子育て・育児のイライラ子供をたたく・怒鳴る前に必見の、イライラ解消法をご紹介します

ストレスの影響

子育て中のパパ・ママのイライラの原因は?

子育て中の方なら、子供が原因でイライラしたことありますよね。

感情がある人間なので、イライラしてしまう事は仕方のないことです。

では、よくあるイライラの根本の原因についてみていきましょう。

子育て中のママ・パパがイライラを感じる時には、

★子供自身が原因の場合と、
★親の周りの状況が原因の場合

があります。この2つが合わさると、よりイライラししてしまいます。

子供自身が原因の場合

●イヤイヤ期(あれやだ、これやだ…)
●見苦しい行動(鼻くそ・シャツだしっぱなし・髪ぼさぼさ・食事のマナーが守れない…)
●公共の場での非常識な行動(走り回る・大きな声を出す…)
●一人で遊べない(家事や仕事がすすまない・親がくつろげない…)
●子供同士のケンカ(きょうだい喧嘩)
●勉強しない
●ゲームや漫画・テレビなどばかり
●姿勢が悪くてダラダラする
●口が達者

など。

こちらの原因であれば、後でご紹介するイライラ解消法が役に立つかもしれません!

親の周りの状況が原因の場合

●人間関係(夫婦・ママ友・職場の人・祖父母・義両親など)
●仕事
●家事
●お金
●更年期、ホルモンバランス

などがあります。

「育児・子育ての悩み」に加えて、他にイライラすることとの相乗効果で、さらにイライラしますよね。
旦那や奥さん、祖父母の言動にイライラ、仕事や家事が進まない、家計が厳しい、更年期や生理前など。

残念ながら、こちらの状況は、ご自身で何とかしていただくしかありません。
まずは子供に対してのイライラ解消法を試してみてください。

子育て・育児疲れでイライラして夫にあたるのを防ぐ方法は?

子供を「たたく・怒鳴る」のは仕方ないこと

「たたく・怒鳴る」行為を認めるわけではないですが、そのような行為をしたからといって自分を責め続けないでください。

人間なので、イライラして叩く、怒鳴ってしまう事は、仕方がないことだと思います。

「かわいそうなことをした」と思ったら、これからご紹介する解消法で減らしていきましょう。

ただのイライラのはけ口にしているだけなら虐待ですが、少しでも愛情があればしつけともいえます。

一度気持ちを落ち着かせリセットしてみてください。

幼稚園・保育園でいじめられやすい子供の特徴・性格とは?幼稚園の対応や対策・対処法は?

イライラのおすすめ解消法は?たたく・怒鳴る前に!

イライラと上手く付き合うための方法をご紹介いたします。
子育て・育児疲れでイライラして夫にあたるのを防ぐ方法は?まとめ

アンガーマネジメント(6秒心を無にする)

怒りのピークは6秒と言われていて、カッとなったときは6秒間、心を無にするのです。
そうすることで冷静になることができ、イライラがスッとおさまると定評があります。
イライラしたら、ゆっくり6秒間以上、1・2・3・4・5・6・・・10まで数えてみましょう。
(イライラしている時は、たいてい1秒を早く数えてしまうので10まで数えるとよいでしょう)

誰かと話す(イライラしない人と話す)

特に女性の場合は、誰かに話すことでストレスを発散できる人が多いです。

ママ友や、祖父母、旦那などのうち、【イライラしない人をえらんで】話してみるものよいでしょう。

子供を通じて様々なコミュニティに参加するのもよい方法です。
会話で共感を得られるとイライラが解消されるかもしれません。

誰かと話すことなく頑張って子育てしていると、
自分の子供は特に悪い点やイライラする点が見えやすいのですが、
・他の子どももそんな感じなんだ~
・違った事で苦労しているんだ~
などと、いることがわかれば、冷静になって、イライラが少なくなるかもしれません。

必ず、相談相手は【イライラしない人】というのが重要です。
共感してくれない人と話すと逆にイライラしてしまったり、ケンカになる可能性もあるので注意が必要です。

子供に期待をしすぎない

子供に、ちゃんとしてほしい!こうなってほしい!
と期待をするあまり、イライラしてしまうことも多いですよね。

子供はもともとできないもの・仕方ないと、自分に言い聞かせると、イライラする頻度が低く抑えられることもよくありますよ。

子供は好奇心旺盛・やんちゃなもの。すべては成長につながる!

・走り回る
・高いところに登る
・バンバン音を立てる
・色々なものを触る
などをされると、イライラして、子供を怒鳴ったりたたいたりしてしまうこともよくありますが、
これらの行動は、運動能力、音感の発達、いろいろな発見など、子供の発達にとってプラスであることも多いです。

子供だから仕方ない、成長のため!
と【ある程度までは大目に】見てあげるとよいでしょう。

成長して聞き分けがよくなれば、何がどうしてよくないのかがわかるようになり、次第におさまっていくはずです。

もちろん【命に危険や、物を壊したり、他人に大きな迷惑をかける恐れ】
があるときは、注意してあげてくださいね。

子育て・育児のイライラ解消法!子供をたたく・怒鳴る前に必見!まとめ

自閉症と妊娠中のストレスや不摂生
子育ては10人いたら10通りの、100人いたら100通りの育児があるように、イライラが解消する方法も人それぞれです。

人と比べず自分のペースで子育てすることが理想ですね。

●アンガーマネジメント(6秒心を無にする)
●誰かと話す(イライラしない人と話す)
●子供に期待をしすぎない
●ある程度は子供だから仕方ない、成長のため!と大目に見る。

時々、子供を保育園に一時保育で預けたり、祖父母、夫にお願いして、一人の時間を作ることも、イライラ解消になります。

イライラが頂点に達している時ではなく、
少し気持ちが穏やかになった時、冷静なときにイライラの原因を考えてみる
と、きっと良い解決策が出てくるはずです。

人間なのでイライラするのは当たり前! 記事をご覧いただいたということは、子育て頑張っておられる証拠です!
参考になりましたら幸いです。