待ちに待った夏休みですが、大量の夏休み宿題が終わらない!

どうしたら宿題をやらない小学生がやるようになるのか?

夏休みの宿題を早く終わらせる方法を教えます!!

やらない小学生できるようになります!
夏休み宿題が終わらない!早く終わらせる方法!やらない小学生ができる!

夏休み宿題が終わらない!やらない小学生の原因

なぜ毎日「宿題しなさい!」と言っているのにやらないのか?

8月末にならないとやり始めないのか?

子供は「宿題やれ」といわれると、絶対宿題をやりません。

しかし、黙っていても宿題はやらない。終わらない!

まず、「なぜ宿題をやらないのか?」原因を知って、対応しましょう。

やらない小学生の原因

●めんどくさい
●宿題のやりかたが分からない
●宿題がどれだけあるのか把握していない
●効率よくやる方法を知らない
●宿題の存在を忘れた
●「やれ」と言われてむかつくから嫌
●やりたいことが多い

など

原因や理由はこれだけではないと思います。

やらない小学生は一人ではできないものと考えましょう。

親も一緒に取り組んでいきましょう。
夏休み宿題が終わらない!早く終わらせる方法

【1】習慣化~小学生の夏休み宿題を早く終わらせる方法

一番大事なことは、「宿題をする習慣をつける事」

朝起きたら、ごはんをたべ、歯磨きすることを当たり前のようになっているように、
宿題も決まった時間にやる習慣を身に着くように、毎日親が声掛けをしてあげましょう。

朝のうちに宿題をして、午後はいっぱい遊ぶようにします。

それの習慣を毎日していけば、8月上旬には、ほぼ宿題はできていると思います。

【2】環境づくり~小学生の夏休み宿題を早く終わらせる方法

宿題をする部屋はテレビが付いていたり、マンガ、おもちゃが目につくところにありませんか?

子供は面白そうなものがあると、集中できません。

宿題の時間になったら、テレビを消して、集中できる環境を作ってあげましょう。

できれば、親も一緒にサポートしてあげるために、そばにいてあげると、子供は宿題に集中しやすくなります。

初めて夏休みの宿題に取り組む一年生の場合、1つ1つの宿題のアドバイスをしてあげると、来年から宿題に取り組みやすくなると思います。

【3】計画表~小学生の夏休み宿題を早く終わらせる方法

宿題はどれぐらいあり、何があるのか、目に見えるとゴールが見えると、やる気が落ちにくくなります。

簡単に計画表を作ると、取り組みやすくなります。

宿題を取り組む順番として、

●提出期限が早い物から
●早く終わる宿題から、終わらせていく
(後が楽な方がいい子は、難しい宿題から)


夏休みの宿題 計画表の例
宿題 提出日 できたら○
にっし 8月20日
けいさんプリント 8月20日
ポスター 8月20日
しゅうじ 8月20日
かんそうぶん 8月20日
こうさく 9月1日
えにっき 9月1日
あさがおかんさつ 9月1日

細かすぎる計画表は、諦めやすくなってしまうので、これぐらい簡単に作ると、分かりやすく、忘れにくくなります。

○がすべて埋まると、嬉しいですし、目標が見えて取り組みやすいですね。

自由研究や、絵日記など、コツコツやるタイプの宿題は、夏休み開始から、毎日やった方が習慣化して後が楽になります。

男の子に多いのですが、やらないといけない宿題をどこに置いたかわからなくなる場合、
プリントが入りそうな大きさの箱を宿題箱にして、そこにまとめて宿題を入れておきましょう。

宿題が完成したら、違う箱に入れるか、ランドセルにしまうようにすると、残りの宿題も分かりやすいですし、無くなりにくくなります。

【4】サポートの仕方~小学生の夏休み宿題を早く終わらせる方法

宿題は自分一人でやるものだと思いがちですが、
初めての夏休みの宿題を取り組む1年生や、宿題が苦手な子は親がサポートしてあげると取り組みやすくなります。

例えば、親が下書きを書き、子供がそのまま清書していたら、早く終わりますが、全然子供のためにはなりません。

来年以降もずっと親が下書きしてあげないと、できなくなってしまいます。

できれば、アドバイスと応援だけしてあげましょう。

親のサポートの仕方とは、
(例)ポスターの場合

まず、ざっくりと鉛筆で下書きしたから親に確認してもらう。
 ↓
もっと良くなるようなアドバイスをする。
 ↓
鉛筆で清書させ、色塗りをするように指示する。
 ↓
時々作業をチェックして、アドバイスする。
 ↓
完成

親はちょっとめんどくさいですが、アドバイスするのとしないのでは、作業効率が全く違います。

早く終わるうえ、上手にできます。

親が見ていると、集中が切れてモタモタすることも減ります。

「じょうずだね~」とモチベーションが上がる声掛けをすると、さらに作業効率が上がって早くできます。

宿題のやり方が身につけば、来年からは一人でやれるようになると思います。

【5】ごほうび~小学生の夏休み宿題を早く終わらせる方法

宿題が終わったら、どこか遊びに連れて行くなど、楽しみを作ってあげましょう。

宿題を取り組む前に
「宿題が終わったら、ディズニーへ行こう!」
など、先に目標を立てたり、

「宿題が終わったね!どこへ行きたい?」
と、終わってから提案するのも良いと思います。

男の子に多いタイプですが、ご褒美があると頑張れるタイプは、前者の
先に計画を立てて、それに向かって頑張る
が、おすすめです。
夏休みの宿題

夏休み宿題が終わらない!早く終わらせる方法!やらない小学生ができる!まとめ

夏休みの宿題は終わらない、やらない小学生が、早く終わらせる方法をご紹介しました。

【1】習慣化
【2】環境づくり
【3】計画表
【4】サポートの仕方
【5】ごほうび

なかなか宿題をやらない子の場合、目につかないと忘れてしまうので、夜のうちにおもちゃやマンガ、ゲームを隠しておき、目につくところに宿題を出しておきましょう。

夏休みの宿題、頑張って早めに終わらせましょう!