仕事や用事でお父さんお母さんが赤ちゃんの面倒を見切れない時、少し育児から解放されたい・・・。
といった様々な理由で、赤ちゃんを祖父母(義母実母)や親戚、兄弟姉妹、
時にはご友人や知り合いに預ける場合があると思います。

そんな、赤ちゃんを祖父母(義母実母)や親戚に預ける際の持ち物や注意事項をまとめました。

元気で健康な赤ちゃんを産むには葉酸は欠かせない?妊活・妊娠初期・中期・後期に必要。

赤ちゃんを預ける際の持ち物

赤ちゃんを預ける場合、以下のようなものを一緒に渡すと良いでしょう。
必要に応じて、減らしたり増やしたりして下さい。

・ミルク(こぼしたり分量を間違えた場合に備えて多めに)
・哺乳瓶(2本以上がおすすめ)
・離乳食やご飯 
・お湯を保温できる水筒(ミルク用。すぐ作れるのであると便利)
・お茶の入った水筒
・おやつ
・エプロン
・ウェットティッシュ
・ガーゼやハンカチ
・タオル
・お箸、スプーン、フォーク
・子ども用のイス(預け先にない場合)
・オムツ(多めに)
・おしりふき
・ビニール袋(おむつや着替えを入れる)
・着替え(汚すことを想定して多めに) 
・おもちゃやDVD
・赤ちゃんの記録できるタイムスケジュール表 
・よだれかけ
・お薬・保湿剤(飲み薬や塗り薬など処方されている場合)

赤ちゃん産み分けカレンダー中国式ブラジル式

赤ちゃんを預ける際の注意事項

祖父母の頃と、現代の子育てでは、大きく内容がいくつもがあります。
科学が進歩し、赤ちゃんに関しても様々な研究がされてきたためです。

まずは、昔の子育てと、今の子育ての重要な違い
「昔は良いとされていたが今ではNGな事柄」について解説いたします。

★注意:あまりに細かく言い過ぎると、【喧嘩になったり】【もう預かりたくない…】
なってしまう可能性もありますので、預かってくれる方との関係性も考えて、
気を付けることを取捨選択すると良いでしょう。

★今は【抱き癖】は気にしない。積極的に抱っこしてOK!

昔は、泣きやまない赤ちゃんを頻繁に抱っこすると、抱き癖がついてしまい良くないと言われていました。
今は、積極的に抱っこしてあげましょう!というように指導されます。

しかし、
泣いていてもあまり抱っこしない赤ちゃんと、泣いたら頻繁に抱っこする赤ちゃんを比べたところ、
ものすごく大きな差があるわけでありませんが、
【頻繁に抱っこしている赤ちゃんのほうが】精神面でも、体の発育の面でも良い効果が有ることがわかってきました。

大いに抱っこしてあげて下さいね!

★今は「あおむけに寝かせる」。わざと「うつ伏せに寝かせる」のはNG

昔は、わざと「うつぶせに寝かせる」ことが流行りました。その理由は、
★頭に力が加わらないので頭の形がよくなる
★吐いて喉がつまりにくい
★赤ちゃんが深く眠ってくれる
というものでした。

しかし、生後2か月~6か月頃に多くみられる「乳幼児突然死症候群(SIDS)」は、
うつぶせ寝のほうがリスクが高いことが研究結果でわかってきました。

そのような研究結果を受けて、
今では、厚生労働省でもうつ伏せ寝を避けるようにと、指導がされています。

★虫歯菌は赤ちゃんの口にはいない。両親や祖父母、兄弟やお友達からうつる。

・虫歯菌について、
3才くらいまで(特に1歳7か月から2歳7ヶ月が感染しやすい)に、
大人からの虫歯菌が感染しなければ、大人になっても虫歯になる確率がぐっと減ることが
研究の結果わかりました。

3歳以降は、箸はスプーン、コップなどの共有をする機会も減りますし、
虫歯以外の善玉菌が虫歯菌の入り込む隙を作らせないようにするからと考えられています。

大人の口には虫歯菌がたくさん住んでいます。
以下の事を気を付けることで、子供の虫歯リスクを大幅に減らすことが可能となります。

×ちゅっちゅしたり、
×つばが飛ぶほどしゃべらない
×ミルクの温度を測るために、哺乳瓶の乳首をなめるのも厳禁です。
×離乳食の時に、食べ物をフーフーしない、
×大人の食べている箸やスプーンなどで、子供に食べ物を与えない。
×大人と赤ちゃんの飲み物のコップやストローは必ず分ける

その他の赤ちゃんを預ける際の注意事項は?

