小学生の冬休みの宿題はどんなものが出るのか?詳しくご紹介します。

冬休みの宿題で成績アップのカギは計画表にあり?!
~その5~小学生の子供に勉強をやる気にさせる方法

小学生冬休みの宿題はどんなものがある?

地域、学校によって違う?

夏休みほどではないにしろ、冬休みにも宿題は出ます。

日々の宿題は、担任の先生が決めていますが、長期休みの宿題は、学校単位や学年単位で決めていることが多いようです。

このため、隣り合う小学校でも宿題の量に差が出てくることがあります。

どんな宿題があるの?

冬休みという事で、定番の宿題があります。

・書き初め
・縄跳び

これらは学年関係なくよく出ます。

書き初めは毛筆、硬筆があるようです。
●低学年は硬筆(サインペンなど)
●書道を授業でやっている高学年は毛筆

という学校が多いです。

縄跳びは「達成カード」を配り、何ができたか印をつけていくやり方もあれば、単純に縄跳びをしましょう!という学校もあるようです。

・お手伝い(お手伝い日記)
・絵日記
・一行日記

こちらも長期休みでは定番ですね。特にお手伝いに関しては低学年が多いようです。

・国語、算数プリント
・国語、算数ドリル
・音読

プリントは1枚~5枚ぐらいが多いようですが、少なくても表裏に問題があったりします。

ドリルは2学期に取り組んだ分を復習するために、書き込みをしたり、ノートに書いたりと、やり方は様々なようです。

・自主勉強
・読書

これらは、子供の自主性に任せるため、メインとして出すことは少ないようですが、家庭での自主学習が大切になる高学年ではよく出されるようです。
~その6~小学生の子供に勉強をやる気にさせる方法

成績アップしたいなら計画表を作り計画を立てる!

宿題が終わらない…

日数的には短い冬休みでも、たくさんの宿題が出るとお正月を楽しむ余裕もありません。

それは子供だけではなく、親も同じ事。

結局、手伝ったり、答えを写したり…何てことになりかねません。

宿題をポジティブにとらえる!

たくさんの宿題を重荷にとらえるのは簡単です。

ここは、発想を転換して学力、成績アップのための課題ととらえるといいかもしれません。

イヤイヤするよりは、きっとプラスになります。

計画を立てましょう!

宿題を並べてみても、どれから取り組んでいいのやら…と、悩むことでしょう。

以下の方法で計画を立ててみると、宿題が効率よく終わらせていくことができます。。

【1】日数を考える

冬休みの日数を数え、宿題それぞれを何日間で終わらせるかを考えてみましょう。

例えば、プリントは2日間、ドリルは3日間…
などと割り当ててみましょう。

宿題を終わらせるまでのスケジュールが立てやすくなりますね。

「12月31日までにすべて終わらせる!」
などという最終目標を立てると、逆算して計画を立てやすくなります。

【2】視覚化(見える化)をする

次は、目で見て分かりやすくしましょう。

これを「視覚化」と言います。

計画表を作り、日にち・曜日ごとに書き込みましょう。

この日は「プリントをする」、この日は「書き初めをする」と書き込む。

一行日記、お手伝いなどは毎日書き込む。

この作業を、できれば終業式の日に行いたいですね。

目で見て確認できるので、やる気もグッとアップして、効率の良い宿題の取り組み方ができるはずです。

【3】休みの日を作る

せっかくの冬休みです。

計画表には「大晦日」「お正月」なども書き込み、宿題に取り組まない日も作りましょう。

家族や親せきと過ごす年末年始はとても楽しいものです。

エンジョイすることも忘れずに!

【4】自分で書き込むこと!

計画表はダウンロードしたり、お父さんお母さんが作ったりしてもいいでしょう。

ただ、書き込むのは自分でしましょう。

一緒に考えることは必要ですが、自分で書き込むことで、宿題に取り組む意識が強くなります。

おすすめの計画表ダウンロードリンクはこちら
冬休みカレンダー生活表 無料ダウンロード
冬休み・便利テンプレート
お役立ちアイテム(スケジュール表)

計画を立てることは学力、成績アップにつながります!

小学生高学年になると、中学生以降を見据えて、家庭での自主学習が大切になってきます。

宿題という課題を自分で計画を立てて取り組むことで、自主学習の力はグッとアップします。

低学年であっても、その取り組みが早いほど効果があることは言うまでもありません。

人からやらされる学習より、自分から取り組む学習こそが、学力、成績アップにつながります。

そのためには、しっかりと計画表を作り、冬休みの宿題に取り組んでいきましょう!

夏休み宿題が終わらない!早く終わらせる方法!やらない小学生ができる!