間違っていた!肌荒れ皮膚炎・アトピー性皮膚炎に対するステロイド・ヒルロイドの正しい塗り方とは?

うちの子供は、生後6か月ごろから乳児湿疹がひどく、その後も5歳頃までずっと肌荒れに悩まされていました。
ところが、ステロイド・ヒルロイドを、あることに気を付けて正しい塗り方をしたところ、6歳になりスッキリ良くなりました。

同じように、子供の肌荒れ・皮膚炎・アトピー性皮膚炎に悩まれておられる方に、お伝えできたらと思い、この記事を書こうと思いました。

元気で健康な赤ちゃんを産むには葉酸は欠かせない?妊活・妊娠初期・中期・後期に必要。

うちの子供は、なかなか肌荒れが直らず、手の指先、ひじ・ひざ裏、かかとや、足の甲をぼりぼりかいていました。
口の周りも、1.5倍から2倍になることが多かったです。

特にひどかったのは手の指先で、あせものようなひどい湿疹、ウィルス性ではない水泡が出来る汗疱(異汗性湿疹)
になり、強くかいてしまって、表面の皮膚が破れ、血が出たり、内部の薄い皮膚がむき出しの状態になっていました。

食べ物に関するアレルギー+もともと肌が弱かったこともあり、定期的に皮膚科で見てもらっていました。

アレルギーの先生や皮膚科の先生は、肌荒れ対策として、ヒルロイドやステロイド薬を処方してくれました。

なかなか治らないので、色々な先生に診てもらいましたが、先生によって処方するステロイド薬が違うので、
一体どれが良いのか??分かりませんでしたが、どのステロイド薬も塗っている時はたいてい良くなっていました。

しかし、肌荒れは良くなったり悪くなったり。なかなか治らないと思ったていた時、
ふと見ていたテレビにて、皮膚用の薬の正しい塗り方がやっていました。

その塗り方を行ったところ、劇的に良くなったのです。その塗り方を解説いたします。

ステロイド・ヒルロイドの正しい使い分けは?副作用はあるの?

使い分けに関しては、基本的に皮膚科の先生の指示に従うとよいでしょう。

ステロイドは、特に炎症がひどいおきている部分に塗ります。

主要なステロイド(副腎皮質ホルモン剤)一覧
参照:http://www.allergy.gr.jp/topics/medicine.html

皮膚科にて処方されるステロイドは、
体の中で、血液から不要な成分や水分を取り除いておしっこを作る「腎臓」の上に
くっついている臓器【副腎皮質】から、作られるホルモンと同じ作用をする薬です。

このホルモンは、副腎皮質ホルモン(糖質コルチコイド)と呼ばれ、
炎症の制御、エネルギーを作ったり、タンパク質や血液、免疫反応の制御も行うホルモンです。
炎症を抑えて、細胞の修復を早めてくれる】ため、医薬品に使われるのです。

ステロイドの副作用についてですが、
塗り薬のステロイドであれば、あまり副作用がないようです。

飲み薬のステロイドは、副作用として、【体内の副腎皮質が、ホルモンを分泌する量が減ります】。
そのため、急に服用をやめることで、大幅にステロイドが不足し、・感染症 ・胃腸障害 ・精神障害、
・骨粗鬆症といった様々な副作用や病気の悪化が見られることがあります。

ただ、医師はそのような副作用を抑えるため、同時に副作用に対処するお薬を処方してくれることがほとんどです。
医師の指示に従いましょう。

ヒルロイドは、あまり炎症がひどくない部分の保湿として塗ります。

医薬品のヒルドイドには油分・水分量の違いにより4種類のタイプがある。(マルホ)

乾燥して、外部の刺激を受けやすくなり、痒くなるのを防ぎます。
よくかゆくなったり、カサカサしている部分を中心に、しっかりと塗ります。

ちなみに、ヒルロイドには副作用は、ほとんどありません。
ただ、ヒルロイドのごくわずかのみ、皮膚刺激があったといった症例は見られますが、
かなり安全なお薬・保湿剤になりますので安心して下さい。

ヒルロイドの種類により、若干副作用が異なります。
・ヒルロイドソフトには、薬の治験の際には、全く副作用が認められませんでした。
・ヒルロイドゲルは、1%未満に、若干の皮膚刺激があったようです。
・ヒルロイドクリームは、1%程度に、炎症が起きたり、かゆみが出たり、赤くなったり、発疹が出たり、熱く感じたりする副作用があったとのこと。

詳しくはこちらの記事にて
ヒルドイドの効果と副作用・シミシワニキビへの美容効果は嘘?

