妊娠中の妊婦が初めて感染すると胎児に感染して障害児が生まれる場合もあるトキソプラズマ症とはどのような病気で、感染経路は本当に犬・猫なのか、どれくらいの妊婦が初感染するのかの確率や抗体検査の費用等の詳細についてご紹介します。

トキソプラズマ症で妊娠中障害!感染経路は犬猫?確率や抗体検査等

トキソプラズマ症と、胎児に障害をもたらす先天性トキソプラズマ症とは?

トキソプラズマ症というのは、や犬、豚などの哺乳類や、鳥類などに寄生する【トキソプラズマ原虫】が、人間にも寄生して、引き起こす感染症です。

★世界の人口の3分の1(30%近く)が感染していると推測。

★日本人では、感染したことのある人の割合は、成人で20~30%と言われています。

★ただし、感染したとしても、ほとんど症状が出ません。

★猫・犬・豚などの哺乳類や、鳥類に寄生。

★ネコ科以外の動物に感染した場合は、体内にずっととどまります。
★そのため、豚肉・鶏肉などの生肉はしっかり加熱して食べてください。
(牛肉は他の食肉よりも検出率が低い)

★しっかり洗われていない野菜や果物などから感染することも。

★ネコ科の動物のみ、フンの中にトキソプラズマの虫体が含まれています。

★ネコ科の動物のフンの虫体は強力で普通の消毒液では殺せず、数か月間生き続けます。
そのため、管理されていない砂場や猫のフンの多い場所の水たまり、庭での園芸などは危険とされています。

★【妊娠中に初めて】トキソプラズマ原虫に感染すると、お腹の赤ちゃんに感染し、
死産や自然流産の他、胎児に障害(脳が肥大する水頭症や脳内石灰化、視力障碍、てんかん、運動障害など)をもたらす
先天性トキソプラズマ症になる場合があります。

★【妊娠前に感染】していた場合、既に抗体・免疫を獲得しており、妊娠中にトキソプラズマ原虫に接触しても、免疫の働きにより排除され、胎児への感染を防ぐことができます。

★近年の日本では年間1000人から1万人の妊婦さんが感染しているという調査があります。

トキソプラズマ症で妊娠中障害!感染経路は犬猫?確率や抗体検査等

トキソプラズマ症~感染時の症状

健康な成人の場合は、症状がでることはまれです。

しかし、およそ1割には、風邪と似たような症状が出ます。
その場合、数週間もあれば元気になることが多いです。

上で上げたように、妊娠中に【初めて】感染した場合は、おなかの胎児への影響が心配されます。
その際は、速やかに検査・治療を行うことが必要です。

対処法・治療法

医師の指示により、寄生虫が増えるのを抑える、抗トキソプラズマ原虫薬「スピラマイシン」や「アセチルスピラマイシン」などの治療薬を服用します。
服用により、胎児へ感染する確率を減らし、感染した場合でも重症化を軽減する効果が認められています。

トキソプラズマ症の予防法

特に妊婦さんは気を付けてください。妊娠中に油断していると感染する場合があります。
妊娠初期妊娠中期はもちろん、妊娠後期も気を付けてください。

一番良いのは、

★生肉を食べない(しっかり加熱する)
★生野菜や果物はよく洗浄する(できれば加熱する)
★できる限り猫との接触や、猫のよくいる場所を避ける
猫のフンがある場所は特に危険です。
★猫が入って糞をする砂場へ近づかない。
お子さんと砂遊びする場合は、猫が入り込まない砂場で。
★砂や土などを触った場合はしっかり手洗いをします。
★犬などのペットとキスや口移しなどをするのは避けましょう。

トキソプラズマ抗体検査の方法と費用

猫を飼っている場合や、妊娠後に感染の可能性がある場合には、抗体検査を検討するとよいでしょう。

★抗体が【あるかどうかだけ】を調べる検査費用は、およそ1000円~1500円で、
妊婦検診にて、トキソプラズマの抗体があるかどうかを調べているのは、およそ半分ほどとのこと。

標準で検査項目になっていない場合でも、希望すれば検査してもらえる可能性があります。

★妊婦さんでトキソプラズマ抗体をもっている人の確率は約5%とのこと。

★もし、抗体があった場合、それが妊娠中に感染したのか、妊娠前なのかを知る必要がありますが、
その場合、詳細に検査すると自費でおよそ15000円~20000円です。

関連記事:
妊婦は妊娠中いつインフルエンザ予防接種できる?時期は初期中期後期?
インフルエンザ予防接種の免疫期間は?注射いつ打つと一番効果的?
妊娠中に風邪薬や漢方薬・サプリはOK?赤ちゃん・胎児への影響は?
妊婦は注意!子供に障害!風疹の性別と年齢別予防接種回数一覧表とワクチン予防接種の料金費用