妊娠検査薬を使ってみて陰性なのに、生理が来ないし、高温期が続いている・・・
この状態は病気なのでしょうか、それとも妊娠しているのでしょうか?

妊娠検査薬は気軽で便利ですが、使い方によっては正確さにかけるという問題点があります。
実際、どのくらいの精度なのかについてもみていきましょう。
自閉症の原因とは?母親?

妊娠検査薬の仕組みは?

妊娠しているかも・・・と思ったら最初に頼るのは妊娠検査薬ですよね。
薬局やドラッグストアなど、簡単に1000円くらいで買えますので、便利ですね。
では妊娠検査薬はどこまで信用したらよいのか?妊娠検査薬について、詳しく見てみましょう。

妊娠検査薬の使い方

妊娠検査薬は、基本的にスティック状です。

検査薬の指定されている場所に尿をかけるか、浸します。
尿がかかっている部分にキャップをして、平らな場所に置きます。
指定されている時間まで置いたら、陽性か陰性か確認します。

妊娠検査薬の精度

取り扱いを正しくすることで約99%の精度で、妊娠判定ができます。
しかし、
・尿が十分でない、
・妊娠検査薬の取り扱いが正しくない、
などの問題が加わるとその精度は一気に落ちます。

陽性でも陰性をしめすこともあります。

それでは困りますよね。
でもほかの条件によっては
「生理が来ない」
「高温期が続く」
など妊娠の兆候があっても
妊娠検査薬が陰性となることがあります。

妊娠しているのか、していないのかわからなくて困りますよね。

妊娠検査薬が陰性で予定日をすぎても生理が来ない理由は?

生理予定日を過ぎても高温期が続くのは病気?妊娠?

生理予定日を過ぎても高温期が続くと心配になりますよね。
高温期が続くには原因は以下のことが考えられています。

・ストレスで排卵日がずれる
・黄体依存症(黄体ホルモンの過剰分泌)
・体調が悪い
・生理不順で時期がずれている
・フライング検査をしている
・多胎児だった

などが原因として考えられます。

しかし、妊娠検査薬が陰性でも妊娠しているときだってあります。
どの原因であってもホルモンのバランスが崩れる状況であることが分かります。

やはり正確に判定するために、フライング検査だけでなく、
使おうとしている妊娠検査薬に記されている
・正しい時期に
・正しい取り扱い

をして、正確な判定をしましょう。

妊娠は医師の診断で陽性・陰性は最終決定されます。

家庭用の妊娠検査キットは取り扱いさえ守れば信用に値するものですが、全面の信頼ではなく、
産婦人科へ行く際の入り口にしてもらうほうが良いでしょう。

そんなことだけでなく、高温期で陰性の場合、子宮内膜症や他の病気が隠れている可能性もあります。
健やかな妊娠のために、「変だな」と感じたら恥ずかしい思いもあるでしょうが、
早めの受診をしましょう。

早期に対応することで、妊娠がより安心なことに変わると思います。