ステロイド・ヒルロイドの正しい塗り方?

1、肌を清潔な状態にする
2、薬を塗る手をしっかり綺麗に洗う
3、多過ぎ位の量の薬を、患部に患部よりやや大き目にのせるように塗る
皮膚はデコボコしており、山谷山谷という感じですが、塗りこむと、谷の部分に
薬が入り込むだけで、山の部分にきちんと薬が届きません。
4、清潔なガーゼと医療用テープ、布、サランラップなどで覆います
薬が取れてしまわないように対策を行います。

皮膚科の先生は、お薬を意外と少な目に処方します。
処方された薬の分量が足りないと、この塗り方はできません

そのため、先生にお願いできるのであれば、
しっかりたくさんぬって早く治したいので少し多めに出してもらえませんか?
と聞いてみましょう。

1度目の受診の際に言うと、たいていの先生はあまり良い顔をしませんので、
2度目以降に、【前回、お薬が足りなかったので、少し量を増やしてもらえませんか?】
と聞いてみるのが良いと思います。

頑なに拒む先生でしたら、他の皮膚科の受診も検討しましょう。

薬がなくなりそうになったら、指示された来院予定日よりも前に医者を訪れ、
薬を処方してもらうのも、一つの方法です。

私の子供ですが、初めのうちはお薬を塗りこんでいました。その量も少なめでした。
しかし、なかなか良くならなかったので、このしっかり塗る方法に切り替えたところ、
急激に治りが早くなりました。

ステロイド・ヒルロイドはいつまで使用する?

見た目的に治ったと思っても、まだ皮膚の表面が治っただけの場合もよくあります。
そのため、見た目が治ってからもしばらくは、ひどかった時と同じように
たっぷりとお薬を塗るようにします。

見た目がすっかり良くなってからも、最低でも2週間、できれば1~2か月は塗り続けましょう。
これがすごく大事です!!!

しっかりと皮膚の奥深くまで元通りになるまで塗り続け、完治させることが大事です。

よくあるのが、
少し表面が良くなったからといってやめてしまうことにより、再び炎症をひきおこしてしまうのです。

私の子供は、この悪循環を繰り返していました。しっかりと塗り続けた結果、完治しました。

ステロイド・ヒルロイドの正しい塗るタイミングは?

大事なのは治るまで、しっかりとこまめに塗ることです。

1、お薬が取れてしまった時
2、お風呂上り
3、就寝前
4、風邪などで高熱が出ている時

お薬が取れてしまった場合には塗り直しましょう。
お風呂上りと就寝前は、特に治すチャンスです!

お風呂上りは、清潔な状態になっていますし、皮膚が柔らかくなっており、お薬の浸透が良いです。

ヒルロイドですが、お風呂上りに、【軽く水分をふき取った状態】で塗ってください!
お肌に適度な水分を残しておいて、上からしっかりとガードすることで、肌の良い状態が長続きします!

就寝前は、寝巻・パジャマ・布団や枕などで皮膚に刺激を受けやすいのでしっかりと塗る必要があります。
また、寝ている間は皮膚の修復スピードが速まりますので、治すチャンスになのです。

あと、意外なことですが、【風邪などで高熱が出ている時】は、ものすごく皮膚の修復が早いです。
風邪等のウィルス・病原菌に対抗するために、体が高熱を出します。
その高熱時には、体全体の免疫や修復力が高まっているため、おすすめなのです。
この高熱時には、特にしっかりこまめにヒルロイドやステロイドを塗るようにしましょう。


これらのことに注意していると、劇的に治るのが早まると思います。

基本的には医師の指示に従うことをおすすめしますが、
こういった詳しい塗り方やタイミングまでは医師が教えてくれない事が多いので、本記事を執筆いたしました。

みなさんや皆さんのお子さんの皮膚炎が、早く良くなってくれることをお祈りしております。