保育園の入園準備には何が必要なのか、0歳児・1歳児・2歳児・3歳児・4歳児・5歳児別に大体の費用もあわせてご紹介します。

保育園落ちたらその後どうする幼稚園?育休延長?退職?2019年

100均が近くにあれば、これからご紹介するものは結構そろいますよ!
100均をまず最初に見て購入し、なかったものを他店で購入する形が費用を抑えることができておすすめです!

保育園の入園準備に必要な物は?~全年齢児共通~

 0歳児~4歳児・5歳児まで、入園に準備する物は共通の物も多くあります。以下に挙げながら詳細を見ていきましょう。

 ・着替え…年齢が低いほど多く、徐々に必要数が少なくなります。目安として、0、1歳児は上下3組、2、3歳児は上下2組、4歳児や5歳児は上下1組を準備しておけば良いでしょう。夏は汗をかくのでこれにプラス1組準備しておくと安心です。後は、クラスの担任の指示を聞いて数などを調整しましょう。

 ・下着、オムツ…年齢に応じて、準備しておきましょう。4歳児や5歳児になってもトイレの失敗はありますので、必ず持たせる必要があります。オムツの場合、数は成長に応じて準備します。

 ・昼寝用の布団(掛け、敷、カバー)…保育園はお昼寝がありますので、必ず必要です。年齢に応じて買い換えたいところですが、120cmぐらいのサイズを準備しておけば、長く使えそうです。保育園によっては布団をレンタルしたり、3歳児以上は掛け布団だけなど、様々ありますので、必ず確認しておくようにしましょう。

 ・タオル、ハンカチ…汗を拭く、汚れを拭く、手を拭くなど用途は様々です。基本的にタオルは全年齢共通で準備します。保育園で雑巾などに使用するために、年に数枚タオルを要求する園もあります。
 ハンカチは就学が近づくにつれ使用することが多くなります。保育園や担任に確認しておきましょう。

 ・帽子…戸外遊びのためには必ず必要です。特に指定のない場合は年齢に応じた帽子で構いません。強い日差しをガードするタレが付いてあるものが良いでしょう。見かけより実用性で選びましょう。保育園によっては指定の帽子がありますので、確認を忘れないようにしましょう。

 ・着替え、汚れ物を入れる袋…保育園によって指定がありますが、エコバッグのように同じ物を繰り返し使う場合が多いようです。低年齢児の場合は使用済みのオムツを持ち帰る場合がありますので、レジ袋などが必要になります。


それぞれのアイテムの名前つけについては、「アイロン熱転写シート・名前ラベル」などが100均に楽々アイテムが売っていることが多いです。
キャラクター付きでかわいいものなども売っていますよ!手芸屋さんに行くと少し高めですが100均よりたくさんの種類がありますよ!

幼稚園と保育園、どちらを選ぶ?

保育園の入園準備に必要な物は?~0歳児~

 ・おしりふき…保育園に置いておく場合と毎日持ってくる場合があります。
 ・靴…歩けるようになったら必要です。
 ・粉ミルク…月齢が低い場合は粉ミルクが主栄養になる場合がありますので、準備が必要です。保育園によって、持ち込み、準備してくれる場合と様々なので、事前の確認はしっかりしておきましょう。
 ・哺乳瓶…粉ミルクに合わせて必要です。先につける乳首と合わせて準備します。こちらも保育園によっては準備してくれるところもありますが、口をつける乳首は準備して持って行く場合がほとんどです。
 ・スタイ(エプロン)…食事、おやつ、よだれ用と数種類準備する必要があります。食事のスタイは準備してくれる保育園もあります。
 ・大きめのバッグ…これら全てを入れるのに、大きなバッグが必要です。まず、必要な物を揃えてから、準備するバッグのサイズを決めましょう。

保育園の入園準備に必要な物は?~1歳児~

 ・水遊び用の水着など…保育園では1歳児から水遊びをすることが多いので、確認して準備しましょう。
 ・トレーニングパンツ…トイレトレーニングには個人差がありますので、担任と相談しながらの準備となります。まずは厚手の物、慣れてきたら薄手の物に変えていきます。
 ・スタイ(エプロン)…食事、おやつ、よだれ用と数種類準備します。よだれ用は外れてくる年齢ですので、様子を見て準備しなくても良いでしょう。

保育園落ちたら…幼稚園に入る

保育園の入園準備に必要な物は?~2歳児~

 ・通園バッグ…しっかりと歩いて登園できるようになりますので、2歳児から通園バッグをもたせる保育園もあります。
 ・トレーニングパンツ…オムツが完全に外れていない場合は使用することもあります。
 ・スタイ(エプロン)…食事、おやつ用だけで良いでしょう。よだれが出る場合は準備する必要があります。

保育園の入園準備に必要な物は?~3、4、5歳児~

 ・パジャマ…お昼寝時に着替えの練習としてパジャマを使用する場合があります。
 ・歯ブラシ…昼食後の歯磨きも3歳児から始めることが多いので準備が必要です。保育園で準備してくれる場合もあります。
 ・通園バッグ…毎日の持ち物も低年齢児に比べて少なくなりますので、自分で持てる通園バッグが必要です。持ちやすい、またはからいやすい物を選びましょう。保育園が指定する場合もあります。

保育園の入園準備の大体の費用は?

年齢が高くなればなるほど費用は安くなる傾向があります。

0歳児で1からすべてをそろえようとした場合、
ブランドや品質にこだわりがなければ
保育園の入園準備の費用は【10000円位】あれば十分でしょう。

タオルや歯ブラシ・ちょっとしたした小物入れなどは100均でも手に入りますよ!

1歳児・2歳児・3歳児・4歳児・5歳児・・と年齢が高くなるにつれて
必要な着替えの枚数が少なくなり、粉ミルクや哺乳瓶なども不要となってきます。


幼児教育無償化最新情報!いつから?対象者や所得制限・私立幼稚園や保育園保育所は?専業主婦でもOK?

幼稚園保育園の違いと選び方!料金や保育時間・教育内容のポイント

乳幼児を預ける幼稚園・保育園保育所・託児所・こども園違いまとめ