中学校を不登校・登校拒否…子供がひきこもりに…

中学校不登校と登校拒否、ひきこもり原因別、親の対応・対処法と社会復帰する方法をご紹介します。
小学校中学校を不登校・登校拒否…原因別親の対応対処法!復帰する方法

中学生は、不登校・登校拒否が多い!

小中高のうち、中学校が最も不登校・登校拒否の生徒が多く、約30人に1人の割合になっています。

これは、1クラスに1人は不登校・登校拒否の生徒がいることになります。

 ・どのような原因で不登校になっているか?
 ・親はどのような対応したらよいか?

中学生になると原因が根深く、繊細なことが多いので、親はどのような対応、対処をしたらよいか迷いますよね。

子供が不登校・登校拒否。親のおすすめの対応は?

子供が学校に行きたがらない(不登校・登校拒否)場合、原因がわからないことがほとんどかと思います。

そんな時の親のおすすめの対応は、気軽に話してもらえる関係を作ることです。

★辛かったら無理して学校に行かなくてもよいこと
★悩んでいることがあったら、相談してほしいこと

を伝えていきましょう。

自分もいじめや人間関係、勉強などでいろいろ悩んだことがあったことを伝え、
何か力になれることがあるかもしれないと話してみるとよいでしょう。

お父さん・お母さんも悩んでいたんだ・・・
なら相談してみようかな。となってくれると思います。


では、不登校・登校拒否になる原因はどんなものがあるのか見ていきましょう。

学校生活でのトラブル~いじめや人間関係~

中学校の入学準備!勉強や学習の準備・小学校との違いなど

原因は?

中学校の不登校の原因としては、

 ・クラスメイトや友達との関係・いじめ
 ・部活の先輩やメンバーとの関係・いじめ
 ・先生との関係

小学校と違い、中学校では、人間関係が複雑になっていきます。

結果的に「いじめ」へと発展する場合もあります。

目に見えたいじめのほか、無視する、SNSなど使った陰口といった陰湿・悪質ないじめも増えてきます。

また、部活動が本格的に始まることや、クラスメイトや友達とささいなことでトラブルになり、険悪になってしまって不登校になるケースも増えてきます。

小学校では同じ担任の先生が複数の教科を教えるため、担任の先生との関係により不登校になる子供が多めでしたが、
中学校で担任・教科ごとに先生が違うことが多いため、担任の先生が原因になるケースは減ってきます。

「いじめ」とまではいかなくても、友達をうまく作れなかったり、ちょっとしたことで、クラスメイトや部活の先輩やメンバーと上手くいかずに悩む子も多くいます。

グループに入れない、上下関係がつらい
などの原因があります。

親の対応と不登校から復帰する方法は?

どうしてもつらそうな場合は学校を休んでも良いと伝えましょう。

ませ、心身共にリラックスできる時間を作りましょう。

いじめの場合は加害者が悪いことがほとんどです。

子供に非が無いことをしっかりと伝えましょう。

その上で、学校に相談し(担任ではなく、教頭など上の職の先生に直接伝えると、早く動いてくれます)、適切な対応をとってもらいます。

解決しないで無理に復帰すると、精神的に追い込まれ、自傷行為に及ぶ可能性もあります。

場合によっては転校やフリースクールも視野に入れておきましょう。

友達や先生との関係の場合は、合わない人間もいる、適切な距離をとるということを伝えていきましょう。

学校に戻る時は、別室登校から始めて、ゆっくりと友達の輪の中に戻れるように配慮してもらいましょう。

●学校を休み、ゆっくりと休ませる。
●嫌な友達、先生と適切な距離を取る
●ひどい場合は転校やフリースクールに
●学校に相談し、別室登校など、学校生活に戻りやすいように配慮してもらう


生活面での変化

学校の不登校、引きこもり、登校拒否

原因は?

中学校になると、制服、髪型などのルールが一気に厳しくなり、先輩後輩の上下関係も生まれてきます。

先生にも敬語を求められ、全ての面で息苦しく、ストレスを感じて不登校になるようです。

親の対応は?

不登校全般に言えることですが、学校を休ませることを最優先にしましょう。

生活面でのルールの変化に対応できなかったことが一番の原因ですから、ルールは「強制」ではなく、社会で生活していくために「必要」なものである、ということを、時間をかけて話していきましょう。

制服が似合う、髪型が似合うなど、プラス要素を見つけて前向きになれるようにし、学校に協力してもらい、別室登校から始めると良いでしょう。

●学校のルールになじめるように前向きにとらえるようにアドバイスする。
●学校に相談して、学校生活に戻れるように別室登校から始める。


部活動への参加

不登校部活動

原因は?

中学校になると始まる部活動は、強制ではありませんが、多くの生徒が参加しています。

・先輩後輩の上下関係
・クラスとは別の人間(友達)関係
・体力的な不安(練習についていけないなど)

好きで始めたのに辛い思いが多いと、気持ちの落ち込みも大きくなります。

これらの理由で、不登校になる場合があります。

親の対応は?

