ドラマコウノドリ2続編第1話赤ちゃんの病名心室中隔欠損とは?

人気漫画が原作のドラマ「コウノドリ」の続編「コウノドリ2」が17年10月より始まりました。

第1話で高橋メアリージュンが演じる「佐野彩加(さのあやか)」の赤ちゃん(みなみちゃん)が
お腹にいる胎児の時に診断された病名は「心室中隔欠損症」になります。

「心室中隔欠損症」とは

★どのような病気で、
★どんな症状があるのか、
★いつ、どのように診断される?
★何人にどれくらいの確率で発症・産まれてくることがあるのか、
★自然治癒・治るのか、
★治療方法は?
★どういう場合に手術する必要があるのか?
★いつ頃から手術できるのか?
★手術の成功確率はどれくらいなのか?
★親はどう赤ちゃんと向き合っていく必要があるのか?

などについてみていきましょう。

必ず、医師の診断をうけ、医師と相談することをおすすめします。

「心室中隔欠損症」とは?

どのような病気?

「心室中隔欠損症」とは、簡単に言うと、
心臓に小さな穴が開く疾患・病気の症状
になります。

下の図のように心臓は、それぞれ、右心房・左心房と、右心室・左心室の、合計4つの部屋に分かれています。

心臓の左心室・右心室・左心房・左心室の解説1

通常は、右心房・左心房とは壁があり、つながっていません。
また、右心室・左心室も壁があり、つながっていません。

ところが、「心室中隔欠損症」の赤ちゃん・子供は、
心臓の下半分にある右心室・左心室の間にある心臓の壁に穴が開いてつながっている疾患・病気
なのです。

「心室中隔欠損症」の赤ちゃん・子供の心臓を図で見るとこんな感じです。

「心室中隔欠損症」の赤ちゃん・子供の心臓の解説図

症状の重さは?軽度・中度・高度とは?

心室中隔欠損症の穴は、出来る場所も大きさも患者さんにより様々です。

分類では、心臓に空いた穴(欠損孔)の大きさや、部位などによって分けられます。

★欠損孔の大きさによる分類

軽度:1cm程度より小さい穴
中度:1cm程度の穴
高度(重度):2cm程度の穴

★場所・部位による分類
難しいですが、ウィキペディアによりますと、

★Kirklin-I型:高位欠損、漏斗部欠損、欠損孔が中隔壁の上方に位置しており、大動脈弁右冠尖に近いことから、弁の逸脱から大動脈弁閉鎖不全症を呈する恐れがある。アジア系民族では、全心室中隔欠損症の約30%を占める。
★Kirklin-II型:膜様部欠損型。頻度は最多で、自然閉鎖の傾向が強い。
★Kirklin-III型:心内膜床欠損型。頻度は最少である。ダウン症候群に合併する頻度の高い心奇形のひとつである。
★Kirklin-IV型:筋性部欠損型。頻度は少なく自然閉鎖例が多い。(引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%83%E5%AE%A4%E4%B8%AD%E9%9A%94%E6%AC%A0%E6%90%8D

となっています。

上にありますとおり、Kirklin-III型は、ダウン症候群と合併することが多いとのことです。

どんな症状があるのか?(右心室・左心室がつながっているとなぜいけない?)

まず、血液には、

★肺で吸収した酸素をしっかり含んだ血液の動脈血と、
★酸素が体で使われた血液の静脈血

があります。

左心室から、体のすみずみへ動脈血が送られるのですが、

右心室・左心室がつながっていると、
酸素の少ない血液が混ざってしまい、体へ運ばれてしまうのです。

そのため、症状の程度にもよりますが、
正常な子供と比べて

★疲れやすい
★動悸がする
★呼吸が苦しくなる・荒くなる
★重症な場合、心不全が起こる
★ミルクや食事の摂取量が少ない
★元気がない
★汗をかきやすい
★体重が増えないなど、成長が遅い

の症状が出ることがあります。

また、酸素濃度が薄いため、心臓や肺へ送る血液量を増やす必要があるため、
血液を送り出す左室や右室が肥大することがあります。

心電図で、左心室肥大・右心室肥大がある場合は、この心室中隔欠損症の疑いもあります。
(ちなみに、頻繁に激しく運動を行う方にも心室肥大は起こります。)

軽度の場合は、ほとんど自覚症状がありませんが、中度・高度(重度)になると自覚症状が現れることが多いとのことです。

治療方法は?

強心剤と利尿剤を使い、心臓の機能を強くします。

軽度であれば、自然治癒する場合も多く、経過観察する場合もあります。
心肺機能など、全身状態をよくしてから手術を行う場合が一般的です。

「心室中隔欠損症」は、いつ、どのように診断される?

「心室中隔欠損症」は、産まれた後、新生児検診や、乳児検診で発見されることが多いです。

★心臓のエコー検査の他、
★「心室中隔欠損症」の特徴である「心音の雑音」を聞く聴診や、
★胸部のレントゲン、
★心電図、

などがあります。

「心室中隔欠損症」の赤ちゃんは何人にどれくらいの確率で発症・産まれてくる?

コウノドリの続編コウノドリ2の第1話では、先天性の心臓疾患であり、
「心室中隔欠損症」は赤ちゃん・子供の100人に1人(1%)の割合
で産まれてくる、よくある病気であると解説されていました。

厳密なデータですと、1000人に3人の割合(0.3%)との報告があります。

また、自然治癒や、治療、亡くなってしまう等の理由で、
成人しても入院して治療しているのは15%とのことです。

「心室中隔欠損症」の赤ちゃんは自然治癒することがあるの?

小さな穴の場合は、成長と共に自然治癒することがあります。

統計データでは、
約半数の赤ちゃん・子供が、生まれてから1年以内に自然閉鎖するとのことです。

1年後から閉鎖する確率が減っていき、
2歳を過ぎても閉鎖しない場合は、自然閉鎖・自然治癒の可能性はまれとのことです。

「心室中隔欠損症」はどういう場合に手術する必要がある?

医師の診断と判断、親や本人の希望にもよりますが、

★ほかっておくと命に関わるほど症状が重い場合
★軽度・中等度でも、自然治癒・自然閉鎖する可能性が低く、
日常生活に支障をきたす恐れがある場合。

に手術することが多いようです。

「心室中隔欠損症」はいつ頃から手術できる?

悩む期間を短くしたいとの希望から、年々低年齢化しているとのことです。

症状が重度の場合は1歳未満でも行うことが多いとのことです。

自然治癒の可能性が低くなり、軽度であれば輸血をしないで手術できる2歳~4歳頃が多いようです。

「心室中隔欠損症」の手術の成功確率はどれくらい?

年々、技術の進歩と、医師の方々の努力により、
近年の「心室中隔欠損症」の手術の成功確率は95%以上となっています。

もちろん、穴の程度や場所、穴の数などにより、成功確率は大きく変わってきます。


上で挙げたような症状を観察しながら、医師の先生と相談の上
どのくらい運動してよいか、どんな薬を服用していくか、手術をした方が良いか
などを検討していましょう。