小学生中学生高校生などの子供のゲーム依存症(ゲーム中毒)が危険な理由とゲーム依存症の症状やルール・治療法・克服法をご紹介します。家庭用のゲーム機に加えて、最近では手軽にできるスマホゲームによるゲーム依存症の子供が増えてきています。以前はパソコン・ゲーム機によるゲーム依存症が多かったのですが、最近ではスマホによるものが半分近くになってきています。

ゲームは小中学生の子供の発達に悪影響?好影響?スマホゲーム等

子供のゲーム依存症が危険な理由と症状は?

ゲームは、時間や、ルールを守ればとても生活を豊かにしてくれるものです。
適度にゲームをすることで、家族や友達との会話も増えますし、
ゲームによっては、いろいろと考えるため、脳の活性化にもつながります。

★ゲームに関するルール自体がなかったり
★ゲームのルールがあっても守れないようになっていく
と、

最終的には、睡眠時間の減少や、疲労などが起こり、生活面にも影響が出て
ゲームなしでは生きていけないとまで思うような状態(禁断症状)も出て、
ゲーム中毒・ゲーム依存症になってしまいます。

生活に悪影響が出ているこのゲーム依存症は「ゲーム障害」とも呼ばれるようになりました。
世界保健機関(WHO)は、精神疾患の1つにも指定しています。

単純にゲームを長くやっていればゲーム依存症という病気ではないのです。
「生活に悪影響が出る」かどうかが問題です。

最近では、ゲームやネットによる依存症は、10代が過半数を大きく超えて、3分の2程度になっています。
なんと、9歳以下の子供も依存症になって、専門家の診察を受けている子も出てきているそうです。

ゲーム依存症と診断される条件は?

ゲーム依存症と診断される条件は、

★ゲームをする時間や回数などをコントロールできない
★日常生活よりも、ゲームを優先してしまう。

という状態が長く続いていることです。

学業・仕事・家事などを、
手を抜いたり、さぼったり、やらなかったり
してしまう状態です。

ゲームに没頭するあまり、多額のお金を使って(課金)してしまい、
支払いをするために生活が厳しくなってしまう人も増えています。

ゲーム依存症の症状~体や精神面への悪影響~

体・精神面の両方へ悪影響をおよぼします。

★目が悪くなる(視力が落ち緑内障にも)…同じ距離の画面を見続けるため
★姿勢が悪くなる…同じ姿勢でプレイするため
★体調不良(頭痛・腰痛・手首の腱鞘炎)…座りすぎ、手の使い過ぎのため
★肥満…運動不足、ゲームしながら飲食。
★体や脳の成長が遅れる…睡眠不足から
★攻撃性が高まる(暴力・暴言)…暴力シーンのあるゲームをプレイする場合
★感情がコントロールできなくなる…脳機能が低下するため
★ゲームと現実の世界の区別がつかなくなる…事件を起こす場合もあります
★嘘つきになる…ゲームをするために、さぼったり嘘をつくようになります。

ゲーム中毒・ゲーム依存症の弊害

ゲーム中毒・ゲーム依存症の弊害には、以下のようなものがあります。

★ゲームに関するルールを守らない(次項で解説します)
★ゲームを取り上げたり、邪魔をすると、怒る・慌てる
★ゲームをしていない時の言動がひどい
★宿題をやらずにゲームをしてしまう
★習い事をさぼってゲームをする
★外遊びをしない
★ゲーム以外のことにやる気がない
★現実世界での友達が少ない

食事の時、お風呂の時、トイレの時、歩いていても
ゲームをしないと気がすまなくなってしまいます。

人気のゲームは?ゲームは小中学生の子供の発達に悪影響?好影響?スマホゲーム等

子供のゲーム依存症になる理由は?

まず、ゲーム依存症の治療法・克服法を知るために、
なぜ依存症になるのかをみていきましょう。

★ゲーム依存症となる1つ目の理由は、
ゲームをすることにより、脳から分泌される
「ドーパミン」という物質が原因です。
よく言われる(快楽物質)というものです。

ほとんどのゲームは、プレイヤーの脳に強い刺激を与えます。
その強い刺激により、脳からドーパミンがたくさん分泌されてしまうのです。

ドーパミンは快楽物質といわれるように、
「楽しい!」「気持ちいい!」「幸せ」といった
気持ちにさせてくれるのです。

ところが、体は異常なまでに分泌されたドーパミンを減らす反応がおきます。

ドーパミンが減ったことを受けて、体はドーパミンを欲しがり、
ドーパミンを分泌させるきっかけとなる、刺激・ゲームを
求めてしまいます。

★2つめの理由は、オンラインゲームの普及。
最近のオンラインゲームは、終わりがないものが多いのです。

定期的にイベントや、ランキング戦が行われていたり、
キャラクターやアイテム、装備などのコレクション要素もあり、
永遠とプレイし続けることが可能なゲームが増えているのです。

子供のゲーム依存症の治し方・治療法・克服法は?

