2月3日は節分!子供と豆まきや恵方巻きなどを楽しむ際に知っておくとよい内容のまとめです。
豆まきは大豆なのか落花生なのか、恵方巻きの由来や、恵方の決め方・決まり方、いわしを食べたり飾ったりする理由等をご紹介します。
子供と楽しむ節分!豆まきは大豆?落花生?なぜ恵方巻きやいわし?恵方の方角の決め方や由来等

節分の由来は?

節分は元々、季節の変わり目を意味する言葉です。

・立春、立夏、立秋、立冬

以前は、この4つの季節の始まりの日の前日を、節分と言っていました。

立春は1年の始まりとされており、冬を越して春を迎える立春の節分は、特に重要とされていました。現在では、立春の節分だけが残っています。

なぜ節分に豆をまくの?

なぜ節分に豆をまくの?
季節の変わり目には、邪気(鬼)が来ると言われていました。

中国でも以前、節分に厄や災難を追い払う儀式を行っていました。

・「追儺(ついな)」
・「鬼遣(おにやらい)」

などと呼ばれていて、鬼のお面をかぶった人を追い払っていました。

日本には、奈良時代にこれらの儀式が伝わったと言われています。

後に、各時期の節分に行われていた邪気を払う行事の「豆打ち」と「追儺(ついな)」が合わさり、節分に豆をまくようになりました。

節分の豆まきは大豆なの?落花生なの?

節分の豆まきは大豆なの?落花生なの?
節分には本来、大豆をまくのが正しいとされています。

五穀の一つである大豆は邪気を追い払う力があるとされていました。

大豆は炒って投げますが、これには、
 「炒る=射る(鬼を射る)」
という意味があります。

現在では、落花生を投げる地域もあり、北海道、東北地域、九州南部に見られます。

落花生を投げる理由として考えられるのは、
・落花生の産地だから
・投げて、落ちた豆を食べる時、落花生の方が衛生的だから

などがあるようですが、理由は良く分かっていません。

節分に恵方巻を食べる由来は?恵方って?

節分に恵方巻を食べる由来は?恵方って?
最近は恵方巻を食べることも多くなりましたね。

でも意外なことに恵方巻の歴史って浅いんですよ!

恵方巻を食べる風習の由来・起源

恵方巻は、現在では、【節分の夜】に毎年変わる【恵方】を向き、
【太巻き・巻き寿司】無言で食べると縁起が良い
とされる風習として広まっています。

実はこの恵方巻、いくつか由来・起源の説があります。

驚いたことに、江戸時代に大阪の花街(芸妓屋、遊女屋などが集まる地域)で始まったという説なんかもあるんですよ!

さらに、巻き寿司自体も、太い巻き寿司とは限らず、玉子巻きや、「ちまき」とされる説もあります。

1、幕末から明治時代初頭に、大阪・船場で商売繁盛、無病息災、家内円満を願ったのが始まりで、一説には若い女性の好きな人と一緒になりたいという願望から広く普及したとする説。(すし組合のチラシより)

2、船場の色街で女性が階段の中段に立って、丸かじりして願い事をしたらかなったという故事にちなむとする説。(スーパーU社のチラシより)

3、節分のころは新しい香の物が漬かる時期で、江戸時代中期、香の物入りの巻き寿司を切らずに丸のまま恵方を向いて食べ、縁起をかついだ。
これが、やがて節分に恵方を向いて、巻きずしを丸かぶりすると、その年の福がさずかるという招福の習わしになったとする説。(スーパーD社のチラシより)

4、船場の旦那衆が節分の日に、遊女に巻きずしを丸かぶりさせて、お大尽遊びをしていたことに端を発するという説(当時の大阪海苔問屋協同組合事務局・藤森秀夫からの聞き取り)

5、戦国時代の武将(堀尾吉晴といわれる) が、節分の日に丸かぶりして出陣したら戦に勝ったので、以後瑞祥としたことに端を発するとする説。(藤森秀夫からの聞き取り)

