子供が友達の家に遊びに行く時のルールやマナーがあります。
ルール・マナーを守らないと、トラブルに発展する可能性が…。手土産のお菓子の金額相場や、遊びに行くときのお友達の家でのマナーをご紹介します。

関連記事
子供が一人で遊びに行けるのは何歳から?守らせたいルールは?
子供が友達の家に遊びに行く時のマナー!手土産はお菓子?金額は?

【友達の家に遊びに行く時】身につけたいマナーは?

挨拶を自分からする

お友達の家に行ったら、まずは挨拶です。

挨拶は社会の中で一番大切なマナーです。

「こんにちは」
「おじゃまします」
(おやつをもらったら)「いただきます」
「ありがとう」
「おじゃましました」
「ありがとうございました」

など、言えるといいですね。

挨拶ができるというだけで好印象を与え、お友達の親は安心して子供と遊ばせることができます。

家でも朝の「おはよう」から寝るまでの「おやすみ」まで、挨拶ができていれば問題ないでしょう。

そうでない場合は、まずは身近な家族間の挨拶を大切にしてみましょう。

脱いだ靴はそろえて家に上がる

人の家に上がるという事は、その家の生活の場に入っていくという事です。

そこまで子供に理解させることは難しいかもしれませんが、
靴をそろえて家に上がるということは、大切な礼儀
であるという事を、しっかりと伝えておきましょう。

これも、家でできるようにしておけば問題なくできるでしょう。

毎日の積み重ねが大切です。

親も帰ってきたら靴を揃えて家に上がり、子供に見本を見せると良いでしょう。

家のものは勝手に触らない

特に、小さい頃は興味本位で思わず触ってしまうものです。

親が一緒であれば、すぐに謝ったり、正したりすることができますが、1人の場合はそうはいきません。

物を壊してしまったりした場合は両家でトラブルになる可能性もあります。

人の家のものは勝手に触らないということを、しっかりと教えておくことが必要です。

片付けをする

楽しく遊ぶと散らかるのは仕方ありません。

おもちゃや物を広げるのは楽しいものです。

しかし、友達の親としては家を散らかされた!と思うことでしょう。

片付けは必ずすることを教えておきましょう。

普段から家でも片付けの習慣をつけておきましょう。

ゴミが出た場合は持ち帰る、またはお友達の親に確認してゴミ箱に捨てるように教えておきましょう。

寝室などには入らない

寝室は家族以外の人には見られたくないプライベート空間です。

ベッドの上で飛び跳ねたり、布団の上ではしゃぐことはマナー違反です。

寝室以外にも、それぞれの家庭で他の子供には入ってほしくない部屋があれば、立ち入らないようにし、リビングや子供部屋など、遊んでも良い部屋で遊ぶようにしましょう。

【友達の家に遊びに行く時】手土産はどうする?

【友達の家に遊びに行く時】手土産はどうする?

手土産の金額相場はいくら

相手の親にお世話になるわけですから、気持ちとしては持たせたいものですが、お友達の家に遊びに行く内容に分けて考えましょう。

また、アレルギーなどもありますので、手土産の内容についてお手紙を添えると良いかもしれません。

・親が友達同士の場合
300円~500円程の予算で、ジュースや皆で食べることができるお菓子を持たせましょう。
親同士で話し合い、持たせないことにしても良いでしょう。

・子供同士で遊ぶ場合
公園などに子供たちだけで集まって遊ぶ場合は、持って行っても、なくても良いでしょう。

持っていくかは、子供と相談で決めましょう。

持っていく場合、特に気を遣わないで良いですが、初めての場合は300円程で、皆で食べることができるスナック菓子などを持っていくと良いでしょう。

・子供を預ける場合
子供を見てもらうわけですから、何も持たせないのは失礼にあたる場合もあります。
ただ、高額でなくても構いませんので、1000円程度の予算で、日持ちのするお菓子(クッキーなどの焼き菓子など)や、ロールケーキなどが喜ばれるでしょう。

子供が一人で遊びに行けるのは何歳から?守らせたいルールは?