現在行われている研究で、妊娠中に予防接種を行うことでアレルギー体質や花粉症、ぜんそくやアトピー性皮膚炎を防げる可能性が出てきました!

インフルエンザ予防接種の免疫期間・有効期間はどの位?

研究チーム(国立成育医療研究センターなど)の発表によると、現在はまだマウスでの実験段階ですが、今後は人間にも効果があるかどうか、安全性を確かめていき、
2018年から数年以内に実用化できるよう、目指しているとのこと。2018年11月26日に発表された最新の研究中の内容をご紹介します。

妊娠中の予防接種(注射)で免疫異常を防げるかも!?(要約)

現在研究され、発見された内容ですが、わかりやすく解説します。

アレルギーというのは、本来無害な物質(食べ物やダニ・花粉など)にまで、体が過剰に反応して【咳や目や鼻のかゆみや鼻水、じんましんなど】を引き起こしてしまうことです。

このアレルギーを引き起こすのが【IgE抗体(免疫グロブリンE)】なのですが、赤ちゃんを妊娠中のマウスの母親に、とある注射をしたところ、お腹の赤ちゃんがこの【IgE抗体】を作らなくなったとのこと。

出産後、大人になってもアレルギー体質にならず、副作用もみられなかったとのこと。

研究結果の詳細

研究チームは、おなかの中の赤ちゃんや乳児の時期にのみ【mIgE陽性B細胞】という細胞が現れることを発見しました。
この【mIgE陽性B細胞】は、表面にIgE(免疫グロブリンE)をもっており、そのIgEに、アレルギーを引き起こすアレルゲンがくっつくと、IgEをどんどん作ってしまうとのこと。
どんどんIgEが増えてしまう前に、IgEに、とある薬品を投与してくっつけると【mIgE陽性B細胞】が死滅しすることを発見しました。

とある薬品を、妊娠中に母親に予防接種することで、へその緒を通じて赤ちゃんの体内へも薬品が届き、
【mIgE陽性B細胞】が死滅し、IgEが作られなくなり、アレルギーを引き起こしにくくなるわけなのです。

まさに夢のような発見ですよね!早く人間でも研究が行われ、実用化してほしいですよね!