【役員決めのうまい断り方】を現役PTA役員が伝授します!

幼稚園・小学校・中学校などで親が戦々恐々となるPTA役員選び

絶対なりたくない時のおすすめの断る方法とは?!
幼稚園、小学校、中学校PTA

PTA役員ってこんなことをします!

PTAの仕事とは~意外と地味です

PTA=Parent-Teacher Association。

つまり、「父母と先生の会」です。

保護者と先生が協力して、子供たちのために活動します。

学校により、活動は異なりますが、主に

●子供たちの登下校時の安全確保
●学習環境を整える
●親子学習会などのイベントを企画運営する

などの仕事があります。

意外と、地味で縁の下の力持ち的な活動がメインです。

PTA役員決めの方法は、こんな感じ!

PTA役員決めの方法は、こんな感じ!

PTA役員=PTA本部役員?

PTAは、PTA活動会費を納めている時点でその会員となります。

つまり、保護者皆さんがPTAの会員です(会費はほぼ納めているでしょうから…)。

一般的に言われる、PTA役員というのは、PTAの「本部」を運営する役員となります。

本部の役員は基本的には以下のようになります。

・会長
・副会長
・会計
・書記

それぞれ、一人ずつ選出する学校もあれば、副会長を男女一人ずつなど、人数には学校により違いがあります。

他にも、広報、研修などの専門委員もあります。

これらは本部の下にある委員になります。

選び方は学校それぞれですが、それぞれの学年長が兼任することが多いようです。

今回はPTA本部役員の決め方を見ていきましょう。

立候補

役員は公正的な選び方でないといけません。

会長以下、どのポストにも、誰でも立候補することができます。

11~1月ごろに学校から立候補用紙が届きます。

提出された立候補用紙をもとに、選挙管理委員会(本部役員、地域の委員、先生など)で決定されます。

推薦

立候補ですんなり決まればいいのですが、立候補が少ない、またはゼロという事もありえます。

そんな時は、選挙管理委員会から推薦を受けた人が、同意を得た上で役員になります。

子供の行事によく顔を出しているお父さんなどは、顔を知られている(または、役員の方がよく見ている…)ので、よく声がかかるようです。

前役員からのお願い

これは、推薦に関係するのですが、本部の役員は「仲良く運営したい」と思っている方が多いので、ついつい知り合いを推薦しがちです。

本部の役員に知り合いがいる時は、推薦の声がかかる可能性があります。

くじ引き

保護者全員を対象にくじ引きをします。

ある意味、一番公平だとも言えます。

家庭の事情などを考慮することもありますが、基本はくじが当たったら役員を引き受けないといけません。

おすすめ役員決めのうまい断り方とは?現役PTA役員が伝授!

【役員決めのうまい断り方】を現役PTA役員が伝授!おすすめの方法

立候補届を出さない

まずは、これが大前提になります。

学級の委員は必ず一度はならないといけないようになっていますが、PTA役員にはなっていない人も大勢います。

仕事を理由にする

※これ以降は、推薦やくじ引き当選を断る方法です。

PTA活動とはいえ、まずは自分の仕事が基本になります。

役員の会議は夜にあることが多いので、仕事が遅くまであるので無理です!と、はっきり言うことが大切です。

「皆さん仕事がありながら役員をされていますよ」…と言われても、仕事の内容、忙しさをしっかりと伝えましょう。

子育てを理由にする

特に、幼児期の子供がいる時は、断る良い理由になります。

最初から未就学児がいる保護者は、PTA役員候補から外される学校もあります。

会議やイベントなど、小さい子供を連れては難しいですよね。

役員は母親が多いので、そのあたりの理解はあると思います。

ただ、会議の時に保育士を雇い、子供を見てくれる、という学校もあるそうです。

介護を理由にする

実際に子供の祖父母・自分の父母などの介護をしていると断る方法です。

自宅にて祖父母などの介護をしているので、
役員をすることができませんと断る方法です。

ただ、身近に自分の家の事情をよく知っている人がいる場合は
やめたほうが無難です。バレた時に、噂にされる場合があるためです。

徹底的に嫌ですと断る

どうしてもやりたくない場合、
きっぱりと「絶対に嫌です」と断りましょう。

それでもしつこく言ってくる場合は、
「PTAって任意団体ですよね?そこまで強制するならPTAから脱退します」
とまで言ってもよいかもしれません。

これで、役員の対象から外される可能性も高くなります。
(これでもまだ、抽選を行って選ばれる、とんでもないPTAもあるようですが…)

ただし、この方法、PTA役員やPTA役員に仲の良い方の間で噂になることも
結構あります。噂を気にしないという方なら試す価値ありかもしれません。

立候補届を出さない

まずは、これが大前提になります。

学級の委員は必ず一度はならないといけないようになっていますが、
PTA役員にはなっていない人も大勢います。

自分には大役過ぎます!と訴える

PTA本部役員、特に会長になったら入学式、卒業式など全校生徒の前でスピーチをしないといけません。

これは苦手な人には苦痛でしかありません。

推薦など話が来た時には、重荷です!という事を切に訴えましょう。

押し付けで役員にされることはありません。

友達(パパ友、ママ友)を作らない

これは寂しいというか、少し反則なのですが、孤立しているまたは行事などに顔を出さない保護者には、推薦はまず来ません。

普段から、他の保護者や学校に距離を置くといいでしょう。

ただ、これには勇気がいりますね!


PTAは「PTAの仕事が大変!」「本業の仕事に支障が出る」など、ネガティブな話題ばかりが耳に入ります。

しかし、やってみると、意外に楽しかったり、ママ友が増えたり、学校にいる子供を見ることができたり、良いこともあります。

どうしても断れない時は、腹をくくりましょう。