レゴランド名古屋の水族館シーライフナゴヤの入園料金は?レゴホテル併設で2018年オープン

レゴランド名古屋水族館シーライフナゴヤオープンすることが判明しました!
気になる入園料金は?レゴホテルに併設って本当?

2017年8月にレゴランドに来園した際に、「SEA LIFE COMING 2018」という文字が海っぽい写真を背景に書かれていました。

今回はレゴランドの水族館「シーライフ(SEA LIFE)」について詳しくみていきましょう。
レゴランド名古屋水族館シーライフ看板

レゴランド名古屋に水族館シーライフナゴヤ2018年オープン予定!どこにできるの?

ついに、レゴランドにできる水族館「シーライフナゴヤ」の詳細が少しづつ判明してきました!

水族館シーライフはどこにできるかと言うと、2018年オープン予定のレゴホテル1~2階にできるそうです。(レゴホテルは8階建ての予定)

つまり、レゴホテルに併設されるわけなのです。

レゴランド、レゴホテル、シーライフナゴヤと3つの施設を合わせて金城ふ頭をレゴランドリゾートにしてしまおうと計画しています。
レゴランドレゴリゾートレゴホテルシーライフナゴヤ

「レゴランド拡張」のニュースが以前流れていたので、私はそこに水族館かウォーターパークができるのかなと思っていました。拡張したところに何ができるかはまだ不明ですが、レゴホテルと水族館ははっきりわかりましたね。

レゴランドシーライフナゴヤのオープン日判明!

シーライフナゴヤのオープン日が判明しました!

シーライフナゴヤのオープン日は2018年4月15日!と発表されました。

レゴホテルのオープン日も判明しました。
レゴホテルは、2018年4月28日にオープンと公表されましたので、
シーライフナゴヤはレゴホテルよりも早く、先行公開されるようです!

レゴホテルの詳細も判明してきましたので、別ページでご紹介します!
レゴランド名古屋レゴホテルの料金や宿泊予約方法と特典は?

レゴランドジャパンの水族館シーライフナゴヤはどんな水族館?

シーライフナゴヤはどんな水族館なのでしょうか?

シーライフナゴヤは「体験型水族館」がテーマになっています。

近くに人気が高い名古屋港水族館がありますが、

シーライフナゴヤは、
★「体験できる」ことに特化
★イルカやシャチなど、大型の生き物は取り扱わない

ことで差別化を図るとのこと。

レゴランドジャパンのトーベン・イェンセン社長は、

「生き物に触ったり、生態について学べたりする仕掛けをつくる。『体験型』に重点を置く」

とシーライフナゴヤの計画について説明しています。

しかし、名古屋港水族館にも、ヒトデやナマコなど、生き物を触ることができるタッチプールがあり、小さな子供に人気があるコーナーがありますが、大丈夫でしょうかね?


シーライフナゴヤは海外のカリフォルニア・サンディエゴにあるので、そこを参考に日本のレゴランドジャパン名古屋にできるシーライフナゴヤの詳細を予想してみます。

水族館シーライフナゴヤの料金、展示の魚など詳細。レゴランドと別料金?

カリフォルニア・サンディエゴのレゴランド&シーライフをもとに、料金と展示される生き物を予想してみました。

レゴランドとシーライフの入園料金は?

レゴランドとシーライフは別料金になります。

これはレゴランドジャパンの社長も「別料金の予定。高くならないようにする」と断言していましたので、日本のレゴランドとシーライフは別料金であることが確定しました。

2017年11月現在では、オープン日は判明しましたが、料金は未定とのことです。

レゴランドカリフォルニアリゾートの入園券1デイパスは、
12歳までが90ドル(約10000円)、
13歳以上は98ドル(約10900円)

になります。

そして、気になる

カリフォルニアの「シーライフ」の入園料ですが、
大人・子供同料金=22ドル(約2500円)、
ネットで事前購入すれば18ドル(約2000円)

となっています。た、高いですよね…
ですが、お得なプランも用意されているのです。

レゴランド+シーライフのセット券というものもあります。
7日前までにネットで予約すればお得なセット券があるのです。

レゴランド+シーライフセット券
大人=103ドル(約12000円)
子供=95ドル(約10000円)

HPでは、レゴランド入園料に「5ドル」プラスするだけでシーライフも行けますといったことが書かれていました。

レゴランドの入場料自体、高くて驚きましたが、22ドルのシーライフチケットがセットで5ドルで購入できるのです。

レゴランドジャパン名古屋のシーライフナゴヤも、このようなお得なチケットがあれば行ってみたいところですよね。


ちなみに、ライバルとなる名古屋港水族館の入館料ですが、
大人=2000円
小学生=1000円
幼児=500円

一見、シーライフと変わらない?と思いますが、
名古屋港水族館はダイナミックなイルカのショーや、イワシの乱舞など、見応えがかなりあり、大きさもかなり大きいので、2000円でも満足します。

ホテル内にあり、イルカのショーなど水族館で大人気のアトラクションがないわけですから、規模が小さいと予想され、カリフォルニアシーライフと同じ金額では、また「高い!」と不満の声が上がりそうです。

レゴランド社長の狙いは「1日目はレゴランドで遊び、レゴホテルに泊まり、二日目はシーライフで楽しんでもらう」というプランを期待しているらしいので、「レゴランド+水族館シーライフ+宿泊プラン」がというツアープランが誕生しそうですね!

水族館シーライフナゴヤの見どころは?

カリフォルニア・サンディエゴのシーライフの詳細から、レゴランドジャパンの水族館シーライフナゴヤの見どころを予想してみました!

カリフォルニア・サンディエゴのシーライフの見どころは、
クラゲ」です!
レゴランドシーライフsea life
画像:https://www.visitsealife.com/california/

クラゲはふわふわ浮かんでかわいいし、イルミネーションに照らされるととても綺麗です。

カリフォルニア・サンディエゴのシーライフの館内マップです。
レゴランド水族館sea life館内サンディエゴ
画像:https://www.visitsealife.com/california/

タツノオトシゴやカクレクマノミなども展示されているようです。

マップを見た感じでは、屋内型水族館の品川アクアパークぐらいの規模かなと想像しました。
(品川アクアパークにもさまざまなクラゲが展示されていて、ライティングをうまく使って美しく展示されています)
ちなみに品川アクアパークの大人の入館料は2,200円です。

そして、カリフォルニア・サンディエゴのシーライフでは「ショースケジュール」があり、時間ごとにイベントがあり、生き物に触れ合えたり、ショーなどがあるようです。

水槽の中はレゴブロックを使って装飾されていると思います。

レゴランドのアトラクションのサブマリン・アドベンチャーの水中に展示されている装飾のイメージです。
サブマリン・アドベンチャーピラミッド
レゴランドサブマリン・アドベンチャー海底

他に、館内施設は飲食コーナーや土産コーナーもあるでしょう。

レゴランドジャパンのシーライフでは、日本ならではの生き物やショーや展示があることを期待したいですね!オープンまであと1年。

ホテルの建設ですが、まだまだできていない様子ですが間に合うのでしょうかね?オープンが楽しみですね!