お盆玉とは?発祥はイオンや郵便局?年齢別の相場はいくら?

お盆玉という言葉はご存じでしょうか?お年玉なら聞いたことはありますが、お盆玉って何?って感じですよね。お盆玉の発祥や、イオンのお盆玉郵便局などでいわれている一般的なお盆玉と、年齢別の相場について見ていきましょう。

浸透してきたお盆玉。イラストACなどでお盆玉ポチ袋テンプレートがあります!印刷して自作!

私はイオンのCMや、POPやチラシなどでお盆玉という言葉を知りました。
また、郵便局へ保険の関係で行ったところ、お盆玉のポチ袋がたくさん販売されていて驚きました。

政府主導で推進させようとしているプレミアムフライデー(スーパーフライデー?ハッピーフライデー?)のように、
イオンや郵便局がお盆玉という言葉を流行らせて、消費を増やそうとしているのかと思ったのですが、実は意外な事実が判明しました。

なんと、イオン・郵便局などが宣伝をする前から、お盆玉という風習が存在していたのです!

イオンのお盆玉と、一般的なお盆玉(郵便局でお盆玉ポチ袋にいれて子供や孫に渡すお金)とでは意味が違うので、一般的なお盆玉とイオンのお盆玉の両方について解説していきます。

その後、お盆玉の年齢別の相場の発表となります。

一般的なお盆玉とはどんなもの?発祥や由来は?

郵便局ではお盆玉専用のポチ袋が何種類も販売されていました。

お盆玉という言葉は、郵便局やイオンが流行らせようとしているのかと思ったのですが、実は発祥・由来について意外な真実があることがわかりました!

お盆玉というのは、お盆にあげるお小遣いのこと。であり、お正月にあげる「お年玉」のお盆版です。

発祥江戸時代の山形県の一部地域(意外と歴史がありますね)であり、江戸時代の当時は、夏に奉公人に下駄や服をあげていたそうです。

それが昭和初期に、子供にお小遣いをあげるようになりました。

しかし、それは一部地域のみの風習で、全国に知られていませんでした。

それを企業がお盆玉需要があるのでは?と見込み、「お盆玉」関連の商品を展開させようと「お盆玉」商品を販売し始めました。

ちなみに、お盆玉の風習や発祥自体は江戸時代の山形県のようですが、
「お盆玉」と言う言葉自体は、山梨県の(株)マルアイという紙製品を取り扱う会社が作った造語で、商標登録されているそうです。

★2010年夏から、山梨県の(株)マルアイは、「お盆玉」を広めるために、お盆玉用ポチ袋の販売を開始しました。

そして
★2014年7月に日本郵政が「お年玉のポチ袋を販売」を発展させて「お盆玉用ポチ袋6種」を販売開始しました。

こんな感じでお盆玉がテレビで取り上げられたこともあるそうです。

じわじわと全国に広がっているようですね。

あおぞら銀行は55~74歳のシニア世代を対象にした「シニアのリアル調査(2017)」を発表しているが、「お盆玉」という言葉を知っている人の比率は28.9%となっている。浸透率は全体の3割程度に留まるものの、前年の16.6%からは10ポイント以上上昇しており、徐々に広がりを見せているとも言える。

日本では、お盆休みを利用して、帰省する習慣があり、はるばる来てくれた子供、孫にプレゼントやお小遣いを必ずと言っていいほどあげますよね。

みなさん、お盆玉という言葉を知らずにお盆玉と同じことをしていたわけです。

他に、来年小学校に進学する孫に、祖父母がランドセルを買ってあげるというのも習慣になりつつあります。
これもお盆玉の一つといえるかもしれませんね。(最近のランドセル購入の時期はお正月でも遅すぎるようです)
ランドセルは誰が買う?祖父母親?ランドセルの買い時は?
ランドセルの色、選び方

お盆玉用のポチ袋はどこで売っている?

