赤ちゃんや乳児・幼児はいつから見えるのか?や子供の年齢別の平均視力・発達具合をご紹介します。

赤ちゃん乳児幼児の平均視力は?いつから見える?子供の年齢別視力

赤ちゃんの視力の発達!いつから見えるの?

新生児

新生児の視力はどれぐらい?明暗の認識や、黒、白、グレーのモノクロカラー
生まれてきてすぐの赤ちゃんは、ぼんやりと目が見えています。

まぶしい、暗いといった明暗の認識や、黒、白、グレーのモノクロカラーで見えているようです。

ただ、焦点が合っていないので、じっと見たりはせず、目を動かしているだけです。

人間の顔や物の輪郭もぼんやりとしています。

生後1、2カ月ごろ

生後1、2カ月ごろ視力はどれぐらい?
ひとつの物をじっと見る、注視ができるようになります。

親の顔など、目の前の物をじっと見るようになります。

色の認識も少しずつできるようになります。

生後3カ月ごろ

生後3カ月ごろの視力はどれぐらい?
この頃から、目の焦点が合ってきます。

動いている物に反応して目で追う、追視ができるようになります。

生後4~6カ月ごろ

生後4~6カ月ごろ視力はどれぐらい?
目と手が連動して動き、自分の手を目で追ったりすることができます。

奥行きや距離感がつかめるようになり、お父さんお母さんの顔を区別できるようになります。

この頃から人見知りをすることもあります。

生後7~8カ月ごろ

生後7~8カ月ごろ視力はどれぐらい
右目、左目で見えているものを、ひとつの物として認識し、物を立体的にとらえることができるようになります。

このことにより、自分と物や人との距離を認識することができます。

お座りができるようになってから

お座りができるようになってからの視力
寝ている時よりも景色も変わり、視野も広がります。

様々な物に興味を持ち始め、ますます活発になっていきます。

子供(赤ちゃん・乳児・幼児)の平均視力はどれ位?

子供(赤ちゃん・乳児・幼児)の平均視力はどれ位?

小学校入学前までは発達する

生まれてすぐに見えている目は、少しずつ見えるようになり、発達していきます。

1歳以降は急激に発達しますので、たくさんの物に触れる、見るなどして、良い刺激を与えましょう。

この時期の脳への良い刺激が、目の良い発達につながっていきます。

その後、小学校入学前には視力が安定します。

小学校入学前までの子供の平均視力

年齢(月齢)平均視力
新生児ぼんやり見える程度
~3カ月約0.01
~4、5カ月約0.04~0.08
~6カ月約0.1
~1歳約0.2
~2歳約0.5
~3歳約0.8
~6歳約1.0

平均視力表から、2歳まではぼんやりとしか物が見えないということが分かります。

目の良い発達のために

小学校入学までには、視力が約1.0になります。

それまでに、視力が悪くならないように気をつける必要があります。

・テレビやスマホ、タブレットを近くで見ない
・テレビやスマホ、タブレットを長時間見ない
・強い光などの刺激に気をつける(太陽光、紫外線なども)
・姿勢を良くして、物を見る

子供の視力を守るのは親の責任です。

これらのことに注意して、子供の視力の発達を守ってあげましょう!

・テレビや本に近づいて見ている
・遠くを見るときに目を細める

といった仕草をしたら、視力が悪くなっている可能性があります。

視力が悪くなりはじめなら、まだ視力が回復しやすいので、
早めに眼科で検査・相談しましょう。