幼稚園・保育園・保育所を卒業し、小学校に入学する前にしておくとよい、勉強や学習、生活などの入学準備(読み書き、先生の話を聞けるように、集団行動など)や、基礎学力をつけるために入学前にやっておくとよい「おすすめのテキストやドリル」もご紹介します。

ちなみに、持ち物については、入学説明会にて知ることができます。もし、欠席してしまったり、持ち物リストをなくしてしまった場合は、学校に問い合わせるか、友達・知り合いに聞くとよいですよ!

基礎学習能力を付けるオススメ入学準備ドリルもご紹介!
小学校の入学準備(持ち物以外)勉強や学習の準備、集団行動など

学習面の入学準備は?

勉強は小学校に入学してからで大丈夫!という考えもありますが、だからこそ、最初の授業、勉強でつまずかないように、できる限りの準備をしましょう。

人の話を聞く

小学校では、落ち着いて先生の話しを聞くことが必要になります。

授業中の45分間、集中し続けることは難しいかもしれませんが、先生が板書する時など、大切なことを聞けるようにしましょう。

そのためには、幼稚園・保育園の時から、先生の話を聞く習慣をつけるように言い聞かせましょう。

まずは親が子供の話をしっかり聞いてあげて見本を見せましょう。

そして、親が子供にお話をしているときは、しっかり目を見て聞く、遊びながら聞かないよう心がけて、練習しましょう。

声掛け例
●「人のお話を聞く時は遊ばないようにしようね。ちゃんとお話聞いてくれないと、話している人がかなしいきもちになるよ。」

●お話している人の目を見ていると、しっかりお話が聞けるようになるよ。しっかりお話聞けるようになると、一年生のお兄さん(お姉さん)っぽくて素敵だな!」

●「先生やママのお話を椅子に座って、しっかり聞けるようになると素敵な一年生になれるよ!」

など

ひらがなの読み書き

授業中の板書、プリント類、教科書、自分や人の持ち物など、小学校ではひらがなに触れる機会が急激に増えます。

特に、授業を楽しく受けるには、ひらがなの読み書きは必要です。

年長児からでも構いませんので、ひらがなの読み書きの練習を始めましょう。

絵本の読み聞かせを、小さい頃からしておくと、取り組みやすいでしょう。

自分の名前を書けるようになることを目標にしましょう。

数を数える、時間、時計

小学校では数字に触れる機会も増えます。

出席番号、教科書のページ番号、時計などを読めて、数字を理解できると、小学校での生活が楽になります。

3桁4桁までは読めなくても良いですが、最低2桁の読み書きと理解ができると、教科書のページ番号が分かるので良いでしょう。

時計や時間の概念を覚えるのはまだ難しいと思いますが、今は何時何分と読めるだけでも、時間割の理解につながるでしょう。

数字や、時計を読む練習ができるドリルがあるので、机に座って勉強する練習を兼ねて、取り組んでみましょう。



くもんのはじめてみましょう!小学校の入学準備ドリル
入学までに身につけたい「生活習慣」「こくご」「さんすう」がまとめて学習できます。

わかりやすくて、学習するやる気を引き出せます。

保護者向けの入学準備アドバイスも参考になります。


記事の最後に、「楽しくお勉強の練習ができるおすすめドリル」をご紹介しています!

生活面の準備は?

集団生活は保育園、幼稚園でも経験できますが、小学校では、集団生活の中で、自分たちでルールを守って生活していくことが求められます。

そのために、生活面でも様々な準備をしておきましょう。

あいさつができる

先生や友だちに自分からあいさつできるだけでも、相手が受ける印象は良くなります。

特に、友だちとの関係を上手く保つためには、あいさつや返事は必要です。

子供に教える前に、まずは親が子供へ「おはよう」「はい」「ごめんなさい」などを自然に、でも意識的に使うように心がけましょう。

交通ルールを守って歩く

小学校は基本、自分で登下校します。

小学校低学年の交通事故は多いという調査結果もあります。

信号、右側通行などの基本的な交通ルールを理解し、守れるようにしておきましょう。

親と一緒に通学路を歩いて状況を確認し、横断歩道の渡り方などを練習しておきましょう。

身の回りの整理整頓

小学校ではみんなが同じような物を持っています。

まずは自分の持ち物を管理できることが必要です。

ランドセルの中、机の中、自分の棚など決まった場所で物を管理できれば、間違えたり、無くしたりすることもないでしょう。

家では、おもちゃ、持ち物を置く場所を一緒に考えて決めて、練習しましょう。

自分の机があれば、積極的に活用しましょう。

また、ひらがな(自分の名前)を読めるようになれば、自分の物であると分かりやすくなるので、最低限自分の名前を読める、書けるようにしておきましょう。

その他には…

和式トイレがある小学校もまだ多いようです。

慣れる必要はありませんが、経験しておくとことは大切です。

着替えも自分でできるようにしておきましょう。

体育の時間、プールの時間など自分で着替える時間があります。

幼稚園、保育園の時、忙しい朝の時間、ついつい手伝いがちですが、自分でできるようにしておきましょう。

入学準備オススメドリル

入学準備オススメドリル
入学前から机に座り、毎日数分ドリルで勉強する練習を始めましょう。

●じっと勉強することが難しい場合は、5分だけドリルを取り組むというところから初めて、少しづつ時間を伸ばして慣れていきましょう。

●親も一緒にドリルに取り組みましょう。
「上手だね!」
「丁寧に書けたね!」
といったポジティブな声掛けが子供のやる気に繋がります。

へたくそだったり、失敗しても怒らないで、優しくアドバイスしてあげると、勉強嫌いの子供になりにくいでしょう。

最近の入学準備ドリルには、保護者向けのアドバイスの冊子が付いていることがあるので、大変参考になります。

チャレンジ1年生入学の準備国語・算数ワーク基礎編


チャレンジ1年生入学の準備国語・算数ワーク基礎編 2019年度版

「手が疲れない」鉛筆の正しい持ち方を習得しながら、入学前にやっておきたい「文字・数・時計」の基礎・基本を身につけることができるワーク。

鉛筆、入学の準備アニメDVD付き。

初めて文字や数字を書くと言う子向きの、優しいレベルのドリル。

ベネッセのキャラクター「コラショ」と一緒に、鉛筆の持ち方や文字の練習などを楽しく学習していきます。

もう文字は覚えた、という子は「応用編」がオススメです。

こちらからご購入できます!↓
チャレンジ1年生入学の準備国語・算数ワーク基礎編 2019年度版

チャレンジ1年生入学の準備国語・算数ワーク入学の準備ワーク応用編


チャレンジ1年生入学の準備国語・算数ワーク入学の準備ワーク応用編 2019年度版

入学前から国語の言語感覚や、算数の図形感覚・数感覚の素地を身につけることができるワーク。

ワークに取り組んだ後、家庭で親子で楽しく取り組める学習を「発展」として多数紹介。図形パズル、漢字表付き。

文字や数字を書けるようになったら、国語力、算数力をアップさせる学習をしましょう。

学校の授業の理解度がグンとアップします。

こちらからご購入できます!↓
チャレンジ1年生入学の準備国語・算数ワーク入学の準備ワーク応用編 2019年度版


中学校の勉強学習入学準備!小学校との違いやおすすめ復習テキスト