大人気プールだった「モリコロパークのプール」の営業がいつまでだったのか、跡地は何になるのかご紹介します。跡地は実はジブリパークになる予定です。完成したらぜひ行ってみたいですよね!詳細記事へのリンクもあります。以前は本ページは、森コローパークのプールに水泳帽子必要なのか(水泳帽子着用は必須?)や、持ち込みが大丈夫なもの、NGなもの、スマホや携帯電話カメラ飲食物や水筒、浮き輪は持ち込みOK?NG?だったのかご紹介していました。

2018年モリコロパーク温水プール営業期間はいつまで?料金は?水泳帽子は必要?カメラやスマホはOK?

モリコロパークプール営業は2018年のいつまでだった?跡地は何になる?

モリコロパークのプールの営業期間は、
2018年の9月30日まででした。すでに閉館しています。
流水プールも、巨大スライダーも、水着のまま飲食できるフードコーナーもとても楽しいプールだったのに残念です。

なんと、宮崎アニメ・ジブリの世界を再現した、「ジブリパーク」に変わる予定です!
(ジブリパークを「ここにスライダーあったよね!」といったように思い出しながら、楽しめると思います)
ジブリパーク詳細はこちら

モリコロパーク温水プール営業期間は2018年のいつまで?廃止のお知らせと回数券払い戻し

2018年の最後の夏休みは休まず営業していました。
モリコロパークプールの営業日カレンダーはこちらです

モリコロパークプール料金(入場料)と水泳帽子が必要なのか、水泳帽子着用は必須なのか?

モリコロパークプール料金(入場料)と回数券

利用料金は、
大人1030円(高校生以上)
小人 410円(3歳~中学生)

ロッカーは、うれしい100円リターン式!
何度でも開けたりしめたりできるので、
お茶を飲みにロッカーに戻ることが出来ますよ!

回数券は、10回分の料金で11回ご利用可能ですが、
有効期限は今シーズン限りなので、
近場で毎日行ける人や、大人数で使う場合以外は、
買わない方が無難かと思われます。

ちなみに、回数券の払い戻しについては
方法などが決まってから、公式ホームページにてお知らせするとのことです。

モリコロパークプールは水泳帽子が必要?必須?スマホや携帯電話ビデオカメラ飲食物や浮き輪は持ち込みOK?NG?だった?

モリコロパークプールは水泳帽子は、必要ありません!でした。
(着用可能ですが必須ではありません)

モリコロパークプールは水泳帽子が必要なのか、水泳帽子着用は必須なのか?

プールによっては水泳帽子が絶対必要・着用必須な所がありますから、有難いですよね。

プールサイドへの持ち込みがNG・不可・ダメであったもの

★×××スマホ・携帯電話・カメラ・ビデオカメラなど、撮影できるものは一切持ち込み不可能です。
★×××飲食物の持ち込みはNG。プール内のカフェテリアで購入可能です。
ロッカーで水筒やペットボトルのお茶を飲むくらいなら大丈夫です。
お茶を忘れた場合、水道水を無料で飲むことが出来ます。
また、カップのジュースが100円、冷水が30円で購入できます。
(ちなみにプールは1時間以内なら再入場可能です!少し面倒ですが、外でお弁当を食べるならアリです。ほとんどやっている人はいませんでしたが^^;)

★×××80センチを超える浮き輪はNGです。(80センチ以内ならOKです)
ちなみに、浮き輪のような、固いスポンジの円形のものを無料で借りることが出来ます。
また、ビート板も無料で借りることが出来ますよ~。
★×××タオル
★×××時計
★×××アクセサリー類
★×××タバコ
★×××お札の入る財布(小銭入れはOK)
★×××カバン
★×××Tシャツなど、衣服
★×××水泳帽ではない帽子(水泳帽はOK)
★×××石鹸・シャンプー・ボディーソープ・リンスなど
★×××ボート・水鉄砲・ボールなどの遊具
★×××一眼ゴールグルやシュノーケル
★×××ウェットスーツ

プールサイドへの持ち込みがOKであったもの

★〇〇〇着用の義務はないですが、水泳帽OKです。
★〇〇〇浮き輪は80センチ以内のものであればOKです。
★〇〇〇ゴーグル(ふつうの競泳用の2眼もの。シュノーケル用の1眼のはNG)
★〇〇〇落ちないように、ゴムバンド等をしてあるメガネ
★〇〇〇幼児用のヘルパー(腕や脚につける浮き輪みたいなものとか)
★〇〇〇小銭入れ(お札の入る長財布などはNG)
★〇〇〇ライフジャケット
★〇〇〇ラッシュガード(プール用の日焼け防止用の服のようなもの)

モリコロパークプール~まとめ

モリコロパークのプールの営業時間はいつまでかというと、
★2018年夏のシーズン2018年9月30日で終わり・閉館となりました。
跡地にはジブリアニメ・ジブリ映画の世界を表現したテーマパーク【ジブリパーク】ができる予定です!

水泳帽子は着用しなくても大丈夫。持ち込みは可能でした。

★〇浮き輪は80センチ以内ならOKでした。

★×撮影できるカメラやスマホなどは一切持ち込み不可でした。

★×飲食物の持ち込みは不可でした。
ロッカーへお茶を飲みに戻ることは可能です。ロッカーは100円リターン式なので、何度も開け閉めできますよ!
また、食事はカフェテリアで可能です。カフェテリアへは、外から持ち込みの飲食物を持ってきてはいけないそうです。

カフェテリアでは、おにぎりが1個150円、お弁当が350円?
焼きそばが450円(まあまあ量がありました)、ラーメンが500円、
カップラーメン(カップヌードル)が300円、ポテトやフレンチドッグなどもありました。
本格的な食事というよりは、軽食といった感じかなと。

ただし、1時間以内の再入場は可能なので、プールの外に出て、
食べて戻るというのも一つの方法です(がほとんどの方はやっていませんでした)
他には、節約するなら、食事を済ませてから、入場するのもいいかもしれません。

★×水筒・ペットボトルのプールサイドへの持ち込みは不可です。
ロッカーで飲むのはOKでした。プールの中でもしっかり汗をかいています。
水分をとらないと、熱中症になってしまうこともあるので、こまめに水分補給をしましょう!

土日祝日は、入場が結構時間かかるほどの人気ぶりらしいです。楽しんできてくださいね!


2018年7月長島スパーランドプール平日土日祝日・夏休みの混雑状況と予想
2018年8月長島スパーランドプール平日土日お盆夏休みの混雑状況と予想
2018年9月長島スパーランドプール平日土日の混雑状況と予想2018


レゴシティビーチパーティープール整理券入手方法と水遊び体験談・体験レビューレゴランド名古屋2018年7月
【レゴランド名古屋水遊びアトラクション】レゴシティビーチパーティ(プール)登場!


モリコロパークプール公式サイトはこちら