人生に子供はいる?いらない?子供を産む・子供を作るメリットデメリットをご紹介します。

食環境や食経験の影響

一昔前までは、子供を産むことは義務だとか、子供を育てなくては一人前じゃない。人としてありえない。おかしいんじゃないの?などと言われることもありましたが、最近になってやっと子供を作る・作らないも自由という考えも広まってきましたね。

子供を産む・子供を作るメリットや理由

なぜ子供が欲しいと思うのかの理由をまとめました。本当に、価値観も十人十色です。えっ、こんな理由で!?というのも結構ありました。

・特に理由はない、なんとなく
・本能的に自然に欲しくなった
・自分の子孫・遺伝子・血・DNAを残したいから
・いとこや友人、兄弟姉妹など周りがどんどん子供ができたから
・甥っ子や姪っ子が可愛かった・楽しかったから
・結婚相手との絆・結びつきができる
・家族や友人、知人などから「結婚しろ・結婚したほうがいい」と言われるから
・家族や友人、知人などから「子供はまだ?子供がいないとさびしいよ」と言われるから
・夫婦2人だけでは息が詰まる
・結婚相手の人と子供を産み育てていきたいから
・赤ちゃん・子供がかわいいから
・子育てをしてみたい
・子供の成長をみたい
・一緒に遊びたい
・女として出産を経験したかった
・子供の頃の将来の夢が父親・母親だった
・母親・父親になりたかった
・母親・父親の友人が幸せそうだったから
・どんな子供ができるのか興味があった
・自分の分身を見てみたいから
・好きな人との子供を見てみたい
・愛のあかしとして
・親に孫の顔を見せてあげたい
・祖父母に、ひ孫の顔を見せてあげたい
・自分と血のつながった家族が欲しい
・本能的に欲しくなった
・子供としか遊びに行けない場所へ行ける
・子供と買い物へ行きたい
・子供とスポーツ(キャッチボールやサッカーなど)をしたい
・子供が授かっても授からなくてもどちらでもよかった
・子供が欲しいというより家族が作りたかった
・老後、お世話や介護してもらうため
・家系・家督や仕事の跡継ぎが欲しいから
・(既に1人いる場合)1人ではかわいそうだから兄弟姉妹を作ってあげたい
・(既に1人いる場合)弟・妹が欲しいと言ってきたから
・自分は欲しくないが相手が子供が欲しいといっているから
・子供を産み育てることで人間として成長したい
・おしゃれをさせたい
・スポーツをさせたい
・生きてきた証がほしい
・家の中を明るくしたい
・できてしまったから
・親への恩返し・親孝行のため
・親がお孫さんはまだ?といわれて肩身が狭そうだったから
・育成ゲームみたいな感覚でほしいと思った
・夫婦2人だけではたいくつだから、飽きたから
・結婚相手が父親・母親になる姿が見たかったから
・出産できる年齢に限りがあるから
・子供と一緒に歩きたかったから

子供を産む・子供を作るデメリット・作りたくない理由

小学校中学校を不登校・登校拒否…原因別親の対応対処法!復帰する方法

赤ちゃんを産むのは痛そう・怖い

赤ちゃんを産む(出産)するのは痛そう・怖いというイメージや、
体験談を聞いているため子供はいらないと思う方もいるようです。

子供を育てるお金がない・金銭的余裕がない・自分達のお金がなくなる

子供を育てるのには、少なくて数百万円、たいていは1000万円~3000万円ものお金が必要となります。
都心部の私立の学校へ通わせるとなると、数千万円になる場合もあります。

・衣服
・食事
・住居(子供部屋)
・ベビー用品やおもちゃ
・プレゼント
・習い事の費用
・幼稚園・保育園・保育所関連費用
・小学校・中学校・高校・大学関連費用
・通学費用・下宿費用

などが必要となります。

子供とお金は、切っても切れない関係にあります。

・貯金できるだけの収入がない
・貯金する習慣がない
・増税で家計が厳しい
・親の面倒を見るための費用が必要
・自分たち夫婦だけでも精一杯
・自分たちが自由に使えるお金が減ってしまう

このような理由で、子供はいらない。作れない・・・という方も多いです。

いい親になれる自信がない・・・

・自分の親が厳しかった
・すぐに怒る、ヒステリック
・だらしなかった
・親に虐待された
など、親のいやな面を見てきていて、自分は親のようになりたくないという場合や、

逆に、
・親がしっかりして立派すぎて、自分がやれるかどうか自信がない
という場合もあるようです。

自分が子供の頃に苦労をした・人生が辛かった

自分がした苦労や、辛さを子供に経験してほしくない・・・
そんな思いから、子供を作りたくないと思う方もいらっしゃいます。

子供を幸せにする自信がない

子供に幸せな人生を送らせてあげる自信がない・・・と悩む方も多いです。
お金の面・教育面もありますし、
景気が悪い・事件や事故、争い事や災害が多いといった外的理由
などから、世の中の人が、幸せそうではないと感じる場合に、
子供に幸せな人生を送らせてあげる自信がなくなる場合もあります。

夫婦2人の時間を大切にしたい・楽しみたい

子供ができたことで得られることはたくさんありますが、失うものもあります。
夫婦2人の時間も、その中の一つです。

・夜遅くまで遊びに行きたい
・恋人同士から母親・父親の関係になりたくない

自分の時間を大切にしたい・楽しみたい

子供ができると、自立してくれるまでには自分の時間が制限されてしまいます。

・楽しい・やりがいを感じている仕事に制限がかかってしまう
・自由にショッピングや映画、カラオケ、美術館などへ行く時間がなくなってしまう
・家で趣味に没頭できなくなってしまう
といった声も聞かれます。

海外ではベビーシッターに預けて夫婦の時間を大切にする習慣・文化がある国もありますが、
日本ではまだそういったことはあまり行われていませんし、世間体も気になってしまいます。

先ほど挙げたように、自分たちのお金も子供のために減ってしまうことも要因の一つです。

子供がやったことは親の責任

子供による事件をテレビニュースで目にすることがありますが、未成年の場合、親の責任となります。
ダメなことはだめときちんと教え育てる必要があります。