幼稚園・保育園で友達ができない3歳・4歳・5歳・6歳の子供へのアドバイス

※初めての集団生活。笑顔いっぱい元気いっぱいの子供の姿をみれば、疲れも吹き飛びますね。
※でも、幼稚園・保育園でなかなか友達できないことも。
※ここでは、幼稚園で友達ができない3歳・4歳・5歳・6歳の子供へのアドバイスをまとめてみました。
子供がADHD(注意欠如多動性障害)かも?特徴は何?診断チェックする方法は

幼稚園で友達ができないのはなぜ?子供に悪いところがあるの?

「友達を作る」ことは、3歳・4歳・5歳の子供にしてみればまだまだ練習段階?

★自分から「い~れ~て(遊ぼう)」「か~し~て」「あそぼ(遊ぼう)」等と言えていない
ママといるときは、子供はちょっとした合図を送るだけで、やりたいことを理解してもらえます。

しかし、幼稚園や保育園などで友達とコミュニケーションをとるためには、
【言葉や行動で相手に伝えることが大切】
です。

特に、年少(3・4歳)の場合は、同年代との初めての集団生活。
とまどいがあっても当然です。

年中(4・5歳)・年長(5・6歳)の場合は自然と身につく子もいれば、なかなか難しい子もいます。

幼稚園・保育園などでは、親が見ていてアドバイスしてあげることが出来ないので、
★同じ位の子どもがよく遊んでいる公園や、
★子ども支援センター・子育て支援センターなど
へ時々連れていき、アドバイスをしてあげるとよいでしょう。

お子さんが、
★気の合いそうなお友達の近くに寄っていく
★「い~れ~て」「あそぼ」「か~し~て」「どうぞ」「ありがとう」「おもしろそう」といったと声をかける

ようにアドバイスしてあげましょう。

やだ!という子供も良くいますが、自分だけで遊びたい子は
邪魔をされたくないので仕方ありません。
「またね」と声をかけ、
他の子供をあたりましょう。

★友達に対して言葉より先に手が出てしまう
兄弟姉妹の間でのおもちゃやおやつの取り合い、
乗り物に乗る順番などの争いと同じことが起こっているかもしれません。

大人や家族・親戚はやさしくしてくれますが、
幼稚園・保育園ではやさしくしてくれないので、
戸惑っているかもしれません。

自分の思うようにならないので、ついつい手が出たり、物を投げたり、
大きな声を出してしまって、友達にいやがられてしまうこともあるようです。

友達に嫌がられることを少しずつ減らすために、
★成長に合わせて、家庭でもなんでも言うことを聞いてあげるのを減らしていく
★たたいたり、物を投げる、大きな声を出した場合は、注意していくとよいでしょう。

★一人遊びが好き、もしくは遊びに熱中している

親からすれば心配でしょうが、一人で黙々と遊ぶのが好きな場合もあります。

一人遊びが好きな子供の場合、無理に誰かと遊ばせようとすると
ストレスになることもあります。

★自然と同じような遊びをする子と気が合って遊ぶようになったりします。
★2人・3人など複数人で力を合わせてやる遊びに、誘導していきましょう。

みんなでやると楽しいことを覚えると、
自然と他のお友達と遊べるようになっていくはずです。

多動性

幼稚園で友達ができない子供への対処法は?アドバイスは何?

言葉で伝えることの大切さを伝えてみては?

★具体的な言葉でアドバイスするとよいでしょう。

なんといえばいいのかわからない子供も多いものです。
具体的な言葉で背中を押してあげましょう。

・一緒に遊びたいときは「あーそーぼ」「いーれーて」などをいうといいよ!
(やだという子や無視されることもありますが、その時は他の子をあたりましょう)

・かしてほしいとき「かーしーて」という。この場合も、ダメと言ったり無視する子がいますが、仕方ないことなので一旦はあきらめて他の子をあたります。

・自分の持っている、今遊んでいないおもちゃを「どうぞ」と言って貸してあげると、一緒に遊んでくれたりすることも良くあります。


★尻込みしている場合の対処法は?

