影響は、ほぼありません。

また、妊娠初期、中期、後期、各時期での影響の違いもありません。

インフルエンザウイルスにより、赤ちゃんに障害が出る可能性は、
限りなくゼロと言えます。

妊婦がインフルエンザにかかると自閉症児が生まれる?

以前は、妊婦のインフルエンザ感染が、子供の自閉症の原因と言われることがありました。

しかし、現代ではその可能性は無い、という研究結果が平成28年にアメリカで発表されています。

心配することは無いようです。

インフルエンザワクチン予防接種、早めの治療が大切です!

赤ちゃんの障害は、インフルエンザの症状が原因

インフルエンザワクチンによる予防接種で障害が出ることはありませんが、
インフルエンザにかかると、高熱や咳などの症状で障害が出てしまう事は気をつけなければいけません。

そのためには医師に相談した上で、予防接種を受けましょう。

もしも、インフルエンザにかかっても、早めに受診してタミフルなどを服薬し、重症化しないようにして、赤ちゃんに障害が出ないようにしましょう。

妊婦は妊娠中いつインフルエンザ予防接種できる?時期は初期中期後期?
インフルエンザ予防接種の免疫期間は?注射いつ打つと一番効果的?
妊娠中に風邪薬や漢方薬・サプリはOK?赤ちゃん・胎児への影響は?
妊婦は注意!子供に障害!風疹の性別と年齢別予防接種回数一覧表とワクチン予防接種の料金費用