まずは、学校を休ませることです。

ゆっくりと休んで、心と体の両方の疲れを癒すようにしましょう。

単純に体力面の問題であれば、学校に行かない時間を体力づくりにあてても良いでしょう。

先輩や友達との関係で悩むのであれば、部活をやめる、または違う部活に入り直すのも一つの方法です。

一つのことに固執せず、新しいことを始めることで、新しい世界が開けることを伝えてあげましょう。

これらのことがクリアできれば、学校に戻ることができるでしょう。

●無理に部活を続けず、転部や退部してみる。
●人間関係で嫌になったが、部活動の内容が好きだった場合、学校外のチームや教室に入って続ける。


学業面について(定期テスト、授業の難易度)

本が好きになるとなぜ学力がアップする?

原因は?

中学校からは定期テストが始まり、順位がつきます。

自分の学力が分かるようになります。

授業の難易度も上がり、小学校までは授業についていけたのに、中学校ではついていけない…ということもあるでしょう。

これらの原因で不登校になることがあります。

親の対応は?

まずは、学校を休ませましょう。

一度勉強から解放されるのもプラスになるので、好きなことをしてリラックスします。

勉強を始める気になったら、家庭教師、塾などを使いながら、分からない所を中心に学力をつけていきましょう。

また、テストの順位は、あくまで参考であること。

自分の理解していない所を見つけるためのテストでもある、ということを伝えていきましょう。

学校に戻る時は、学校に協力してもらい、別室登校から始めて慣れていくようにしましょう。

●あくまで順位は参考であると伝える。
●塾や家庭教師などで、苦手なところを克服する。


無気力、息切れ

不登校、ひきこもり、無気力

原因は?

 ・頑張り過ぎ
 ・中学校生活が理想と違った
 ・部活動がハード

上記のように、頑張り過ぎて心が弱っている状態です。

頑張る力が残っておらず、学校に行きたくなくなります。

親の対応は?

まずは、学校を休ませましょう。

励ましたり、無理強いしたりすることは避けましょう。

休んで心に栄養を補給することが大切です。

少しずつ前向きになるように、生活リズムだけは整えておきましょう。

学校に戻る時は、別室登校など無理のないように始め、ゆっくりと慣れていくことが必要です。

●ゆっくり休ませ、心と体をリフレッシュさせる。
●生活のリズムが乱れないように気を付ける。
●励ましたり、無理強いはしない。
●落ち着いたら外出や、趣味などを見つけて前向きになるように働きかける。


受験勉強、将来への不安

【英語検定4級】小学1年で合格した勉強法や問題集・過去問は?4級のレベルとは~まとめ

原因は?

3年生になると、高校受験が待っています。

自分の目標に対して、自分の学力と向き合うことは勇気がいります。

そのプレッシャーに負けてしまうこともあるでしょう。

また、自分の将来への進路を本格的に決めることで、不安になることもあります。

特に、参考になる人が近くにいない(きょうだいなど)、親の不仲などの家庭環境、などがあると、余計に不安が大きくなり、不登校につながることがあります。

親の対応は?

まずは、学校を休ませましょう。

受験勉強の不安の場合は、無理に勉強をせず、今の学力で進学できるところを選ぶのも良いでしょう。

良い高校に行ったからといって、良い未来が待っているわけではない、自分のできる範囲で頑張ることが大切、ということを子供には伝えていきましょう。

将来の不安に対しては、じっくりと話を聞くことが大切です。

不安に思っていることに対して、アドバイスをしましょう。

親子の絆を再確認、再構築する良い機会になります。

学校に戻る時は、別室でも勉強はできますので、先生に配慮してもらいながら進めていきましょう。

●受験勉強を無理強いしたりプレッシャーをかけないようにしましょう。
●学力に合った進路を選ぶ。
●親子でお互い不安な事、これからの進路希望などを相談し合う。

中学校を不登校・登校拒否…原因別親の対応対処法!復帰する方法まとめ

不登校や登校拒否、ひきこもりは子供一人だけの問題ではなく、親との関係性、家庭環境、学校の生活や人間関係など、原因は複雑で解決に時間がかかる問題です。

問題解決には、親の協力が必要です。

●無理やり聞き出さない
●相談してきたことに対し、子供のせいにしたり、否定をしない
●無理に学校に行かせない。
●親の気持ちや希望を一方的に押し付けない。
●解決には時間がかかることを覚悟する。
●スクールカウンセラーに相談する。
●親子で食事する、外出する、テレビや映画をみるなど、親子の時間を多めに作る
●学校に相談し、学校生活に戻れる環境を準備する。
●いじめられているのなら、味方である、守ってあげると態度を示す。

親は強い味方であると態度で示し、辛いのなら無理に頑張らせないようにしましょう。

やがて落ち着いたら、学校生活に戻りたいのか?これからの人生はどうしたいか、親子で話し合って考えましょう。

子供の人生はまだまだこれから長いので、今を乗り越えればきっと成長して楽しいことが待っているはずです。

頑張りましょう。


小学校を不登校・登校拒否…原因別親の対応対処法!復帰する方法

友達の作り方・グループに入るコツ!小学校中学校高校大学別~新学期や転校時