住環境や、お子さんの性格、ゲーム依存症の度合いなどにより、
効果があるもの、ないものがありますので注意してください。

初期であれば、声をかけることが重要

ゲーム依存症は、自分が気づかずに、家族や友人が気づくことが多いです。
「そのうち治るだろう。」
と、何もしないで放置していると、症状はどんどん悪化していってしまいます。

★ゲームやりすぎていない?
【適度なら大丈夫】だけれど、やりすぎて、はまってしまうと、
目が悪くなったり睡眠不足になったりして体の調子が悪くなるし、
頭にも悪影響で、勉強もどんどんできなくなってしまうらしいよ!

「適度に時間や回数、場所を決めてやるなら大丈夫」
というところがミソです。

人間、ただ単に「やめなさい!」と強く言われると、やめたくないものです。
そんな心理も考えたうえで、適切な注意をすると、ゲーム依存症から
抜け出すことができるかもしれません。

ゲームを長い間プレイできる環境を変える

ゲーム依存症の原因の1つとして、長い間ゲームができる環境があります。

そのような環境がある状態で、単純にゲームばっかりやってないで…しなさい
などと言っても、あまり効果がないと思います。

★子供部屋などにゲーム機を置かない。【ゲーム機はリビングに置く】

親が監視できないところにゲーム機があると、永遠とゲームをやり続けてしまいます。
そこで、親の監視できるリビングなどにおくようにしましょう。

ただし、携帯型ゲーム機(スマホやニンテンドーDSなど)の場合は、
この方法が使えないので、
★【充電器をリビングに置くように】します。
これにより、どれくらいゲームをしているのかの把握もできます。

ゲームが子供に与える影響とは?

ゲームに関するルール作りをする。

★毎日の生活を視覚化する。
どれくらいゲームをしたか、
何時に起きて何時に寝た、食事やお風呂、学校、宿題、
といった時間を数値にしたり、グラフ化してみると、
ゲームをやりすぎてるな・・・と気が付いてくれるかもしれません。

ゲーム以外のことをした時に、たくさんほめてあげると、
ゲーム以外のことをしたくなっていく子もいます。

ゲームに関するルール作りをし、罰・ペナルティも作る

高校生ともなるとあまり通用しませんが、小学生や中学生であれば
このルール作りが有効な場合もあります。

★ゲームをやってよいのは「1日〇分(〇時間)」まで!
★宿題を終わってからしかゲームをやってはいけない
★習い事が終わってからしかゲームをやってはいけない
★〇時~〇時まではゲームはやらない
★ご飯を食べるときはゲームをやらない
★トイレへゲームをもっていかない・やらない
★お風呂へゲームをもっていかない・やらない
★自分の部屋へゲームをもっていかない・やらない
★スマホなどのゲームでの課金額は月〇〇〇円まで
★テレビを見ながらゲームをやらない

こんな感じでルールを作っている家庭が多いようです。
素直に守ってくれるうちは良いですが、
次第に守らなくなっていってしまう場合も多いようです。

その際の罰・ペナルティーを作っておくとよいでしょう。
★ゲーム機(スマホ)を一定期間没収する
★ゲーム機(スマホ)を売却・解約する
★ゲームのセーブデーターを削除する
★お小遣いを減額・なしにする
などが良いでしょう。

ゲーム以外のことも楽しいと思わせる

ゲーム以外にも楽しいことはたくさんあります。

子供が興味を持ちそうなことを見つけたら、
ほめたり、応援してあげましょう。

リアルを充実させる(リア充)ことはとても大切です。

手におえない場合は、専門家に相談、診察を受けましょう

もう手放せないぐらいゲーム中毒になり、取り上げると暴れて叩いてくる、言葉が遅れているなど、
深刻な状況になってしまったら、専門医や、市町村の保健師さん、カウンセラーに相談しましょう。
病院としては、ネット外来・心療内科などが考えられます。

ゲーム依存症は、ネット依存症の一部になりますので、

【ゲーム依存症 病院 お住いの都道府県】

【ネット依存症 病院 お住いの都道府県】

関連記事:
ゲームは小中学生の子供の発達に悪影響?好影響?スマホゲーム等