ミシン・アイロン・型紙なしで折りたたむだけの簡単手作りハンカチマスクの作り方画像付き動画でご紹介。子供でも簡単に約1分で作れます!ハンカチマスクの花粉症やインフルエンザ・新型コロナ予防効果についても!

ハンカチマスクの作り方動画はこちら! 

では、画像付き・文章にてご紹介していきます。

ハンカチマスクの作り方

簡単ハンカチマスクの作り方!材料

◆ハンカチマスクの材料◆
●ハンカチ(50㎝×50㎝ぐらい)
●ゴム(ヘアゴム、マスク用ゴム、輪ゴム)

ハンカチマスクの作り方ハンカチとゴム

今回は、マスク用ゴムが売り切れで販売されていない状況のため、輪ゴムを使用しました。
(輪ゴムのかわりにヘアゴム・手芸ゴムを使うとあまり耳が痛くなく、見た目もよくなります)

輪ゴムの場合、用意する数は子供用2本、大人用4本です。(子供用でも片耳輪ゴム1本では耳が痛い場合は大人と同じ片耳2本にしてください。)

ハンカチマスクの作り方ゴム
輪ゴム2本を結んで、長さを延長します。大人では輪ゴム1本では耳が痛くなってくるので、長さを延長することで耳への負担を減らすことができます。

ハンカチマスクの作り方【1】細長くする

ハンカチマスクの作り方【1】細長くする
ハンカチの真ん中で二つ折りします。

ハンカチマスクの作り方【1】折る
さらに、真ん中で二つ折りにします。

ハンカチマスクの作り方【1】細長くする2
細長い形の長方形ができました。

ハンカチマスクの作り方【2】ゴムをセットする

ハンカチマスクの作り方【2】ゴムをセットする
横に3等分にした所に、ゴムをセットします。

ハンカチマスクの作り方【2】ゴムをセットする2
真ん中の面の大きさがマスクの大きさになります。

ハンカチマスクの作り方【2】ゴムをセットする3
大きさを調整しながら、ゴムを通してください。

ハンカチマスクの作り方【2】ゴムをセットする4
手が小さい子供ではちょっと難しいかも。

ハンカチマスクの作り方【3】折って完成

ハンカチマスクの作り方【3】折って完成
ゴムをセットしたところを内側に折ります。

ハンカチマスクの作り方【3】折って完成3
反対側も折りたたみます。

ハンカチマスクの作り方【3】折って完成5
耳を通すゴムを手前にします。

ハンカチマスクの作り方【3】折って完成4

ハンカチマスクの作り方【3】折って完成6
ハンカチがひらひらする側が内側になります。

ハンカチマスクの作り方【3】折って完成7
形を整えたら完成です!

縫っていないので、布がヒラヒラするため、押さえながら顔に装着してください。顔の大きさに合わせて布の大きさを調節してください。

ハンカチマスク
大人が付けるとこんな感じです。ちょうど良い大きさになりました。ハンカチ以外にも、タオルをハンカチサイズに切った物や、はぎれでもできますよ!


さらにわかりやすい「ハンカチマスクの作り方」動画を公開中!


100円ショップで売っている不織布で作る簡単マスク、家庭にあるキッチンペーパーで作るマスクなど、ミシンなし&アイロンなし&型紙なしで作れることができる簡単マスクも作り方を紹介しています。
不織布マスクの作り方!簡単型紙なし!大人用・子供用手作り立体プリーツ

3分簡単キッチンペーパーマスクの作り方!立体プリーツ大人用子供2020年3月8日

子供用手作りマスク無料型紙と作り方!簡単に立体マスクが作れる!

手作りマスク無料型紙と作り方(大人用)!コロナ花粉症インフルエンザ対策に

監修|りふれ整体院 整体師 清水

簡単手作りハンカチマスクの花粉症やインフルエンザ・新型コロナ予防効果

簡単にできる手作りハンカチマスクの予防効果ですが、ハンカチマスクには、

★のどを加湿して潤す効果(自分の息で再加湿されます)があり花粉症・感染症予防に一定の効果あり。
★花粉を「ある程度」ガード(布の網目や、顔とのすき間から入るため完全ではありません)
★インフルエンザウイルスや新型コロナウイルスは飛沫感染のため、近距離でのせきやくしゃみ、会話などによる大き目の粒子をブロックしてくれるため、マスクをしないよりは断然効果的です。

残念ながら、ハンカチマスクやガーゼ・不織布の安いマスクなどでは、安い空気中を漂うウイルスなどの小さな粒子は通してしまいます。
(N95やN99などの高額のしっかりしたマスクであれば、もっとウイルスをしっかりガードしてくれますが、医療現場や感染者と接触する場合、多くの人と近距離で接触する場所などに行くのでなければ必要ありません。)

つまり、ハンカチマスクは花粉症・インフルエンザ・新型コロナに対して一定の効果があります

監修:整体院・整体師の清水似顔絵監修|りふれ整体院 整体師 清水
人体の仕組みや健康系の多くの知識と経験を積み、10年以上前に開業。施術の傍ら行っている子育ての経験も生かし、執筆・監修を行う。