いつ何歳から?子供の自転車の練習方法や場所の選び方まとめ

これで習得!子供の自転車の練習方法や場所の選び方についてご紹介します。

★自転車がほしいと言われたけど、どんな自転車がいいの?
★買ってあげてもちゃんと乗れるの?
いつ、何歳ごろ自転車を乗り始めればいい?
どんな練習をすれば自転車に乗れるようになるの?

自転車に関する疑問についてお答えします!
子供用自転車、サイズ、乗る練習

いつ、何歳頃から自転車を乗り始めればいい?

いつ、何歳頃から自転車を乗り始めればいいのでしょうか?

何歳からといっても、自転車の種類によって乗りこなせる年齢が違います。

じつは1歳から乗れる「自転車を改良したような乗り物」もあります。

スライダー」「ストライダー」と一般的に呼ばれていて、
キックして乗るペダルのない自転車のような乗り物は1~2歳でも乗れます。
ストライダー、スライダー
画像:http://www.strider.jp/

乗り物が大好きな男の子は大喜びするアイテムです。
小さい頃から乗ることで、自転車に対する恐怖心をなくし、バランス感覚を養うことができるので大きくなってからの自転車習得が楽になると思います。

いつから・何歳から自転車に乗れるかという目安ですが、
補助輪つきの自転車ならば3歳以降位、
補助輪なしの二輪自転車は4~6歳位から乗れる子が増えてきます。

成長や運動能力に違いがあるため、個人個人乗れる時期が異なると思いますが、
小学1年前後にはほとんどの子は補助なしの自転車に乗れていると思います。

一番良い時期はいつかというと、
★子供が自転車をほしがったら
★子供が自転車に興味を持ち始めたら
が適切だと思います。

★自転車がほしいと言われたけど、どんな自転車がよいの?
こちらページにて詳しくご紹介していますので参考にしてください。
子供用自転車の選び方は?サイズ、デザイン、買い時はいつ?

自転車の練習の場所はどこがいい?

自転車の練習する場所も重要ですが、どこが適しているのでしょうか?
車社会になった現代では、なかなか自由に自転車を乗れる場所が少なくなりましたね。

最近は公園でも「自転車NG」が増加中!

自転車の練習と言えば、「公園」と思う方も多いと思います。

しかし、最近では「自転車、ローラーブレードなど車輪の乗り物はNG」という公園が増えているのです。
小さな子供もいる公園なので、自転車とぶつかれば大事故につながります。

自転車OKの公園でも、
土や砂が多い公園では初心者の自転車の練習は難しいです。
なぜかと言うと、土や砂の場所ではペダルを漕ぐのが重たくて大変で、バランスもとりにくいのです。

一番良いのは転んでも大丈夫なように、プロテクターとヘルメットをした状態で、
アスファルトやコンクリートの硬い地面で練習するのが理想的です。

ただし、土の地面であっても、地面がしっかり乾いていて、
平たくてでこぼこしていない所であれば練習もしやすく、転んだ場合痛くないので、良いでしょう。

近所の駐車場は、車を傷つけたり、交通事故に合ってしまう可能性もあるので危険です。

[平たい地面の場所、人や車が少ない所]が最適です。

ただし、硬い地面は転ぶと大変痛いし、擦り傷もできてしまうので、
[長袖、長ズボン、ヘルメット]を必ず着用しましょう。
怪我が不安な場合は、ひじや、ひざを守るプロテクターを購入して着用するのも良いでしょう。

簡単に習得!子供が自転車に乗れる練習のコツ!

簡単に習得!子供が自転車に乗れる練習のコツ!をご紹介します。

1、まずは自転車に慣れましょう

最初は補助輪がついていてもペダルをこぐことすら難しいと思います。
何度も乗ってペダルをこぐことに慣れましょう。

2、ペダルもとってみよう!

補助輪を取るときに、ついでにペダルも取ってみましょう。
まずはバランスを取れるようになるために、足で地面を蹴って乗ってみましょう。
足がつくので恐怖心も少なく、慣れてきたらスピードを上げていきましょう。
子供用自転車乗るコツ

スピードが上がれば自然と二輪でもバランスが取れるようになります。
スピードがそれなりに出て、足が地面から離れる時間が増えてきましたら、

いよいよペダルを再び取りつけて練習しましょう。

3、親がフォローしつつ、ペダルをこぐ練習をしよう!

最終段階です。
ハンドルをしっかりと持ち、視線はまっすぐ見てペダルをこいでみましょう。
親は倒れないようにしっかりと支えてあげていると、子供も安心できます。
ちょっとずつまっすぐ進めるようになり、
ふらつきも減ってきたら、親のフォローの力も少しずつ緩めていきましょう。

バランスがばっちりとれ、スピードが出れば自然と二輪車が漕げていると思います。

何度も転ぶと思いますが、励ましてあげましょう!
子供用自転車

ブレーキも、後輪ブレーキをちょっとずつ入れられるように練習しましょう。

早くて一週間、長くて三か月ぐらいで誰でも自転車は乗れるようになりますので、
諦めずに頑張ってください!