2月3日の節分鰯の頭ヒイラギの意味と由来!いわしを飾ったり食べる地域もご紹介します。

節分の鰯の頭やヒイラギの意味と由来!飾ったり食べる地域

節分の由来~元々4回もあった!?

節分は元々、季節の変わり目を意味する言葉で、以前は、・立春、立夏、立秋、立冬の4つの季節の始まりの日の前日を、節分と言っていました。なんと、昔には節分は4回あったのです。

その中でも「立春」は1年の始まりとされており、冬を越して春を迎える立春の節分は、特に重要とされていました。

現在では、4回の節分のうち、立春の節分(2月3日)だけが残り、節分と呼ばれるようになりました。

これらの季節の変わり目「節分」には、邪気(鬼)が来ると言われていました。

★子供に伝えるときは?
・冬の終わりの日が節分で、節分が終わると春になるんだよ!
(季節を分けるから、節分とよばれているんだよ!)
・節分には、わるい鬼さんがやってくるから、お豆でやっつけようね!
・ヒイラギのトゲトゲが鬼さんの目にささって入れないようにするんだよ!
・イワシ(お魚さん)の頭は、くさいにおいで、鬼さんが入ってこれないようにするんだよ!
と伝えるとよいでしょう。

言葉だけでは伝わりにくいので、イラストがついた絵本などを見せながら伝えると効果的です!

悪いものをやっつける・払うために、豆まきをするだけでなく、トゲトゲのあるヒイラギや、くさいイワシを飾ったり食べたりするようになりました。

節分の豆まきの由来!なぜ大豆(落花生)?「鬼は外」の理由

節分に柊鰯を門に飾ったり、食べたりする理由は?

節分にいわしを食べたり飾ったりする理由は?

古くは平安時代に行われていたことが土佐日記に記されています。当時は、柊の枝に、イワシではなく「ボラ」の頭を刺していたとのこと。江戸時代でもこの風習は残っており、イワシを飾るだけでなく食べる風習も残っている。

現在では、節分には柊(ひいらぎ)に、いわしを刺す「柊鰯」を門の入り口に飾るのが一般的で、主に西日本にて行われています。

西日本から広まっていったのか定かではありませんが、福島県や関東一帯でも行われている地域があります。なぜか関東では鰯の頭と柊に加えて、豆柄という種を取った後の大豆の枝も一緒に飾るのだとか。

鬼は尖った物や、くさい物が苦手と信じられており、そのためにとげのある柊(とげが、鬼の目を差す)に、臭いがあるいわし(主に頭)を刺して、鬼除け・邪気払いの願いを込めて飾るのだそうです。

イワシを食べる理由はいわしを飾る理由とほぼ同じでいわしを焼く臭いと煙で鬼を払う意味が込められているのだとか。

イワシの臭いだけでなく、もっと臭いニンニクやラッキョウを使う地域もあるそうです。


節分の由来や、楽しみ方などを知っておくと、節分の日が一層楽しむことができそうですよね!


関連記事:
幼稚園保育園の子供もわかる「節分豆まきの由来」鬼は外の理由
節分恵方巻きの由来は下ネタ?2020年方角は誰が決める?決め方