12月末に中国に寄港した豪華客船「オーシャンドリーム号」の航行予定と現在地、日本のどこにいつ到着するのかや、日本人は何人乗っていて新型コロナウイルス感染者数は何人なのかお伝えします。

オーシャンドリーム号の現在地はどこでいつ到着する?航行予定を公開

オーシャンドリーム号は日本の横浜・神戸を出発し、中国に立ち寄り、オーストラリアやニュージーランドをぐるっとまわり、2月15日・16日に日本に帰ってくる予定です。

2019年12月21日午後、日本の横浜を出航・出発し、
2019年12月22日、日本の神戸で残りの乗客が乗り込みました。
2019年12月26日朝、中国の厦門入港(厦門は、台湾のすぐ近く)
2019年12月26日夜、中国の厦門出港
2019年12月29日午後、フィリピンのセブ島入港
2019年12月30日夜、フィリピンのセブ島出港
バリ島・パース[フリーマントル](オーストラリア)・アデレード](オーストラリア)を巡り、
2020年1月15日、オーストラリアのメルボルン
オーストラリアのタスマニア島・シドニーや、ニュージーランドのクライストチャーチ・オークランド、
ニューカレドニアやガダルカナル島を巡り、
2020年2月7日、パプアニューギニアのラバウル(夜に出航予定)
2020年2月15日、横浜に帰港し、一部乗客を降ろし
2020年2月16日、神戸に帰港
2月19日大阪を出発、2月20日に広島へ行く予定です。★2020年2月19日の現在地はココです。

オーシャンドリーム号の現在地はどこでいつ到着する?航行予定
引用:https://buzz-plus.com/article/2020/02/11/cruise-ship-arrives-in-japan-news/

2月14日時点での現在地はパプアニューギニア・ラバウルから横浜へ向かっている途中と思われます。
→2月15日朝5時36分頃、横浜に到着したようです。
→2月16日大幅に遅れた12時39分頃、神戸に到着したようです。

そして、15日に横浜に到着したようです。2月15日現在、横浜港に新型コロナウイルス感染者が多数確認された「ダイヤモンド・プリンセス号」が停泊中で検査をしたり対応に追われており、オーシャンドリーム号も、もしかすると入港許可が下りない可能性もありましたが、許可が下りたようです。

もし横浜にて体調の悪い方の検査が行われたり、新型コロナウイルス感染の疑いがある方がいる場合などには「ダイヤモンド・プリンセス号」のように2週間程度船内待機となり、神戸への帰港が大幅に遅れる可能性もありましたが、無事神戸にも到着できたようです。

オーシャンドリーム号などの船の現在位置の調べ方

船の現在位置や、航行情報は「MarineTraffic」というサイトで調べることが可能です。

検索窓に、船の名前を「英語名」で入力します。オーシャンドリーム号であれば「Ocean Dream」と入力します。結果一覧から船の名前を押すとこのような結果が出てきます。

オーシャンドリーム号の現在地と航行予定(運航予定)更新日は20年2月2日
下のReceivedのところにあるように、2月14日20時現在は最終更新日が2020年2月2日であり、予定が変更になった可能性もあります。

オーシャンドリーム号の現在地と航行予定(運航予定)更新日は20年2月15日神戸に到着したようです。

このサイトによる運行予定では、20年2月14日13時に横浜港へ向かう予定となっていましたが、15日の朝5時36分頃に到着したようです。15日13:08に横浜港を出港し、16日10:30に帰港(寄港)予定でしたが、神戸に12時39分に到着したようです。

オーシャンドリーム号の乗客定員や大きさ、日本人の人数と新型コロナウイルス感染者数

ピースボート(PEACEBOAT)のオーシャンドリーム号
引用:http://www.pbcruise.jp/cruiseList/ship/index.html

オーシャンドリーム号の乗客定員や大きさ

オーシャンドリーム号は、1981年に作られ、多くの多目的ホール・プールやジム、ジャグジー、バーや居酒屋、ラウンジなどを備えた大型船です。

最大乗客定員は【1422人】で、
大きさは【205M×26.5M】となっています。

オーシャンドリーム号の日本人の人数

オーシャンドリーム号のクルーズ船ツアーは、「PEACE BOAT(ピースボート)」と呼ばれており、世界を船で旅して、世界遺産を訪れたり、船内施設で楽しんだり、船からの眺めでゆったりリラックスできるツアーとなっています。