1歳未満の乳児にハチミツを与えないこと。幼児でも大量には与えない方が無難。
ハチミツの中には、ボツリヌス菌が含まれていることがあり、
そのボツリヌス菌が増殖し、毒素を出して「乳児ボツリヌス症」というものを
発症してしまいます。この病気は1歳未満の乳児特有の病気になります。
離乳食やジュースにハチミツを入れて与えてこの病気を発症し、死亡した例があります。

参考:えっ?1歳未満乳児・幼児にハチミツは厳禁?赤ちゃんが死亡!乳児ボツリヌス症

1歳以上の子どもなら問題ありませんが、大量に与えるのは避けた方が良いでしょう。

厚生労働省や消費者庁は、気を付けてほしいと注意喚起しています。
ボツリヌス菌の芽胞と呼ばれる種・卵のようなものは、100℃程度で長時間加熱しても殺菌できないとのこと。
また、コーンシロップや野菜ジュースにも含まれていることもあるそうです。1歳未満には注意しましょう。

離乳食のレシピサイトに、ハチミツレシピがかいてあるが、
死亡例があることを知らない方が書いたレシピなので気を付けて下さいとのことです。

・赤ちゃんの健康状態を見るために、
授乳(ミルク)回数、与えた時間、尿・便、吐いたとか、睡眠時間などを記録します。
日付の入ったタイムスケジュール表を渡し、記録してもらいます。

・赤ちゃんは基本的に「暑がり」なので、大人の着ている服より1枚少ないくらいにします。
暑すぎる場合は、扇風機やエアコンを使います。

手足が冷えますが、赤ちゃんはみな末梢血管、神経が未熟なので、
みんなそうなので、心配ありません。

・おむつ替えのとき、おしりを拭くときは、おむつかぶれ防止のため、
ごしごししないで、とんとんたたく感じか、そっと摩擦が起きないように拭き取ります。

また、かえているときにおしっこを発射される場合があるので、
おしっこの出る場所にティッシュなどをすることを忘れないでください。
発射されると、後始末がとても大変です。

基本は乾いたティッシュで大丈夫ですが、時々ウェットティッシュで汚れを拭いてください。
ベチャっとすごくきたなくなって、おむつかぶれのような感じが出た場合は、
お風呂で洗ったほうがいいかも。

・ミルク
基本的に2~3時間間隔で欲しがります。ぐずったらあげます。
手をなめだしたり、口の横に指をつんつんして、そちら側を向いてきたら
ミルクを欲しがっています。

ミルクは1回100mlが目安。時間がたってなくて欲しがる場合は、
太るのを防ぐため、さ湯をあげるか、30~40mlとか少なめにあげる。
さ湯はおいしくないのであまり飲まないかもしれないので、
ほんの少しだけミルクの粉末をいれてもいいかもしれない
たくさんあげてもまだグズる場合は、太らないように
できれば抱っこなどをして落ち着かせてミルクのことを忘れさせます。

ミルクの後にはげっぷをさせます。げっぷは垂直に立て抱きして、
背中をさするか、ぽんぽんと軽く叩きます。出るときと出ないときがあります。
げっぷを試した後、寝かせて、苦しそうならもう一度げっぷを試します。

ミルク後、時々「泣かずに無言で」ミルクを吐くので注意してみていてください。
飲み過ぎると口からミルクが出てくるので、タテ抱きできればして、
おむつ換え中などで抱けない場合は、右を下に横に向けて寝かせます。
落ち着いてからタテ抱きします。

ミルク後、満足すると寝ますが、すぐにベッドにおろすと起きてグズるので、
しっかり寝たらベッドに寝かせて下さい。

ミルク授乳中と、その後30分位はウンコ、おしっこをすごくします。
その時は、ティッシュを2~3枚重ねておむつの上にひくとおむつが節約できます。
長時間おむつを注意してみることができない場合は、ティッシュだと吸水性が
悪くてかぶれてしまうので、やめてください。

・もちろんですが、タバコは厳禁。換気扇でもダメ。
赤ちゃんの死亡率、病気が2倍以上に増えることがわかってます。
どうしても吸いたい場合は、他の部屋で吸っても、2~3分以上は深呼吸して
肺の中の煙を出してきてください。できれば、服や髪も払ってきてほしいところ。

・ミルク前や、あやす時はできれば手を洗って下さい。
顔のしっしんや、首の後ろのしっしんは、手を洗う事で増えにくくなります。

・泣くときは、「おっぱい欲しがっている」「おむつ」
「暑い寒い」「甘えたい(抱っこしてほしい)」「ミルクがつまって苦しい」がメイン。

・泣くときに、一旦泣きやませる方法。
ビニール類をガサガサさせる
高い声を出す(鳴き声をまねするとか)
テレビのザーザー音を聞かせる
おしゃぶりがあればくわえさせる。
おしゃぶりがなかったり、きかなくなったら哺乳瓶の先をくわせさせる。
抱っこして、ゆらゆら揺らす(ガンガン揺らしすぎは脳が偏ってなんとか症候群になるので注意)
揺らすときは、赤ちゃんだけをゆらすのではなく、抱っこする人の体ごとゆらす。

・赤ちゃんの知能発達のため、話しかけたり、テレビの音や音楽を聞かせたり、
色々見せてあげるとよい。手や足、ほっぺ、体などをこちょこちょしてあげるのも
刺激になって良いです。

・お風呂は必ず新しいお湯(一番風呂)で入れて下さい。(肌荒れしないように)
湯船が古い場合は、シャワーや洗面器に新しいお湯を入れるなどして、
古いお湯には触れないように注意します。子供用ソープでやさしく洗います。
赤ちゃんが手を口や顔にこすりつけることが多いので、
泡が付いているときは手をもつなどして注意します。
赤ちゃんの両手は押えられないので、両手を洗わず、片手ずつ洗い流します。