妊娠中に風邪をひいてしまった場合、妊婦さんは風邪薬や漢方、サプリメントは飲んでよいのか(お腹の赤ちゃん・胎児へ影響はあるのでしょうか)?
市販の薬は大丈夫?医者に行ったほうがよいの?医者に行くなら産婦人科と内科のどちらに行けばよいの?といった疑問にお答えします。

妊娠中に風邪薬や漢方薬・サプリはOK?赤ちゃん・胎児への影響は?

妊婦さんは風邪をひいたら自己判断で市販薬や漢方・サプリなどを飲まないで!

もし、妊娠中に風邪をひいてしまった場合、
自己判断で市販薬や漢方、サプリメント、他人の処方薬などは飲んではいけません

胎児に悪影響のある成分が含まれていることがあり、
奇形・流産の危険性が高まります。

飲んだ薬の成分は、胃腸で吸収され血液に入ります。

へその緒(臍帯)を通って、赤ちゃんの元へも届いてしまうことがあるのです。

小さな受精卵から、細胞が分裂して身体が作られていく時期に、
薬の成分が悪影響を及ぼす危険性があります。

例えば、市販の薬に含まれることのある、
非ステロイド性消炎鎮痛薬・NSAIDsの【イブプロフェン】や【ロキソプロフェン】などは、妊娠後期に大量に服用することで、お腹の中の赤ちゃんの動脈管という大事な血管が収縮し、心不全や体のむくみ・胎児水腫を引き起こす可能性があるのです。

妊娠中の風邪などの病気に漢方薬やサプリメントは大丈夫?

漢方薬やサプリメントだから大丈夫!と思っていませんか?

一般的な漢方薬は、効き目がゆっくりで、弱めというイメージがありますが、
種類によっては処方薬と同じ、場合によっては処方薬より危険性が高いものもあります。

妊娠中は、赤ちゃんの神経管閉鎖障害が発生する可能性を減らすため、
特に妊娠初期には葉酸サプリメントを飲むことが推奨
されています。

赤ちゃんのため、食事で不足しがちな他の栄養素も、サプリメントで摂取したい!と思う方もいると思います。

ただ、サプリメントも摂取量に注意が必要です。

大幅に多すぎる場合は悪影響がある成分もあります。

大量に摂取しても、尿などから排泄されるものと、されないものがあるため、決められた用法・用量を守りましょう。
自閉症・自閉症スペクトラムの最新治療法

妊娠中、特に注意が必要な時期はいつ?

結論としては、★【妊娠初期の(妊娠4週目~7週目)】が一番注意が必要です。
重要な体の臓器や器官が作られる時期のためです。

では、妊娠中で、どの時期が一番胎児・赤ちゃんに影響があるか詳しくみていきましょう。

【妊娠超初期:0~4週目】

★【妊娠超初期といわれる、0~4週目】は、まだ細胞分裂は
それほど進んでいないため、影響は少ないといわれています。

ただし、薬の成分が体内に残って、おなかの赤ちゃんに影響を
もたらす場合もあるので、できれば避けましょう。

【妊娠初期の(妊娠4週目~7週目)】

★【妊娠初期の(妊娠4週目~7週目)】が一番注意が必要

妊娠中の中でも、一番注意すべき時期は、
妊娠初期の(妊娠4週目~7週目)です。

細胞分裂が盛んで、心臓や手足、中枢神経など、体の重要な臓器や器官が作られる時期だからです。

【妊娠8週目~12週目】

★【妊娠8週目~12週目】は、重要な臓器や器官はほぼ出来上がり、影響は少なめとされていますが、

生殖器や、口蓋(口と鼻をわけている壁の部分)などが作られている時期ですので、
まだまだ油断ができない時期です。

念のため、医師に相談することをお勧めします。

【妊娠13週目以降】

★【妊娠13週目以降】は、ほとんど影響がないとされていますが、
薬の成分は、胎児・赤ちゃんに運ばれていきます。

やはり、この時期であっても医師への相談がおすすめです。
インフルエンザB型の潜伏期間や家族感染期間・学校会社の出席停止はいつまで?

妊娠中に風邪をひいたらいつ、何科を受診したらよいの?産婦人科?内科?

妊娠中は、風邪のような症状が出た場合、
妊娠中のいつの時期であっても医師に相談
することをお勧めします。

症状が軽い場合で、安易に病院へ行ってしまうと、
風邪以外の感染症にかかってしまう可能性もあるため注意が必要ですし、
風邪と思っていても、風邪ではない病気の可能性もあるので注意が必要です。

まずは電話で聞いてみるとよいでしょう。

熱がどれくらいあるのか、せきやたん、発疹や痛みといった症状は何があるのかなどを伝えて、安静にすべきか、受診すべきか、指示をあおぎましょう。

38度以上の高熱が出ている、ひどい咳が出る場合は受診をすすめられることが多いです。

熱が高いと、羊水の温度も上昇しますし、ひどい咳で、お腹の圧力が高まり、赤ちゃんが圧迫されることもあり、お腹の赤ちゃんの赤ちゃんに影響することもあるためです。

重症で、緊急性が高い場合には、
119番(救急ダイアル)にかけて相談し、
必要であれば救急車手配してもらうことも検討してください。

妊婦さんは風邪をひいたら何科を受診したらよいの?

また、
妊婦さんであっても、風邪をひいた場合、基本的には受診する科は
内科」になります。

なぜかというと、

産婦人科は、
★病気に注意が必要な妊婦さんがたくさん受診することと、
★風邪などの感染症に関して専門家ではないことが多い
ためです。

(もちろん、産婦人科であっても感染症に詳しい先生はいます)

受診する際には、妊娠中であることや、妊娠何週目であるかなど、
詳しく伝えるようにしましょう。

近くに内科がない場合や、休診日の場合には、
かかりつけの産婦人科に電話をし、指示を仰いでください。
インフルエンザB型ウィルスの潜伏期間

妊婦さんの風邪対策・対処法・予防法

風邪にかからないよう、風邪の流行期には、できる限り人ごみを避けるよう心がけましょう。

人ごみに行くときや行った後には、

★手洗い、
★マスクの着用
★飲み物で適度にのどをうるおす

といった対策も効果的です。

うがいは、近年あまり効果がないことがわかってきました。
ガラガラ、ゴロゴロすると、かえってのどの粘膜を傷つけることもあります。

細菌やウィルスは胃の中に入ってしまえば、胃酸でほとんど死滅しますので、
こまめに体温に近いぬるま湯や、お茶などを飲むの効果的です。

風邪への対処法としては、以下のようなものがあります。

★体を温める
★十分な睡眠をとる
★加湿器を使う(湿度が高いとウィルスの増殖を抑え、のどを潤います)
★発熱・頭痛がひどすぎる場合には冷やす
★医師処方された、妊婦さん用の薬や漢方を服用

妊娠期間は長いので、どれだけ気を付けていても、風邪を引いてしまうことはよくあります。

できる限り赤ちゃんに影響が出ないよう、市販薬や漢方、サプリメントなどを独自の判断で服用することは避けてくださいね。

どうしてもつらい場合は、医師の先生に相談し、必要に応じてお腹の赤ちゃんに影響の出にくい薬を処方してもらいましょう。