乗客は、10代の中学生から、70代を超えるお客様も多くいます。乗客のうち約7割がお一人での参加とのこと。乗組員(クルー)は多国籍で、いろいろな国の方がいて、国際交流と楽しめます。

乗客定員【1422人】のうちの気になる日本人の人数ですが、【1388人が乗船、日本人は半数以上の723人】とのこと。日本の横浜・神戸から出航ですので、多くの方が日本人のようです

オーシャンドリーム号の新型コロナウイルス感染者数

中国での新型コロナウイルスの感染拡大期の状況詳細はこちら

2019年12月8日に、中国の湖北省武漢市で原因不明の肺炎発生。
2020月1月3日に原因不明の肺炎患者が44人(うち11人重傷)と発表されるが、発表した8人が処罰された
2020月1月5日、肺炎の患者は59人に。
2020月1月9日、中国の専門家により、患者から新型コロナウイルスを検出。
2020月1月11日、新型コロナ初の死者が出る。なぜか患者数の発表が41人となる(中国による隠ぺい?)
2020月1月18日、3人目の死者、肺炎患者急増
2020月1月20日、患者210人を超える。

オーシャンドリーム号が、中国の厦門を立ち寄ったのは【2019年12月26日】。

ネット上に非公式で「原因不明のウイルスが発見された」と公開されているあたりの時期です。

2020月1月3日に発症が確認されているため、2019年12月26日時点では潜伏期間中の方がいた可能性があります。

2020年現在、人々の往来が激しくなっていますし、湖北省武漢市は中国のほぼ真ん中あたりに位置するため、厦門までウイルスが広がっていた可能性もあります。

しかし、新型コロナの潜伏期間は14日以内(世界保健機関WHOのアメリカの疾病予防管理センターCDCが発表)とされていることを考えると、2019年12月26日・27日あたりに中国に滞在したわけですから、
2月13日現在、もう既に新型コロナウイルスの潜伏期間を過ぎています。

今のところコロナウイルス感染者がいるという正式な発表はされておりません

ピースボート運営会社である「株式会社ジャパングレイス」により以下のように発表されています。

現在ピースボートクルーズには、世界保健機関(WHO)およびアメリカ疾病予防管理センター(CDC)の定めた新型コロナウィルスの潜伏期間である14日間以内(2020年2月3日時点)に中国大陸から出発、もしくは中国大陸を経由した後に乗船している顧客および職員は乗船していません。

・発熱や呼吸器官の疾病、及び新型コロナウイルスの感染の疑いがある全ての方については、隔離された船室での経過観察にご協力いただきます。
引用:http://www.pbcruise.jp/cruiseList/infomation/pdf/20200205_2.pdf

医師も乗船しており、体調の悪い方がいた場合、隔離対策、感染拡大防止の措置はされているようですが、新型コロナウイルスの検査はできないはずですので、もしかしたらコロナ感染者もいる可能性は否定できません

おそらく横浜寄港時に、新型コロナウイルスの検査が行われるのではないかと思われます。

2月13日時点で確定・発表されているオーシャンドリーム号の新型コロナウイルス感染者数は【0人】となります。

オーシャンドリーム号現在地はどこでいつ到着&コロナ感染者数や日本人は何人?まとめ

★2020年2月15日時点での状況です。

オーシャンドリーム号の現在地はどこ?→2/7の夜にパプアニューギニア・ラバウルを出港し横浜へ向かっている途中と思われます。

オーシャンドリーム号はいつ到着?→2020年2月15日朝5時36分頃に横浜に到着したようで、2月16日12時39分に無事神戸に到着したようです。

オーシャンドリーム号に日本人は何人乗っている?→非公開ですが、乗客定員【1422人】で、【1388人が乗船、日本人は半数以上の723人】とのことです。

オーシャンドリーム号の新型コロナウイルス感染者数は何人?→確定・発表されているのは【0人】


関連記事:オーシャンドリーム号が横浜神戸に寄港できる理由!大きさや船籍、評判についても
手作りマスク無料型紙と作り方(大人用)!立体プリーツマスク
マスク売り切れ!東京/大阪/京都/札幌/名古屋/福岡/広島の在庫状況