アトピー性皮膚炎などの皮膚病や喘息のある子どもは海や川、プールに入って良いのか悪いのか(大丈夫なのか・良いのか悪いのか)ご紹介します。
夏のプールや海・川での水泳、スイミングスクール・水泳教室に通わせようか迷っている方必見です。

アトピー性皮膚炎や喘息の子供は海や川、プールに入っていい?

監修|りふれ整体院 整体師 清水

よく言われている、プールや海、川での水泳に関する噂

・プールの塩素が消毒してくれるのでアトピーの子にはいいらしい
・いや、塩素がアトピーを悪化させるって聞いたけど・・・
・海の成分(塩分・マグネシウムなどのミネラル)が、アトピーに良いみたい・・・
・スイミングスクールなどでプールの湿った環境が喘息を治してくれるらしい
・肺が鍛えられるので、喘息が治りやすいって聞いた

これらの噂は本当なのか、見ていきましょう。

プールや海での水泳とアトピー性皮膚炎

プールはアトピー性皮膚炎などの皮膚病に良いの?悪いの?

ご存じの方も多いと思いますが、プールには消毒のために塩素が入っています。
また、調査の結果、プールには塩素のほかにも様々な汚れや化学物質が含まれる場合があることが分かっています。
(普通に皮膚や体の状態が健康な方は全く問題のないレベルです)

塩素などの化学物質や汚れなどが、皮膚を刺激し、アトピーなどの皮膚病を悪化させる可能性は十分にあります。

ある研究では、アトピー性皮膚炎の子供に水泳をさせた続けたところ、水泳をしなかった子と比べて、2~3倍程度の子供に悪化が見られたそうです。

昔、アトピーであった方の話では、水泳の際に、

・泳いでいるときもピリピリする
・患部がしみる
・泳いでいる時にかさぶたがふやけ、出た後、再度固まる際にかゆくなる

など色々と悩まされたそうです。

・水道の配管 ・プールの塗料 ・ビート版
・コースロープ ・水着 ・泳ぐ人から出る汚れや皮脂・鼻水など

色々な要因で水が汚れてしまうわけなのです。

うわっ、なんかプール入りたくない・・・と思われた方もいらっしゃるかと思いますが仕方のないことです。
プールでの歩行や水泳は健康のためにとても良いこと。水の汚れが気になる方はプールから上がる時にシャワーで洗い流しましょう。

水泳・プールの時の対策

アトピー性皮膚炎であっても、泳ぐことを禁止されているわけではありませんが、
アトピーの状態がひどく悪い時には悪化を防ぐため、プールを控えることも検討しましょう。

以下の点に注意すると悪化する可能性を低くできます。

・入る前に患部に「水で流れにくい」プロペトやヒルドイドなどの保湿剤を塗っておく。

・プールに上がる際には、シャワーや水道などで、塩素や汚れをきちんと洗い流す。

・タオルで体を拭く時、皮膚に刺激を与えないよう、ゴシゴシこすらない。
(ポンポンと抑えるように拭くと良いです)

・プールから出た後にも、炎症を抑える薬(ステロイド剤など)や保湿剤を塗ります。

海の成分(塩分・マグネシウムなどのミネラル)はアトピーに良いの?

海の成分(塩分・マグネシウムなど)はアトピーに良いの?

一昔前には、海水のミネラル成分がアトピーに良いといううわさが流行り、
治療のために海水につかったり、塗ったりする治療法が流行った時期もありましたが、
現在では効果がないことが判明しています。

治療のために海水浴をするのではなく、
きちんとスキンケアをして、医師にアトピーの程度・皮膚の状態を診てもらい、
適切な処方をしてもらったお薬を塗る・内服するのが一番おすすめできます。

プールや海、川での水泳と喘息

喘息などの呼吸器系の病気の場合、病気の種類や程度、運動量、プールの状況などにより、プールや海での水泳は良い影響・悪い影響どちらにもなりうることが分かっています。

良い要因として考えられるのは、水泳が全身運動であり、

運動能力や筋力、肺機能などがアップ

する点、
悪い要因としては、プールでの様々なアレルゲン・アレルギー物質が考えられます。

特に、屋内型のプールは、換気が行われにくく消毒薬による塩素や塗料の化学物質など、様々なアレルゲンが漂っている場合があります。

屋外型プールは、換気が行われているためアレルゲン・アレルギー物質は若干少ない傾向があります。

海や川の場合は、場所によって差が大きいです。

工業地帯が近くにある場所や生活排水が流れ込みやすい場所、ごみや汚染物質が流れ着きやすい海岸や川、下流などでは汚染物質・化学物質が多い傾向があります。

いろいろな条件を考えに入れた【総合的な研究】としては、
プールや海・川での水泳は、喘息を悪化させる直接的な原因ではない
というものが多いです。

結論~アトピー性皮膚炎や喘息の子供はプールや海、川で水泳していい?

★アトピー性皮膚炎の場合
・若干、悪化する傾向がみられる。
・ひどく悪化している時には控える
・悪化している部分に保湿剤を塗る
・入った後に洗い流して、保湿剤や炎症を抑える薬(ステロイド剤など)を塗る
・海水でアトピーが良くなることはない。

★喘息の場合
・プールや海・川での水泳は良い面悪い面がある。
・特に問題はないが、悪化が見られたら控える。

監修:整体院・整体師の清水似顔絵監修|りふれ整体院 整体師 清水
人体の仕組みや健康系の多くの知識と経験を積み、10年以上前に開業。施術の傍ら行っている子育ての経験も生かし、執筆・監修を行う。