男の子・女の子の産み分け確率を高められる【産み分けゼリー】はリスクや副作用はあるのか、
また、障害児や奇形児が産まれるかもという噂の真偽についてみていきましょう。

不妊治療「人工授精・体外受精・顕微授精」卵子と精子。受精卵

産み分けゼリーとは?(成分や仕組みなど)

性別は染色体で決まる

人間の性別は、染色体の組み合わせで決まります。

染色体というのは、遺伝情報をもった物質のことです。
染色体はDNAと、色々なたんぱく質でできています。

・男性にはX染色体とY染色体=(XY)
・女性にはX染色体だけ=(XX)
の組み合わせになります。

女性にはX染色体しかありませんので、男性の精子が持つ染色体で性別が決まります。

産み分けゼリーは、
XかYのどちらの染色体を持つ精子と受精するかをサポートするもの
になります。

産み分けゼリーの成功率は100%ではありません。
あくまでサポートするものである、と考えたほうが良いでしょう。

酸性、アルカリ性!?

 さて、X、Yの染色体を持つ精子には、
・Y染色体を持つ精子=酸性に弱いが、アルカリ性に強い
・X染色体を持つ精子=酸性に強いが、アルカリ性に弱い
という特徴があります。

産み分けゼリーはこの性質を用いて、女性の膣内環境(ph値)を調整するものです。つまり、
・膣内がアルカリ性=男の子
・膣内が酸性=女の子
が生まれやすい、ということになります。

性交渉の前に、産み分けゼリーを膣内に挿入して、
それぞれの膣内環境を調整することになります。

また、膣内環境は
排卵日の2日前は酸性に近くなり(女の子ができやすい)、
排卵日当日はアルカリ性に近くになる(男の子ができやすい)
ので、産み分けゼリーを排卵のタイミングに合わせて使用すると
成功確率が高まります。

性交の方法による赤ちゃんの産み分け方法

男の子を望む場合は、女性への愛撫をしっかりし、興奮させて、アルカリ性の愛液(膣分泌液)が出すとよいとされています。

女の子を望む場合は、愛撫をあまりしない・あまり興奮させないで淡白な性交を行うことがよいとされています。

膣分泌液の量を調整することにより、産み分けの確率が高まることが分かっています。
この性交時の愛撫方法などに加えて、産み分けゼリーも合わせて実践することで、
より成功確率が高まります。

産み分けゼリーの成分は大丈夫?リスクや副作用は?

女性の膣内に挿入するとなると、成分が大丈夫なのか、気になりますよね。

現在、国内では数種類の産み分けゼリーが販売されており、公式ホームページで成分を確認することができます。

まず、主成分(基になるもの)は、
精製水(不純物の入っていない水)です。

その他の成分は、産み分けゼリーの商品それぞれで異なります。

よく使用されるものを目的別にご紹介します。

★保湿剤=グリセリン、乳酸、ヒアルロン酸ナトリウム、水溶性コラーゲン…など
★ph値調整剤=クエン酸ナトリウム、レモン果汁、褐藻エキス、リン酸…など
★膣内ケア=乳酸、EDTA-2Na、安息香酸Na…など
★防腐剤=パラオキシ安息香酸メチル、エデト酸二ナトリウム、フェノキシエタノール…など

があります。

これら以外にも、種類によって成分が違うものがそれぞれ含まれていますが、
現在、日本の正規販売店で作られている商品については、
自然由来のものが多く、人間の体には無害と言えます。

ただ、海外の製品や国内でも成分を公表していないものもあります。

日本では許可されていない成分が使用されている可能性も0ではありません。
成分がしっかりと確認できる産み分けゼリーを選ぶようにしましょう。

産み分けゼリーのリスクは?

自閉症や発達障害児の原因は、父親の高齢にある?

★産み分けゼリーの成分は無害です!

先に述べたように、産み分けゼリーの成分は無害です。女性の体にも、胎児にも影響は無いと言えます。
また、膣内にゼリーを挿入するとはいえ、それ自体が無害なので、受精時にも影響はありません。

★産み分けゼリー製品公式サイトからの購入が無難

成分が公表されているものを選ぶことが大切ですが、
それぞれの産み分けゼリー製品公式サイトから購入しましょう。

・ヤフオクやメルカリなどで販売されている産み分けゼリーは、
形やパッケージが似ているだけの類似品であったり、
・正規商品であっても、不具合がある場合もありますし、
保存状態が悪くて、雑菌や虫などがわいている場合もあります。

体内に入れるものですのできちんと商品管理された
公式サイトから購入することをおすすめします。

こちらに日本製の産み分けゼリーの比較記事があります。
【男の子女の子産み分けゼリー】各商品の効果や成功確率比較!おすすめはどれ?

産み分けゼリーの副作用で障害児や奇形児が産まれる?

産み分け赤ちゃん

★副作用などの報告はあるの?

産み分けゼリーを販売している会社の公式サイトでは、
それぞれ安全性について、しっかりと公表しています。
「問題のあった報告は一件もない」
「今までに副作用等のご報告もいただいてない」
など、副作用や、障害児などの報告はありません。
安心して使えそうです。

産み分けは当たり前に

体験談ブログ記事
★希望の性別で産みたい!
以前は産婦人科などの医療機関でしか行えなかった産み分けですが、手軽に購入できる産み分けゼリーの出現で、男女の産み分けは身近なものになってきました。
成分や仕組みをしっかりと理解して、そして何より夫婦間の考えをしっかりと持って産み分けに臨みたいですね。

関連記事:
【男の子女の子産み分けゼリー】各商品の効果や成功確率比較!おすすめはどれ?