お盆玉用のポチ袋が販売されているのは、ヤフーショッピング。
こちらから、ヤフーショッピングの「お盆玉 ポチ袋」の検索結果ページに飛べます。
ただ、届くまで時間がかかるのが難点ですよね。

全国の郵便局(一部の簡易郵便局を除く)
2017年 6月 1日(木)から 、夏のお年玉といわれる全国の郵便局(一部の簡易郵便局 を除く)で販売開始しています。
つまり、臨時的であったり、小さめの郵便局でなく、
ある程度しっかりした郵便局では取り扱っているようです。

大型スーパーのイオンでも取り扱い!
小さい所はないかもしれませんが、大き目のイオンであれば取り扱っています。
雑貨・文具・贈答コーナーなどで取り扱っているようです。

お盆玉は、「郵便局とイオン」が力を入れているみたいですね。

入手できなければ、お年玉ポチ袋で代用も
そのまま渡しても良いと思いますし、「お年玉」と書いてあるところを「お盆玉」に変えても良いですよね。

プリンターで印刷して、自作という手も
Yahoo「お盆玉 ポチ袋 テンプレート」検索結果
こちらから、印刷して、切って、糊付けすればよいですよよね!
手作りも味があって良いかもしれません。

ちなみにお盆玉という言葉の発祥の「(株)マルアイ」は、お盆玉のポチ袋販売はしていないようです。郵便局やイオンなどに卸しているだけかもしれません。

イオンのお盆玉とはどんなもの?

イオンでいう、お盆玉とは、時々お盆の時期に行うイベント企画で、
直営店売り場及び専門店でのお買い上げレシートを抽選会場に持っていくと、
税込、合算可能で?000円毎に1回抽選ができ、数千円のギフトカードがもらえるという福引のことです。

毎年、金額やルール、期間などが変わりますが、
ある年は、4000円毎で、1等は5000円分のギフトカードがもらえました。
抽選は年によって異なりますが、朝10時から、夜7時までといった感じで、
夜遅くいくと、もう終わっていた・・・何てこともありますので注意が必要です。

また、イオンでは、この福引きイベントだけでなく、
お盆玉専用のポチ袋コーナーができていたりしました。

また、2017年は、店舗にもよりますがお盆玉という形で、福袋を販売したりしています。
イオンモール、イオンタウンなど、各店舗により内容が異なりますので、
Google・ヤフーなどで、
「イオン お盆玉 地域名」
「お近くのイオン名 お盆玉」

などで調べてみてください。

お盆玉の年齢別の相場・目安はどれくらい?

では、お盆玉の年齢別の相場・目安は一体どれくらいなのでしょうか?

三歳以下 おかし、おもちゃ
幼稚園、保育園児 500~1000円
小学生 1000~3000円
中学生 3000~5000円
高校生 5000~10000円
大学生以上 5000~10000円以上

あおぞら銀行の調査によりますと、55~74歳の男女約2000人の統計で

★お盆玉という言葉自体を知っているシニア層は28.9%
★2017年のお盆にあげる予定の人は31.6%
★全年齢の平均金額は5900円だったとのこと。
(関東地方の平均金額は6300円、関西地方の平均金額は5800円とのこと。)
★交通費の支給(大人へのお盆玉みたいなもの)は、負担することが多いという回答が45.4%
★交通費の支給の平均金額は、31900円
★交通費以外の支給(飲食や商品購入・テーマパーク入場料など)は46100円

とのこと。

お盆玉はお金とは限らず、それくらいの金額のおもちゃやおかし等を買ってあげる場合もあるようです。

だいたい18歳ぐらいまでの子供にあげるようです。

相場を見て分かる通り、正月のお年玉と同じか、
お年玉よりも少なめのようです。

赤ちゃんや幼児の場合、お金よりもおもちゃやお菓子をあげたほうが喜びます。

お盆玉はおじいちゃんおばあちゃんも喜び、孫も喜び、経済効果もあるため、これから全国に広まるとよいですね。
子供のお年玉の相場はいくら?

関連記事:
0歳-18歳以上子供の2017年お年玉平均相場やいつまであげる?
0歳~18歳[甥・姪]へ16~2017年お年玉の相場や平均金額は?
0歳~18歳祖父母から孫へのお年玉平均相場やいつまであげる?