妊娠検査薬で調べてみたけれど陰性でも生理こない理由と、腰痛や下腹部が痛い時や生理予定日後も高温期が続いているのは妊娠のサインなのかご紹介いたします。

妊娠検査薬(P-CHECK-S)

【整体師監修】

妊娠検査薬の仕組みは?

生理が遅れている時に、もしかしたら「妊娠してるかも?」と思ったときに使う妊娠検査薬。

ドラッグストアや通販などで、比較的安価に手に入り簡単に妊娠の有無を検査できるようになりました。

時期や使い方などを正しく行えば【99%の精度】で妊娠の有無を調べられるという商品が多くなっています。

妊娠検査薬は、
妊娠すると体内に作られる、おしっことして排出される
hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモン
に反応する薬品がぬってあり、妊娠していれば反応する仕組みになっています。

よくあるのが、棒状の繊維でできた妊娠検査薬。
尿を、棒状の指定部分にかけると、尿が棒を伝って検査薬がある部分に移動し、
妊娠していれば、反応するという仕組みです。

妊娠検査薬取り扱いは以下の通りです。

・指定された部分に尿をかけます。

・尿をかけた部分にキャップをセットする。

・妊娠検査薬を平らな場所において、指定の時間を待つ。

・判定は説明書に書かれている通りに判断する。

(商品によって陽性、陰性の線の出方が違うので説明書を確認しましょう)
自閉症や発達障害児の原因は、母親の高齢・高齢出産にある?

妊娠検査薬が陰性で生理が来ない…腰痛や下腹部痛は妊娠のサインなの?

「妊娠したかもしれない」と思ったときに、頼りになるのが、妊娠検査薬。

生理が遅れているけれど、妊娠検査薬で「陰性」と出た時の原因は、

●生理が何らかの理由で遅れているだけだった。
●妊娠検査薬の使い方が正しくなかった
(使う時期が早すぎるフライング・尿の量が少ない・多すぎる・間違った場所にかけたなど)
●妊娠検査薬の使用期限を過ぎていた
●妊娠しているのに検査薬に反応するホルモンの量が少なかった

などが考えられます。

ほとんどの妊娠検査薬の使用可能期間は、生理予定日の1週間後とされていますが、
最近では生理予定日の3日前から使用できる早期妊娠検査薬もあります。
(株式会社アラクスが販売している「チェックワンファスト」という商品です。ただし、通販では買えません。薬剤師のいるドラッグストアや薬局で扱っているところがあるようです)

妊娠検査薬自体は、多くの臨床試験を行った結果、
使用期限や正しい使い方を守ることで99%程度の精度で調べることができる
商品が多くなっています。

一回目は陰性だったけれど、少し時間をおいて再検査をしたら陽性だったという話もあります。
再検査するのもよい方法のようです。

妊娠検査薬は最短でいつから?確実に反応するのはいつから?おすすめの妊娠検査薬など

症状から妊娠確率・可能性判定!条件チェックリスト自動計算ツール

腰痛や下腹部痛・生理予定日後も高温期が続く場合は妊娠のサイン?

生理が来ない+腰痛、下腹部痛の症状が出ている場合や、生理予定日後も高温期が続く場合は妊娠初期症状である場合があります。

妊娠初期症状で多いランキングはこちらです。

【1】高温期が続く
【2】眠い
【3】ニオイに敏感になる
【4】吐き気がする
【5】胸が張る

他にも、頭痛、腰痛、下腹部痛、情緒不安定などの症状が出ます。

生理痛のような下腹部痛、腰痛+高温期が続く
場合は妊娠の可能性があります。

症状がつらい場合は、妊娠や病気の有無を調べるため、産婦人科の受診をおすすめします。

また、腰痛や下腹部痛・生理予定日後も高温期が続く場合は、
何らかの病気が隠れている可能性もあります。

腰痛、下腹部痛は婦人科系の病気のサインであることも

婦人科系の病気の場合、
腰痛や下腹部痛の症状を伴う病気が多いため、妊娠初期症状と思ってしまう場合もあります。

どんな病気が考えられるかというと、

●卵巣の機能低下
●何らかの原因で排卵が遅れている病気
●ストレスなどホルモンバランスが崩れている

などです。

★子宮や婦人科系統そのものに問題がある場合と、
別の原因があり
排卵に影響がある場合
が考えられます。

ただし、
★加齢に年齢的なこと、過激なダイエット
なども影響を与え、心理的な負担が身体症状として腰痛や下腹部痛が表れることもあります。

まとめ

生理が来ない場合や、生理予定日後も高温期が続くのに、
妊娠検査薬が陰性の時には、使い方が間違っている可能性もあるので、
★妊娠検査薬の使用方法や期限を再確認
してください。

★腰痛や下腹部痛・生理予定日後も高温期が続く場合
妊娠の可能性もありますし、体調が悪いことのサインの可能性もあります。

待てないほど体調が悪い時はすぐ病院への受診をおすすめします。

ただ、なかなか受診できない場合などには、時間をおいて、
再度妊娠検査薬をためすのもよいでしょう。

1回目で陰性で、2回目の検査で陽性になった場合も時々あるようです。

婦人科系の症状は気が付きにくいことが多い傾向があります。
もしかして病気?それとも妊娠?と気になる場合は、婦人科の受診をおすすめします。


関連記事:
妊娠検査薬は最短でいつから使える?確実に反応するのはいつから?
症状から妊娠確率・可能性判定!条件チェックリスト自動計算ツール