はなしかけるのが怖い、一度チャレンジしてみたが断られたなど、
子供はいろいろな経験をすることができます。
これからの人生、色々な人と付き合っていかなければいけません。

一緒に遊んでくれる子、遊んでくれない子の経験を得ることができるので、
一歩前に出る、もしくは一度はダメでも頑張ってみるきっかけ作りも大切です。

・自分と同じような遊びをしていたり、気が合いそうな子の近くに寄っていくようにすすめます。
・「お友達も遊びたいと思っているかもしれないよ。一度聞いてみたら?」
・「お友達がひとりのときに、一緒に遊ぼうと言ってみたら?」
などとアドバイスするのもよいでしょう。

★手が出てしまった場合の対処法は?
うまく言葉に出来ず、ついつい手が先に出てしまうことはあるものです。

・「自分が使いたかったら、次に貸してと言って待っていないと、お友達もびっくりするよ」
・「自分も叩かれたら痛いでしょう。自分がやられて嫌なことは、お友達にもしないようにしようね」
などと注意していくと、だんだんとやってはいけないことだとわかり、減っていきます。
言葉が良く理解できていなくても、真剣にダメという雰囲気を出すことで、子供も感じ取ってくれるはずです。

★公園、子育て・子ども支援センターでの練習は大切

兄弟姉妹がいたり、よく公園などへ遊びに行くようでしたら、
お友達を作るコツは自然と身に付きますが、一人っ子であったり、お家遊びが好きな子はなかなかお友達をコツを身に着ける機会がありません。

ぜひとも、家だけでなく、公園や、子育て支援センター・子供支援センターなどへ子供を連れていき、お友達を作る練習をしてみてはいかがでしょうか。

ADHD(注意欠如多動性障害)の基本

一人遊びは悪いことではない?

★「友達と一緒にいない=かわいそう」ではない

子供ひとりポツンと離れていると、見ている親はつらいものです。
そんなときは、友達と遊びたいと思うようになるのを待つのもありだと思います。
ただし、どんな遊びをしたのか、何が出来たのか・楽しかったのか、言葉でお話をすることは、今後お友達とお話しながら楽しく遊べるようになるのでオススメです。

きっかけ作りはママの力を借りることも大切?

幼稚園のママ友は大きなチャンス

親同士が仲良く話しをしていると、子供も警戒心が薄れるものです。うまく馴染むチャンスです。
すぐには友達にならなくても、きっかけはいろいろ作りやすいかもしれませんね。

子供の友達

親の心構えも大切?心の余裕が子供の安心感にもつながります?

◆3歳・4歳(年少さん)
まだまだ自分のことで子供は精一杯です。
一緒に遊んでいるようでも、実はただ同じ遊びを隣でやっているだけで、関わりがないこともしばしば。
友達と遊べていないことをあまり気にし過ぎず、ゆっくり見守ってみてはいかがでしょうか。
まだまだ一人で遊ぶ、おもちゃを独り占めしたいと思う年齢です。
集団で何かをするのは苦手と言う子供は多い年齢です。
言葉で伝えることはまだ難しく、伝わらないと寝きだしたり簡単に手が出ます。

◆4歳・5歳(年中さん)
少しずつ友達と関わりながら遊べるようになる年頃です。
それでも、まだ遊べるようになったばかり。
ケンカやトラブルが絶えません。
ケンカをしてもすぐに仲直りもできる年齢ですので、恐れず背中を押してみてはいかがでしょうか。
言葉で伝えることができ始め、叩いたり悪いことを言うことは悪いことだとわかり始めます。
集団で力を合わせて課題に取り組んだり、困っている子がいたら協力してあげられるようになります。

◆5歳・6歳(年長さん)
友達と過ごすことが楽しくなる年齢ですが、ケンカは少し内容が複雑になってきます。
特定の友達ができてくる年頃ですので、あまり関わり過ぎず、子供同士に任せる場面も大切です。
「いじめ」をする子も出始めます。
親が子供の世界に関われる最後の年です。
上手に集団行動できるようにアドバイスをしてあげましょう。
困ったら手を差し伸べ、頑張っていたらあまり手を出し過ぎずに見守ってあげましょう。
子供のADHD(注意欠如多動性障害)

※友達との関わりは、小学校入学に向けての大切なトレーニングです。
※焦らずゆっくりと見守ってあげましょう。