子供がADHD(注意欠如多動性障害)?病院の選び方・治療方法や薬はある?

子供ADHD注意欠如多動性障害)かも。とても
心配ですよね。
※どのような障害なのか、普通はなかなかわからないものです。
※ここでは、ADHDに関する病院選び方治療方法についてまとめてみました。
子供がADHD(注意欠如多動性障害)かも?特徴は何?診断チェックする方法は

子供がADHDかどうか心配。専門家の意見やアドバイスを聞きたいですよね?

専門医による診断を受ける前に、まず相談をしてみてはいかが?

★どこか相談窓口はない?
実際にADHDかもと疑問を持っても、右も左もわからないものです。
治療の進め方や子供への話し方など含め、
まずは無料の相談窓口を利用
してみてはいかがでしょうか。
地域の相談窓口はいくつかありますので、足を運んでみてください。
・保健センター
・子育て支援センター
・児童発達支援事業所
・発達障害者支援センター

★どのようなことが相談できるの?
施設によっては、知能検査や発達検査が無料で出来る場合もあるようです。
もちろん、障害についての様々な相談も可能ですので、親や家族だけで抱えこまず利用しましょう。
ADHD病院

病院での診断を希望したらどうすればよい?

★専門の診療科は何?
大学病院や総合病院などでは、小児神経科や児童精神科が専門の診療科となります。
また、専門医が「発達クリニック」や「子供
メンタルクリニック」を開業していることもあります。
近年、ADHDと診断される子供の数が増えていることが要因かもしれません。

★近くに専門の医療機関がないのですが?
増えてはいますが、どこにでもあるものでもありません。
近くにないケースもあります。
その場合は、保健センターや発達障害者支援センター、学校の窓口などに相談してみましょう。
ADHD治療法

ADHDは治療すれば治るの?治療方法や薬にはどのようなものがあるの?

ADHDの原因は何?治療すれば治るのでしょうか?

ADHDの原因ははっきりしているのでしょうか?
ADHDの原因は、残念ながら現在の医学ではまだはっきりとは判っていません。
一番有力なのは、脳の前頭前野部分の機能異常だといわれています。
前頭葉には、物事を整理整頓したり論理的に考えたりする働きが
あり、関連性が研究されています。

ADHDは治療すれば治るの?

研究が進めば根本的な治療方法が発見される可能性はありますが、現段階では完治はできません。
しかし、症状を緩和する療育法や治療は存在しますので、
専門医と相談するのがよいでしょう。

治療方法はどのようなもの?はあるの?

★心理・社会的アプローチの療育法
療育法は、社会的な自立をめざしてスキルを習得したり、環境を整えるアプローチのことです。
学ぶことは大きく3つあります。

・環境調整
教育現場や家庭における環境を整えることを指しており、苦手を克服する様々は工夫を学びます。
・ソーシャルスキルトレーニング(SST)
子供が社会で適切な行動が出来るよう、遊びなどを
取り入れながら行うトレーニングになります。
・ペアレントトレーニング
子供との関わり方や子育ての工夫の仕方などを学ぶ、親のためのトレーニングになります。


★医療的アプローチの物療法

治療により、服用している間はADHDの特性が緩和される効果が見込めるケースもあります。
の効き方は個人によって違いがあり、副作用も同様です。
医師と相談しながら使用しましょう。
・ストラテラ(アトモキセチン)
ノルアドレナリン再取り込み阻害です。
効き目が出るまでに約1ヶ月程度かかります。
効果は24時間持続するようですが、食欲不振などの副作用があるといわれています。
・コンサータ(メチルフェニデート)
脳内の神経伝達物質であるドーパミンやノルアドレナリンを調節するです。
服用後2時間ぐらいで効果を感じることができ、効き目は12時間程度持続します。
副作用としては、頭痛・寝つきが悪くなる・食欲不振などがあるといわれています。
ADHD 治療薬

ADHD子供が適切に治療やサポートが受けられない場合、別の
症状を引き起こすこともあります。
※様々な場面で困難に直面している子供。しっかりとした
サポートが大切ですね。