上記の説は岩崎竹彦が、スーパーなどのチラシに書かれた説と、彼の調査が行われた1990年当時、大阪海苔問屋協同組合の事務局長の職に就いていた藤森秀夫からの聞き取りで得られた由来とをまとめたものである。

出典: 沓沢博行、 現代人における年中行事と見出される意味-恵方巻を事例として-、2009年

簡単に説明すると、

・縁起を担ぐため(商売繁盛、無病息災、家内円満など)
・節分を祝うため
・商売繁盛を祈るため
・女の人とのお遊びから

などと、由来には様々な説があります。

上の4番の説は、遊女の人とのお遊び(一説では、巻き寿司を男性器に見立てて遊んだとか)が発祥という説で、
えっ、、、ちょっと・・・と思ってしまいますよね。

他の説が起源であってほしいものですね。

その説では、
昭和7年頃、大阪の海苔業者組合がこのお遊びをもとに恵方(幸運を招く方角)を向き、太巻きを食べると幸せになれる!いう海苔の販売促進を行ったとされています。

そして、
平成10年頃、コンビニで有名な「セブンイレブン」これはチャンスとばかりに、この関西地方の文化の「恵方巻き」を全国的に大々的な宣伝を行ったため、日本全国で2月3日の節分には「恵方巻き」!のイベント販売を行うようになったとのことです。

現在の日本の、バレンタインデーや、ハロウィン、クリスマスのように、
作り上げられたイベントといってもよいでしょう。

恵方巻を食べる正しい方法とは

節分の日の【夜】に、【恵方】を向いて、一言もしゃべらず【無言】で食べます。

恵方とはその年の神様【歳徳神(としとくじん)】がいる方角で、年ごとに方角が違います。

歳徳神というのは、その年の福・徳の神様なのです。

幸福や徳を授けてくださいね!とお祈り・願掛けするわけです。

ちなみに2019年は「東北東微東」になります。

この方向を向いて、「太巻きのお寿司=恵方巻」を黙って食べる(丸かじりする)わけです。

もちろん、一気に食べないといけないわけではありません。

しゃべらずに、ゆっくりとでもよいので、お茶でも飲みながら食べればOKとのことです。

恵方巻の恵方の決め方・決まり方は?

恵方巻の恵方ってどんな決まりがあったり、誰が決めているのかご存知ですか?

誰が決めたのかは不明ですが、決め方・決まり方が存在します。
【西暦年の1の位】をもとに決まります。

西暦年の1の位 次の年 恵方
9・4 2019 東北東微東(甲の方角)
0・5 2020 西南西微西(庚の方角)
1・6 2021 南南東微南(丙の方角)
2・7 2022 北北西微北(壬の方角)
3・8 2018 南南東微南(丙の方角)

こんな感じになっています。微東というのは、やや東という意味です。
1・6と、3・8は、方角が同じであり、恵方は4方向しかありません。

節分にいわしを食べたり飾ったりする理由は?

節分にいわしを食べたり飾ったりする理由は?
節分には柊(ひいらぎ)にいわしを刺して飾る地域があります。

以前は、鬼は尖った物や、くさい物が苦手と信じられていて、そのためにとげのある柊に臭いがあるいわし(主に頭)を刺して飾り、鬼除けにしていたようです。

現在では、主に西日本で見られます。

また、いわしを食べる地域もあり、理由はいわしを飾る理由とほぼ同じです。

主に西日本で食べられていますが、他の地域では、
・けんちん汁(関東地方)
・こんにゃく(四国地方)

などが食べられているようです。


節分の由来や、楽しみ方などを知っておくと、節分の日が一層楽しむことができそうですよね!

私自身も、遊女とのお遊びの説には驚きました。
(小さなお子さんに話すような内容ではないですね)

節分の日が近くなったら、これらの内容を話のネタとして使ってみるのもよいのではないでしょうか。