妊婦は妊娠中いつインフルエンザ予防接種できるのかご紹介します。インフルエンザ予防接種できる妊娠時期は初期、中期、後期?
インフルエンザ予防接種の注射はいつ打つと一番効果的?

妊婦さんは妊婦中にインフルエンザにかかると大変!

妊娠中は免疫力が低下する

妊娠中はつわり、体型の変化、血液量の変化など、身体に様々な症状が現れます。

また、免疫力も低下して様々な病気にかかりやすくなります。

これからの季節は、特にインフルエンザの流行に気をつけなければいけません。

妊婦がインフルエンザにかかると…

妊娠中でも、インフルエンザの症状は同じです。

・発熱(38度以上の高熱)
・せき、鼻水
・のどの痛み
・頭痛
・全身のだるさ(けん怠感)や筋肉痛

妊娠中は免疫力の低下により、治りにくく、重症化しやすくなります。

予防と早めの治療が必要になります。

服薬しても大丈夫?

症状が出始めてすぐには診断が下せませんが、早めに受診して適切な治療を受けることが大切です。

妊娠中は慎重に薬を服用しなければいけませんが、リレンザ、タミフルなどの抗インフルエンザ薬胎児や母体への影響は低い(ほとんど無い)とされています。

インフルエンザ予防~日々気をつけることは?

 まずは、すぐにできる予防対策を行いましょう。

・手洗い(爪は短めに)
・うがい(うがい薬を使用)
・マスクの着用(毎日新しいマスクを着用する)

この3点は基本です。


加えて次の事にも気をつけましょう。

・睡眠を十分にとる
・栄養をしっかり摂る
・疲れをためない
・ストレスのない生活を送る

健康な生活を送ることが大切、という事です。

妊娠中はいつならインフルエンザ予防接種可能?時期は?

インフルエンザ予防接種の免疫期間は?注射いつ打つと一番効果的?

予防接種は受けてもいい?

手洗い、うがいなどの他に、インフルエンザ予防接種を受けると安心ですが、妊娠中は予防接種には気を使います。

妊娠初期は流産のリスクも考えて予防接種を受けない方がいいという意見がありますが、

インフルエンザのワクチンはウイルスの毒性を弱めた不活化ワクチンのため、妊婦への影響は無いとされているので、

妊娠中はいつでも予防接種を受ける事ができます。

加えて、高熱や重症化、肺炎などの合併症などのリスクを考えても、
受けた方が良さそうです。

ただ、予防接種を受ける前には、主治医にしっかりと相談しましょう。

インフルエンザ予防接種を受ける時期は?

インフルエンザの流行は12月頃からです。

予防接種を受けて、免疫力がつくまでに2~4週間かかります。

これを考えると10月中旬から遅くとも11月中旬までに受けると良いでしょう。

妊娠時期により体調の変化などもあるので、接種のタイミングも主治医にしっかりと相談しましょう。

インフルエンザ予防接種は胎児(赤ちゃん)への影響がないの?理由は?

自閉症の原因とは?母親?

ワクチンの種類が大切です

インフルエンザのワクチンは「不活化ワクチン」と言い、病原性を無くしてあります。

これは、胎児に影響を与えるとは考えられていません。

逆に「活化ワクチン」は妊娠中の接種はできません。

妊娠初期でも大丈夫?

上記に記したように、妊娠初期は予防接種を受けない方が良いという意見もありますが、妊娠初期にインフルエンザの予防接種を受けると、胎児に異常が出る確率が高い、という報告は無いようです。

また、インフルエンザの予防接種を受けると妊婦だけでなく、
生まれた赤ちゃんにもインフルエンザの免疫力がつくという報告があります。

これらのことから、妊娠初期に予防接種を受けても胎児には影響が無いと言えます。

とは言え、大切なお腹の赤ちゃんです。

予防接種を受ける時には、主治医にしっかりと相談してから受けるようにしましょう。

妊娠 中期、後期でもインフルエンザワクチンは大丈夫?

インフルエンザワクチンは、母体や胎児に影響がないということから、妊娠中期、後期でもインフルエンザワクチン接種をしても大丈夫です。

しかし、妊娠中ではない人でも、インフルエンザワクチン接種後の副反応である体調不良などが起こる可能性があります。

そのため、ワクチン接種前は、主治医の先生に相談し、体調の良い時に接種しましょう。

接種後は、安静に過ごしましょう。

インフルエンザワクチン接種をしても、インフルエンザにかかってしまう事はありますので、流行時期は予防を心がけましょう。

妊婦は妊娠中いつインフルエンザ予防接種できる?時期は初期中期後期?まとめ

妊娠中にインフルエンザワクチンを接種できる?という疑問ですが、

妊娠中、いつでもインフルエンザワクチン接種しても大丈夫!
(妊娠初期、中期、後期、いつでも)

ということです。

しかし、副反応で体調不良になることもあるので、

●主治医の了承を貰ってから
●体調の良い時
●接種後、安静にする

●体温が37・5度以上ある人は避ける
●重篤な病気や、持病がある人は避ける

ということに気を付けてください。

普段の生活でも

●手洗いをする
●マスクをする
●人ごみを避ける

など、予防を心がけましょう。